Dinnerの時間になると、お部屋の前でスタッフが待っていました。






+3万円で各お皿に合うワインをマリアージュとのことですが、
ちらっと拝見したところ惹かれぬオットでありました。

で、個室テーブルの上には、既にハウス・ワインが。



これ、福一さんぷろでゅーすの激安ワインなんですが、
国産としては、冷やせばふつーに飲めます。
ただし、あまりにもなお値段ですので、
こちらのワインリストにはありません。(笑)
(だって皆がこれ頼んだら、ビジネスにならんでしょ)

某ソムリエさんのBlogで知り、お願いしていたのですわ。

場違いだったかしら。
おそらく、諧暢楼さん始まって以来のリクエストだったのでは?
(高級感にコダワリのあるお方には勧めません。ふふふ。)


さてお食事:こちらは地産に全く拘らず、
全国から旨いもん取寄せました~って感じで、
如何にも東京からのお客さんが喜びそう。

味付けは、とても上品でございました。


先付:ホームメイドの豆腐と、







ほっこり海老芋、うまー。







お椀:伊勢海老のみぞれ仕立て。







造り:天然河豚のサラダ仕立て。ポン酢ジュレで。







焼き物:益田黒毛和牛サイコロステーキ。蕩けます。







口替:信州リンゴのコンポート。







温物:天然河豚あら小鍋仕立て。じっくり美味しい。







さんまの炊き込みご飯を、最後はひつまぶし風に。
これは相方さん、すっかりお気に入りに。







ワラビ持ちも、文句なし。







ばたんきゅー。お休みなさいまし。








朝風呂からいかせていただきます。







今日も晴れです。(食事処の窓から)







おはよーございます。







温野菜のサラダ。







北海道のほっけ、心に残る旨さでした。



釜炊きコシヒカリもパーフェクト。




カシスヨーグルト&フルーツで、ごちそーさんでした。




しかし、ここのスタッフは「間」がよろしい。
何処かで見てるんちゃうかーってくらいに、完璧です。
私たちのワインがば呑みにも、す~っと現れて対応可。

食材&器&サーブも申し分なく、
丁寧にこさえた食事は過不足無く◎でした。

全て整っていてインパクトに欠け優等生ぽいけれど、
長々と日本をシリーズで旅する身にとっては、ほっとする献立&味でした。
(妙なコンセプトを掲げられるより好きです)



食後はロープウエイに乗って、







ぎりぎりの紅葉を楽しみました。







さて、お次は、お付き合いのファミリー旅です。





昨日しみじみと
「今回は最後まで宿に飽きなかった」(By 相方)と感想をいただき、
色々取り混ぜて正解だったかなぁと思った次第であります。

日本トリップのご参考になれば幸いです。 :emojiface_cyu2: