急に決まった京都だけに、Dinnerの不安が心を過ぎる。

私はテキトーにその辺の居酒屋に入ればイイじゃんと考えていたが、

行き先を決めずにホッツキ歩くのは嫌だと言うし。

まあ冷静に考えて、今日の今日、それも数時間後の予約は目ぼしい店では困難でしょう。

コンシェルジュ嬢も「今からは何処も無理です」と冷たく言い放ったし。

相方は呑気に「よねむらさんでえーよ」と電話したところ、その日は昼のみの営業でNG。

お次は「村田さんの処に行きたい」と言い出し、ダメ元で電話したところ、

姉妹店のカウンター5時なら、何とか2名OKとのこと。









時間厳守と言われ午後4時50分に着いたら、既にガイジングループが居ました。

46

カジュアルで気取らない割烹は、☆☆取って海外のお客さん多い様子。

と言う事で、皆さんバチバチに写真撮ってます、それもデカカメラで。(笑)








テーブルでも良かったかもね。

47











まずは、夕食にありつけて乾杯。

48










小蕪の風呂吹きクルミ味噌、柚子が利いてる。

49










八寸:鯛鮨はサフランの香り。

50












お兄様に声がそっくりの気さくな大将は、お客さんを寛がせ上手。

51











向付:昆布締めはポン酢ジュレで。

52










濃厚・黄身醤油は初めていただきました。

53











鱧&松茸土瓶蒸し。

54











いくら醤油漬け。

55










シャブリ。

56











焼き物。

57









琵琶湖の子持ち鮎塩焼き。

58











お次はアレかな。

59












ふくよかな香り漂う。

60











松茸さん。

61

ここで相方が日本酒を所望し、お隣のフランス人も倣う。









鮑宝楽焼。

62













メレンゲ豆腐の下には貝&野菜なぞ。

63












松茸ご飯。

64









すりながしが今でも舌に残る味。

65








ほうじ茶アイス。

66








柚子しゃーべっと。

67

ご馳走さん@トータルで2時間弱でした。

私達がオーダーしたのは2万円のコースで、TAX+サービス込みで2万6千円だったかな。

丁度隣に座ったフランス人が16000円のコースで、

反対側の日本人カップルが25000円だったので、3種類の違いが判りました。

安い方はプレゼンが若干簡素で品数も少なく、

高い方は私達のコース+最後にスッポン鍋が加わるって感じでした。

若い職人さん達の仕事振りも爽やかで、基本イチゲンサンに優しいお店だと思います。

私は十分美味しく気持ち良くいただけましたが、関西人の相方は「期待はずれ」と言う厳しい感想が。









おっさん何処行くー。

68

次回はご自分で早目の予約をお願いします。


good luck & Aloha!