NHK衛星で平成30年史を興味深く視た。

平凡な感想だが、本当に様々な事が起こったのだなぁと、しみじみ感じ入る。

私が日本で暮らしていた頃には想像出来ないような激動の時代であったのだなと。

今更ながらであるが、ワタシは平成の日本を全く知らない。

旅行では何度か滞在したが、たった1日も住んだ事が無い。

あ、そうだ、思い出した。

昭和天皇ご崩御の際には、丁度日本に居たのだった。

正月明けにアメリカ大使館の面接を受ける為、2年ぶりの日本であった。

1989年1月7日に崩御され、ただちに元号は平成となったニュースは東京で聞いた。






1989年と言えば、日本はまだバブルの余韻を引きずり景気の良い話しか聞こえて来なかった。

ニッポン人はハワイでも凄まじい買いっぷりを示し、(実質的には既に破綻していたと思うが)

何となくこのまま行くのでは~と楽観的な雰囲気も残っていたと記憶する。

その後日本経済は崩壊し長く暗いトンネルに入って行くわけだが、

アメリカ経済も湾岸戦争勃発の頃から、ぱっとしない時代が長らく続いた。

この小さな島も不景気風が吹き荒れ、バブル時に乗り込んできた日本の企業(起業)も、

倒産・閉業・夜逃げのラッシュで、ことごとく新規事業計画は頓挫し皆こぞって帰国した。

その後はNY同時多発テロ→イラク戦争勃発を期にアメリカは未曾有の経済絶頂期を向かえ、

2008年まで続いたのは、皆さんの知るところ。

そして現在はクライシスを乗り越え、何度目かのバブルの真っ最中であるが・・・。





☆ちなみに相方がビジネスを始めたのが、ハワイ経済最悪期の1992年。

よく生き抜けましたワン。(笑)

ワタシの個人的な意見だけど、経済イマイチの時に起業するのって悪くないよ。

だって後は昇っていくだけじゃん。谷があれば山は必ず在る。

38

ハワイ経済もここ5年くらいMAX状態なので、そろそろナンかあってもおかしくないけど。山高ければ谷深し。(ぼそっ)




さあ新元号には華々しく東京オリンピックの開幕が待ち受けているけど、

どんな時代になるのでしょう。

正直なところ、全く予想がつきません。

さて我々は何処で何をしているのやら?


Good Luck & Aloha!