obon week

昨日の日本からの到着者数は6900人。

さあ泣く子も黙るお盆バケーションの始まりだ。

って、こんな時に限って次から次へとやる事テンコ盛りでアホな頭はキャパ超え。

15










どちら様もイイ旅を。

13


今日も晴れるよ!


Best Cities to Live, Work and Play

ハワイのカカアコ開発事業におけるマスタープランを見ても、

住居・レストラン・スーパー・銀行・オフィスに学校、全て徒歩圏に在り、

利便性・自立性・流動的ライフスタイルに重きを置いているのが明らかに判る。

世代の違う人々によって構成されるcommunityの行方は興味深い。





米国不動産カウンセラー協会の分析は毎年勉強になる。

(以下個人的に気になる部分を要約)いわく、

7400万人のベビーブーム世代を上回る7540万人のミレニアル世代が、

何処に住み、何処で働き、何処で遊ぶのか、

それらの選択が不動産市場に及ぼすインパクトは大きい。

若い頃は流動的で体験的なライフスタイルを好んだミレニアル達も、

管理職の年頃になり、結婚し家庭を持ち質の良い学校と環境を求め郊外に不動産を購入する。

対して1946年~1964年生まれのベビーブーマー達はリタイア期を向かえ、

メンテナンスが難儀な郊外の広い家を売り払い、ダウンサイジングし、

長期に渡り自立可能な生活環境の構築を目指し、

若者が好むような利便性の高い都会風エリアで集合住宅を求める。




意外な予測であるが、

ベビーブームとミレニアルは最終的には同様の道を辿ると言われているそうだ。

が、そこには10年の違いがある。

ベビーブーマーが結婚し不動産を購入したのが20代だったのに対し、

ミレニアルは10年遅れの30代での購入となるからだ。(そうです)


☆参考:賢い人による素晴らしい訳→ soken.xymax.co.jp/2017/07/14/1707-cre_top10/







にしても、ハワイのシニアは元気だね。

04

周りを見渡しても、50代後半になると家屋と荷物のダウンサイジングに励み、

より快適なライフスタイルの構築を目指し注意深く住環境を選んでいるのがわかる。

体験型を好む彼らは未だ活動的で、仕事も遊びも住まいも下りる気配無く、

まだまだエンジョイする気満々で枯れそうに無い。(笑)

みんな流動的で軽やかなガチな旅人~うらやまし。

Good Luck & Aloha!




※↓ここにも書いてあるけど、これからの不動産インパクトでもっとも甚大なのは、自然災害ではなかろうか。

https://www.cre.org/external-affairs/2018-19-top-ten-issues-affecting-real-estate/

老後は子供の世話になる気ゼロのアメリカ人にとって、最大の資産である不動産価値が自然の驚異に曝され暴落するのは耐えられない・・・と言う事で、安穏な土地を求め移動する、いや、既にしている。
まあアメリカ人が一生に引越しするのが7回とか10回とか言われているけど、確かにみんな引越し好きだよね~って言うか、狩猟民族と農耕の違いだろうか?結婚して一度も引越し経験の無い我々はもろ農耕民族ですが。(笑)

how long $1M will last in retirement

おはよー。

01

今朝のニュース見た人いる?

引退時に$1ミリオン(約1億1千万円)のキャッシュが有るとして、

さてアメリカで何年間生きられるでしょうか?ってネタで、

最長26年がミシシッピに対し、最短12年がハワイでした。

NYやCAが14年だったかな。

ワタシはここでも書いて来たけど、

ハワイに1億円持って来ても10年住めれば御の字だと確信する。

経済観念乏しい我々みたいなのは、まあ8年が良いとこじゃないかな。

だからみんな仕事を辞めない。止められない。死ぬまで働く人も居る。

日本人はリタイアの時期が来れば、さくっと日本に帰国する。

世界一の国民健康保険はプレシャスだし、物価の安さと食事の美味さは感謝感激雨霰。

難は過酷な気候と言う事で、夏&冬逃れてハワイに滞在する先輩方も少なくない。








我が家はもう少し頑張ってもらいましょうかね~、老体にムチ打ち。(笑)

03











かなり古いお家は相方好み。私はもっと奥まったロケーションが好きだけど、御縁があればですね。

02

大橋巨泉氏いわく、引退時に必要なのは、

①$1M現金 ②夫婦名義の不動産 ③長期的投資

以上3点だそうです。ハイ。

彼も病に倒れた際には、さっさと日本に帰国してましたが、

ニッポンの医療制度は神レベル!


どちら様も素敵な1日を。

グッドラック&アロハ!

ガチで掃除人

おはよーございます。

74











朝もはよから掃除に励む相方。

72

何故なら、家中のクリーニングの見積もりを出してもらったら、

$1,000(窓含む)と言う数字が出て、

「それなら俺が千ドル分働く!」と名乗りをあげたワケ。

(単なるケチとも言うけど・・・)











この人マジだよ。

73

「次に住むのは掃除が楽な平地の平屋にして」と懇願する相方。

よっしゃ、まかしとき。(って探せるかな~)

素敵な場所の素敵なオウチなんて、一瞬で取られちゃう。めっさ争奪戦@カハラ地区、ハワイカイもしかり。








私はやっぱ新築コンドかな。だって残りの人生はガチの旅人になるんだもんっ。(笑)

76

いつも旅行に出ると家のことが気になり不安で、

世界一周のときも切り上げて帰って来た心配性の相方ですもの。(ホント)








今日も晴れるよ。

75


どちら様も素敵な日曜日を。



late lunch @ Kaimuki

遅いランチに近所のタイメシ屋に行ったら、夏休みだったみたい。

62

移民者は夏季にロンバケで故郷に戻る人多し@ハワイ。

私の昔の同僚のベトナム人男性は、いつも言ってた。

ベトナムに帰ると村中の人達をレストランに招待して、全員に奢るんだって!

日仏英が堪能だった彼、故郷に戻ったけど今頃どうしてるだろう。(遠い目~)










で、近所のハレベトへGO!

63

通しで午後2時に営業がローカル風。











定番サマーロールからの~

64











ベジ・スプリングロール。

65










シャルドネ(安)乾杯。

66











しーふーど・さっれテンコ盛り。

67













BBQチキン・テンコ盛り。

68












〆はビーフ・ふぉー。

69














態度良くないけど、一応名店。(笑)なんとも言えないローカルちっくな店内。

70













まったり下町カイムキ、このままで~。

71


good luck & aloha!