失礼な話だが、

「寂れた温泉街にある、ぱっとしない観光ホテル」

というのが長らく我々の持っていたイメージだった。

よくあるでしょ、忘れ去られたクラッシック・ホテル。

ある年齢以上のゲストの憧憬と回顧にかろうじて支えられているものの、

しかし実際にはプライドだけ高く、終わった感満載みたいな。

イイ意味で軽く裏切られましたわ。



レクサスでのお出迎えから見送りまで、若いスタッフもぱりっとしていて、

「なにココ、ちゃんとしたホテルじゃん」と相方も一瞬驚いてた。(笑)




広々としたラウンジで、

a14







ソフトドリンクのサービス等あり。

a15







しっとり落ち着く空間。

a16







お茶をいただきました。

a17







やっぱ旅館なんだろか。

a18







夏はラナイも素敵そう。

a19







すぐ下が鬼怒川ライン下りの船着場。

a20






大風呂をチェックしてみた。

a21






その①

a22







その②

a23







その③

a24


ここもおばちゃん率高くて、結局一度のみ利用。

気のせいか部屋風呂の方が、とろりと湯質が良かった。

みんな浴衣で館内うろついてるから、旅館なんだろね。




それでは、お部屋に。

雰囲気がなんとなく京都のハイアットに似てるねと言うと、

「こっちの方が品あるし、お金かかってる」ですって。

a25


今回も全くキャラ違いの宿ばかりで「飽きなかった」(BY 相方)そう。

それを聞き安心した。

一度でもハズスと「はい終了~」って、次が無いだけに・・・。(笑)


☆周りの在住者達も秋はお里帰りで日本列島温泉三昧してる♪

ニッポンの夏&冬は過酷過ぎるし、春は鼻むずるし、梅雨はうっとうしい。

っつーことで、必然的に秋&初夏の旅になる。ベストシーズンLOVE。


<続>