ホノルル鉄道遅延に関するニュースには感動すら覚える。

この度は5ヶ月間工事がストップし、$10Mの損失だそうで、

もう誰も驚かないレベルまで来ているのではなかろうか。


https://www.hawaiinewsnow.com/2019/07/17/hazardous-discovery-could-cost-rail-authority-million/


もともとホノルル市には鉄道システムに当てる財源は無かったが、

反対派のカエタノ氏が選挙に破れ、希望的観測の元に開発事業は始まった。

そして誰もが予想していた通り工期は遅れに遅れ、財源枯渇で赤字に喘ぎ、

やべっ、手っ取り早く現金収集じゃって増税案が認可された。

現在はホテル税に高級不動産の固定資産税が上昇し、

道路使用税やゴミ収集税なんかも議論され、

そのうち空気吸うだけもTAXかかるなんてジョークも笑えない事態に。




誰が何のために開発する事業なのか未だ不明だが、

メインランドのコンサル会社及び関わった政治家はオイシイのは事実。

ところで、FBIが不正発覚調査に乗り出すって話はどうなった?

ワタシは秘かに念じていたのだ。

トランプ大統領が一言、そんなのやめちまえって恫喝するのを。

もう補助金なんて出せないぜっって拒めば、するするっと撤退するのを望んでた。





☆そんなダメダメアイランドだけど、遊びに来てね!

ハワイはイイ処よって、アタシが言っても真実味無いけど。(笑)

201[1]

「ハワイには納期と言う概念が欠落している」と言うと、大抵の日本人はのけぞる。

突貫工事なんかしたら、ガチで訴訟問題に発展すると確信する。

って言うか、もともと残業=悪だし、誰も倒れるまで仕事しないし過労死も無いし、

現在も責任者達は長いバケーション中ではあるまいか。

いや、確か責任者トップは辞任して逃げたはず。


ホノルルの未来にグッドラック&アロハ!