Hawaii Unemployment rate

温泉ネタが続き頭がふにゃふにゃなので、

ここらで現実的なハワイネタに戻しましょう。

今朝のローカルニュースでも見ましたが、

1月のハワイ州の失業率が2.8%で、2007年以来の数字ですってさ。

2007年って言えば、経済危機前のMAXバブル時でしょう。

まあ現在もばぼーの終末期ちっくな様相のハワイ及びアメリカ本土ですが、

後2年くらいはこんな調子で行くのではあるまいか~。(その後はご想像の通り)


http://www.staradvertiser.com/2017/03/10/business/business-breaking/hawaii-unemployment-rate-drops-to-2-8/




夏季繁忙期は3%切ることは珍しくはありませんが、

ハワイの失業率3%って、0%いやマイナス並みの人手不足です。

もともと人材不足の島ですが、これから春休み~夏休みと、

世界中からツーリストが集まり、シリアスにえらいこっちゃです。

毎年夏前には業界引き抜き合戦が繰り広げられますが、今年は更に熾烈を極めそう。

で、有給をたっぷりギフトしたり、時給UPしたり、慰安旅行したり(笑)、

あの手この手でスタッフ引き止めるわけだ、ハワイは売り手市場だけにね~。

妹にウチの時給教えたら、マジで驚いてた。「医師並じゃん」って。

ハワイでは人件費はケチってはNG。

高時給保障しないと、しゅてきな人材をキープ出来ません。ハイ。

だからー、トーちゃんカーちゃん・ファミリービジネスが強い土地柄でもある。

家族は文句言わず働くっしょ。突然ばっくれないし、ドタキャンもしない。






☆私達が留守にしてる間、たっぷり雨が降ったと言うのはホントのようです。

Dヘッドの緑々しいこと!

28










☆今日も晴れるよ~!

29

さて1週間、元気にまいりましょ。

みんなハワイに遊びに来てね~。仕事したい人も来てね~。


待ち伏せ

ユーミンのラジオ番組のゲストにマツコデラックスが招ばれた特番は、

何度聞いても面白い。

昨日のネタとシンクロしてしまうけど、

夕暮れの街角~♪って、彼女の歌あるでしょ。

これストーカーの歌って言われてるんだって。

で、マツコさんは最長で3日間待ち伏せしたことあるわ~って、

今ならガチで通報されてヤバイねって。(笑)

当時は閑だったんだって。

そうなんだ、ストーカーって閑じゃないと無理だね。






懐かしいわ(by 昭和なアタシ)。

35



でもさ~、待ち伏せから恋が成就し、

めでたくカップルになった例なんて☆の数ほどあるでしょ。

大好きな人のサプライズなら、めっさ上がるでしょ。

好ましい人から告られたら嬉しいが、その反対だと警察呼ばれちゃうんだよね。

ストーカー規正法違反の項目にあるもの、「待ち伏せ」はあかんって。

最近はストーカー事件が多発してるから、警察もさくっと動くし、

警告書なんて出された日には、心折れる若者も少なくないのではあるまいか~。





ストーカー加害者は元交際相手が大半だが、なんかわかる。

例えばラブラブ期に彼女が料理作って部屋で待っていてくれたら◎だが、

別れた(つもりでいた)彼女がそれやったら、マジホラーでしょ。

彼氏が毎日メールくれたら嬉しいが、過去の人から来たらキモイし、

しつこくやられたら嫌がらせ届け出しに警察行くでしょ。






ある時を境に人の心は醒めて離れて行くものだが、

その距離感が上手く掴めぬ人が、おそらくストーカーに変身するのではあるまいか。

人は誰でも人から好意を持たれると嬉しいものだが、相手次第では嫌悪しかなく、

過剰なまでの思いを持て余すと、狂気に発展するのではあるまいか。

うーん、わかんないわ。もっと心理学やっておけばヨカッタよ。

誰でもストーカーの被害者にも加害者にもなりえるが、

おそらくストーカーには「自分がストーカーだ」って認識が薄いと想像する。





英語で待ち伏せって、なんでしょか。

ambush 襲う

lurk 隠れて待つ

いずれにしても、攻撃的だわ。

ここで別れた相手を待ち伏せなんかしたら、ジェイルで1泊させられちゃうんじゃね。

いや、まじで犯罪者認定。こえっ。

どちらさんもご用心。



good luck & ALOHA!


