・・・に宿泊したのですが、アッシの不手際で写真を失いますた。

わずかに復元出来たのが、4枚のみ。(涙)

a01






ベトナムハウスでランチ食べて戻って来たとこ、多分。

東京で言えば銀座かな?とても便利な場所にあります。

a02

経済発展の著しいベトナムのパワー、街中至る所で感じました。

この国は若い人たちが元気だから、きっとイケますよ。GO!






チマタで人気の?3階のお部屋でした。

a03







プールのまん前で奥まっていて、プライバシーありましたよ。

ラナイからそのまま出られるので、当然相方は早朝から泳ぎまくっていました。

a04


Amanoiに続き、こちらもJackie様と偶然同じタイプのお部屋でした。(笑)

彼女のブログには美しい写真テンコ盛りですので、よろしければご参考のほどを。

私達きっといつか、世界の何処かのホテルでお目にかかる予感するに100億ドン!




ベトナム航空のラウンジで日本の新聞読む。

a05






ビジネスクラス・ラウンジも、勿論フォーテンコ盛り。

この国の人達はフォー食べないと死んじゃうのかなってくらい、いつでも何処でも啜ってる。

a06





ヌードルとか、

a07





春巻きとか。この国で炭水化物抜きは無理満開。

その割にベトナム女性がほっそりなのは何故?不思議。

a08






飛行時間45分で別世界。

a11






ニャチャン空港着。

a09





ホーチミンは雨季の始まりで土砂降りでしたが、

ニャチャンは乾期の始まりでカラリとしていて雨は一滴も降りません。


a10


それでは、オンザ・ビーチのリゾートにチェックインです。

<続>