今回の宿は、軽井沢が3世代集結ヴィラ、

里山が絶景露天、ゆめやが離れ&食事、

鬼怒川は紅葉ロケーションで選び、

金谷の食事は全然期待していませんでした。

が、「ふつーにOKじゃん」(By 相方)とのご感想があり一安心。




ジョン金谷スタイルの夕食って?

コンセプトは、East Meets West ですってよ。

まずはラウンジで、アミューズ&食前酒をいただきました。

a50







その後は料亭風の個室に移動。

a51







前菜。

a52







これが噂の金谷エッグね。

西洋茶碗蒸し風?海胆が練りこんであるのかな?

a53






なんだろ@秋っぽいもん。(失念)

a54






しんじょ。(多分)

a55







栃木は海無し県なのに、お造りは上々。

毎朝築地から仕入れているそう。

a56







栃木牛のしゃぶ。

a57







金谷の100年カレーも有名だが、ご存知とろとろ・ビーフシチュー。

a58







チョークヒルがお似合い♪

a59







お口直しのそーべ。

a60







葉っぱの中身はサーモン。

a61







魚介のムース。(多分)

a62






〆。

a63






もれなくアニバーサリー祭り実施ちう。

a64






柿アイス。

a65






ラウンジでお茶や食後酒をいただくスタイル。

a66








シガールームも。

a77








例のたっけーショコラがテンコ盛り。

a67








うしし欲張りなアッシ。

a68






部屋に戻ると夜食が。やっぱココ旅館だ。(笑)

a69






朝よー。

a70






今日もイイ天気。

a71






お腹すいたー。

a72








よくある温泉宿の朝食。湯豆腐などもあり。

a73

金谷ブレッドの洋食の方が人気だった模様。






なっとー美味かった。(By 相方)

a74


そーいえば、あんだけ大風呂におばちゃん軍団が居たのに、

ラウンジやレストランは始終ひっそりと、家族連れや団体は一切見かけなかった。

思うに、最近のよくある経営スタイルで、(明神館とか)

一つの宿の中に従来どおりの旅館+手を加えたグレードの高い部屋が存在してるのかと。

丹下先生の品格あるリノベはパブリック部分+クラブフロアのみで、

サービスも料金も差別・区別化していると推測。




昨日何気に某宿サイトの口コミを見たところ、

最初に通された部屋が酷かったので追加料金でUPを申し出たところ、

その違いに驚いたって書いてあった。

それゆえ評価のブレが出てくるのかと。

個人的には、とても素敵な大人の宿だと思いました。

印象としては、箱根のハイアットに品を加え、ラナイ&露天を付けた感じ。

チェックインからアウトまで、都会のホテルと比較しても遜色無い対応で驚き。



鬼怒川この時期に行けてよかった。

しかし、すっかり錆びれきった温泉街で、この宿だけ浮いてた。

a75

日本の温泉地巡りしてると、廃業→廃墟で街が寂れてて哀しい。

特にリーマンショック+震災後は、何処も生き残りを賭けて大変そう。

まあだから、時代は☆のさんのような人を求めていたのだろう。

再生やさんとして好きでは無いけど、実績は素直に認めます。ハイ。





さて東京帰るべ。

a76


温泉編はこれにて〆。

来年も泊まりたい宿の泊まりたい部屋に泊まれる程度に、

「仕事してね」って抱負を伝えたツマでした。


<続>