くくく・・・以前から伊藤さんのファンだったけど、

あれだね、オンナの江戸言葉っつーのも粋なもんだね。

an22

 

『夫婦っていうのは植物みたいなもんで、ゆっくり枯れていきます。』

『だめになるものはだめになり、だめにならないものはだめにならない』

そうそう、夫婦は鉢植えと同じ!

*******
しろみさん、40歳の頃にかなり年上の白人男性(当時は大学教授だったかな)と再婚し、

20年近くCA在なわけであるが、以前からエッセイも色々とおもろい。

一番夫婦間で変化したのが、『食』ですってさ。

新婚当時は御主人のベロに合わせて色々新料理にトライした事もあり、

御主人も和食にリスペクトを置いて合わせてくれていたのだが、

今では妻はなるべく己の食の領域に踏み込ませず、

年老いた夫も頑なに自分の嗜好を崩さない。

年取ると、みんな頑固になり地金が出るからね。

****

何処かの社長さんも以前ブログに書いていたけど、

ハワイで年取って離婚する日本女性を見てると、

みんな「食」が合わないって理由を挙げるって。

まあそれだけじゃないと思うけど、一時が万事である日爆発する。

年老いてぎっとり肉食っていうのも、大変だわよ。

健康の問題も浮上してくるしね。

だから、御主人が出張とかで家を空けると、せーせーするっって言う人もいる。

好きなもんを好きな時に作って食べられるからって。

ワタシは日本人男性で「食が合わない」って白人女性と離婚した例知ってるけど、

後日ぽろっと本音を言うには、実はセッ○○が合わなかったそうな。

食=全てをデフォルメしてるからね。

愛情が無くなったら、「こんなもんくえるかっ」となるでしょう。

それは日本人同士でもありえるわ。

****
伊藤さんの質問書には、

「娘が外国人と結婚して海外に住むと言っているのだが不安で」みたいな

相談が母親から多いそうな。

で、回答としては、止めても無駄だから、行かせろってこと。

そりゃそーだわ、親に言われて止めるなら、そこまで結婚したくないってことだしね。

で、『離婚でもしてごらんなさい、たちまち外国人の方が路頭に迷っちゃう、

金も無い、身寄りも無い、故国に帰ったって浦島だ。』

んだんだっ。

金無い、頼る人無い、ビザ無い、仕事無い、言葉出来ない、ないないない・・・

あるのはオットの暴力だけっみたいな例、

掃いても掃いても捨てきれぬほど存在するよ@はわいもろすもにゅーよーくも。

シェルターでボランティアやってる人に聞いてみ。勉強になるから。

ロマンスてものがしょせんミラクルなんだから、もうしょうがない、止めようがない。

あきらめるしかないねっ。

****

よくアメリカ人の彼は優しいから~みたいに相好を崩す人居るけど、

ゴミ出し、車のガス入れ、掃除・洗濯・買出し・送り迎えにサンキューカードなんて、

そこらの子供でもやるし、うちの相方だって普通にやるよ。

BBQに芝刈り、ビジネスクラスのチケットにシャンパンに花束、大袈裟なリップサービス、

そこまで感動することちゃうちゃう。スペシャルじゃないし、隣のオッサンもしてるって。

コンカツヤサンニシカラレソーナンデ、キョウハコノヘンデ。

世界中の日本人女性に幸あれ~♪ ニッポンオンナイージートカイワレナイヨウニネ。

*****

くくく・・・しろみさん、最高♪

an23
贈ることば~強い人は何処に居ても強い。幸せになれる人はなれる。(By あっし)

それでは、皆様ごきげんよう。

今日も晴れるよ~!

an24

アロハ。