PS>芸能人や著名人って、見ず知らずのファンの過剰な思いを、

どのように折り合い付けて生きているのだろう。うざっとかって無いのかな。

ワタシなら窒息死するね。だから有名人には決してなら(れ)ないし、追っかけもしない。

っつか、その器じゃないし。ちっせー。

minimum wage

現在ハワイ州の最低賃金は時給$9.25(ですよね?)

先週、ハワイの最低賃金引上げに関する法案が可決されました。

最低時給の提案は:

2018年には$12.25

2019年には$15 


http://www.bizjournals.com/pacific/news/2017/02/15/bill-to-increase-hawaii-minimum-wage-to-15.html




現実的に$15だと+チップ無いと厳しい。これでは無理。

昨年のネタでも触れたけど、

ホノルル暮らしに必要な時給は$38(約4千円)と言われています。

今年は更に騰がってると思いますが、

観光の島は物価高で毎年必ずインフレ率は上昇するので、最低賃金も上がるのは当然。

しかしビジネスする人にとって人材は命ですから、

うちみたいな零細は繁忙期を乗り切るのに、ケチる事は出来ません。






後3年くらいは好景気続きそうなんで、何処も大変だよ~。

予約がじゃんじゃん入るのに仕事する人居なくて、撤退したツアー会社もあるし。

ボクも高給で引き抜かれたよっ。(笑)

30



レストランオーナー達が口を揃えて、スタッフが集まらないと嘆いています。

特に日本人は飲食産業を避ける傾向にあるから、アジアの留学生に頼るしか無いと。

更に今みたいに好景気な時期は、

コンストラクション・建設業界が猫手状態で高時給を保障するので、

アメリカ人もそっちに行ってしまい、益々人手不足になると。

これから夏季に向かい、観光業他の求人広告がずらりと並びますが、

人材確保は一層困難を極めることでしょう。







今年の夏も乗り切れるかな~。(ぼそ)

31


☆ハワイ島の某人気ツアー会社の求人広告には、

「日本語が堪能な人」って書いてありました。

一ヶ月20日間仕事で、月給$5,000スタート保証だそうで、

ハワイ島の物価を思えばナンとか暮らせそうな感じするが、どうかな。




昨年のネタです。

http://blog.locomohawaii.com/pis/archives/18601

しくじり先生(長文)

年寄りの昔話は嫌われると言うが、個人的には大好きです。好物と言ってもイイ。

祖母とべったり寄り添って育ったせいか、ジジババのウケは悪くないと自負している。

高齢者の昔話も素直に好奇心を持って突っ込めるし、

タイガイの年寄りは喜んで披露してくれるものだ、若干盛ってる部分も含めて。

時が浄化してくれるから、シニアは何語ってもOK、許せる。





ハワイに来てからは、特に日系人のお爺達の話は興味深く飽きる事が無い。

442部隊ネタや、ダン(井上)が~とか、ジョージ(有吉)は~みたいな、

著名人の名前がさくっと入ると更にミーハー魂は上がるものだ。

既にお亡くなりになった方達が多いが、激動の時代を生き抜いて来ただけに、

自信と誇りとsense of humorで縁取られた昔話はヒストリーの域に昇華を遂げた。

ああ、もっと色々聞いておくべきだったと後悔が残る。






ところで日本ではリタイアしたオジサン達が自分史を編纂するのが一時流行ったが、

ハワイでも丁度ブログが登場した頃に引退を迎えた人々が、過去を振り返り、

あらーそんな事まで書いちゃってイイの?って、こちらが心配になるほど、

歯に衣着せぬ表現で業界の裏側をぶちまき、書きまくっていた。

めちゃくちゃ面白いのナンのって、思わず読み耽ってしまったではないか。






美しい自然を舞台に魑魅魍魎がうじゃうじゃ。こえーっ。(笑)

60



40数年前に渡米した人達って、やはり個性的と言うかアクが強いと言うか、

今とは全く違う世界観と言うか状況を生き抜いて来ただけに、

自信満々で上からだが、不思議に嫌味に感じない。

皆さん口を揃えて自分の努力と幸運と現在の成功を称える。謙遜は無縁。

「時代が良かった~時代が味方した」みたいなフレーズはお好きなようだが、

それも自身が持っている強運の一種でしょう。






でもね、人間は成功話より < 失敗話を好むものだ。

しくじり先生みたいなの書く人居ないかな~。

私はこれで転落しました、全て失いましたみたいなブログはタメになり教訓になると思うが。

そー言えばさ、ハワイや本土でしくじった人達のネタを読むと、どの業界でも同じなんだよね。

アメリカ人だと、ギャンブル・酒・ドラッグとかありそうだが、

日本人の場合は、投資・出資・女・贅沢暮らし辺りが定番。

華やかな人達が顧客になるから、勘違いして身の程知らずに見栄で散財しちゃうとかね。





しかし思い切りドン底から這い上がって再び栄華を極めたら、最高に面白くない?

永ちゃんみたいな人、居ないかな~。ワイン持参で、話訊きに行くよ!

最近の移住者達は我々も含め、保険かけた安全地帯でしか勝負しないから、

そこまで成り上がりも居ないし、転落者も居ない。

ほぼ最初から富裕層だしハングリー派は絶滅寸前。得る物も失う物も最小。

つまんないって言えばそうだけど、ワタシも10年後は業界の裏側ぶちまくよっ。

乞・ご期待。



☆PS>ふと思ったが、女に貢いで転落したオトコの話は珍しくないが、その反対は聞いたこと無いわ。

男からふんだくって富裕になった女性は☆の数ほど居るけど。

やっぱ女は強かね。



good luck & Aloha!





backhanded compliment

おはよー。写真は爽やかな昨日の朝でした。

19

爽やかじゃないアッシは、ふと思いついた。

そうだよ、これからは褒め殺し作戦で行こうって。(笑)



アメリカ人は褒め殺しなんかしないよ~って言う人も多い。

が、しかし、そんな事は無い。

アメリカ人も褒めて落とすのが得意だ。

backhanded compliment って言うけど、ニュアンスがちょっと違うかなぁ。

バックハンドって、テニスの打ち方あるでしょ。

直訳すると、違う角度から褒めるって意味で、嫌味や皮肉の方が強い。

イギリス人なんて皮肉言わせたら世界一だしょ。





今日も晴れるよ。

20


思い切り上げて落とすのは、大阪人の得意分野で、

生まれた時からお笑いの「上げ落し」文化の英才教育はスタートする。

そりゃー褒め殺しにもっとも必要なのは、sense of humor だから、

それが無いとオシマイよ。

うちの相方も褒め殺しネタの天才の域だと思うが、

大阪で小学生の頃はクラスで2番目くらいのおもろさで、吉本は諦めたそう。

今でも言うもん。「○○君は、ほんまおもろかった」って。

もっと色々書こうと思ったが、長くなるので今日はここで〆。





PS>サービス業界でよく使われるのは、

ワケありで予約受けたく無いお客さんが居る場合、

「ハワイでもっとも素晴らしい○○○をご紹介します」って、さくっと他社にフル。(いけずぅ)

日本の旅館とかでも有名なクレイマーが来ると言うでしょ。

とても私どもでは、お客様のようなレベルの高い方をお迎え出来ませんって。





あのねーなんだろーね、勘ですよ勘。

ウン十年やってるとピンと来るって、みんな口を揃えて言うけど、

電話は勿論のこと、メールでもヤバさは伝わって来る。いや、まじで。

いつだったか、ハワイ不動産の某女性社長が日系ペーパーに投稿してたわ。

「変なの来たから次はそっち行くよ」って、すぐ業界内で広まるって。こえーっ。





お客様って言えば、アメリカでは神様では無いので、幾らでも断ることがある。

日本の民法にもあるけど「契約自由の原則」で、客も店も互いに選ぶ権利があり正当な理由無しで断れる。

(※ただし国籍やデブとかハゲとかブスとか、そーいうのはNG) ただシンプルに断る。

私も弁護士からアドバイスされたよ。

「話したくない相手からの電話はガチャ切りしなさい」って。トランプ大統領かい。ぐふふ。

「Negativeな感情を剥き出しの方は恐怖を感じるのでご遠慮ください」ってのも常套句。

ホテルやエアラインで、責任者出せ~土下座しろ(笑)なんて恫喝したら、警察呼ばれちゃうよ~。ご用心。

慣れない英語にストレスMAXで、日本人スタッフを見つけるや否や怒鳴りつける人多いけど、

大変申し訳ございませんって言葉を期待しているんだろうなぁ。ここでは基本無理ぽ。

話が違う方向に行きそうなので、ここらで〆。





☆こんなん見つけました。HOMEGOROSHI

http://webmagazine-globalmanager.com/contents/en_jp/29/


http://www.inc.com/amy-morin/5-best-ways-to-respond-to-backhanded-compliments.html


good luck & ALOHA!