price to rent ratio

マイホームか賃貸か、日本のネットでもやり合ってるのを見かけますが、

何処に住んで、どんな家を買うのかによるでしょう。

アメリカも主要都市のprice to rent ratioが常に話題になりますが、

こちらのブログは上手にまとめてあります。

https://happymoneyusa.com/rent-vs-own-by-city/



ホノルルは大体どの調査でも40前後です。

ハワイはリゾートで家賃割高だから、まあ借りる方がやや得かな~ってレベルです。

ローンの在る不動産は負債でしかないと何処かの本にも書いてありますが、

家を買うのも借りるのも、まあ人それぞれでしょう。




で、私が個人的に思うに、

不動産以外の投資に廻す意思があるのなら、

賃貸して経済的自由を手に入れるべく目標に向かえば宜しいかと。

しかし我々のように極楽トンボであるだけ使う人間は、長期で住むなら買うべしと。

でも正直なところ、昔と現在では状況が異なるので自信ありません。

実際にホノルルの不動産しか経験してないし、それも30年前の事だし、

市場もライフスタイルも大きく異なるでしょうし。

買い時と売り時も在るし、昔の方法が今通用するか不明ですが、

さすがに30年所有すれば、何処に住んでも元取れるでしょう。いやマジで。

(現在の数字だけを見るとホノルルは40年保持して元取れる様相ですが)


☆ホノルル在住者のブログ:タメになるわー。

https://doctoriryokabu.com/buy-rent-house/

30年後の総資産とか考えた事無かったけど、ホノルル不動産にブチコミました。(笑)

若くて元気でアホで怖いもん知らずの20代半ばでした。

92


PS>(現在の数字を見ると)ハワイって意外と投資に向いてないのがわかりますが、

日本人の富裕層が不動産を購入するのは税金対策が大多数で安定の人気です。

https://smartasset.com/mortgage/price-to-rent-ratio-in-us-cities

現在はバケレン規制で旨味半減だけど、

日本の銀行に現金入れとくよりはマシって感じ気にならない層も分厚く存在します。


93


リセッション後に再オイシイ時代来るかな。(ぼそっ)


good luck & aloha!

NRT-HNL

10月12日(土)成田発ーホノルル行きの発着案内をチェックしたら、

JALは全便欠航でANAは根性で1便遅延で飛ばす模様。

飛んで来ないことには、ハワイから日本へ帰国する便も確保出来ない。

秋の3連休で満席だけに振り替えとか簡単でなく、ツアーキャンセルも仕方無いが、

ハワイ挙式グループや新婚カップルに人気のシーズンだけに、関係者は気になるところ。

weddingのスケジュールは随分前から予定を練るだけに調整も難しそう。





ハワイアンも成田発12日は全便欠航で13日のHNL発も一部欠便。

031[1]

進路が逸れることを祈りつつ。

グッドラック!

have a safe trip

秋休みで日本を旅してるローカル家族が多いシーズンだけど、

みんな無事に帰国出来るのだろうか。

新幹線運休で国内線も国際線も飛ばないって稀な事態だけど、

みんな英語の情報ゲットしているのだろうか。




ホノルルも昨年はハリケーン当たり年で大変だったけど、

関空水没騒ぎで帰国出来ないツーリストも大勢居ました。

86










たった1日ずれるだけでラッキーな旅人もいるけど、

こればっかりは旅の神様に祈るしかない。

87
 

どちら様もイイ旅を。

Nothing Can Stop You

スマホに1日1時間以上費やす50代は鬱になりやすいってニュースで見たけど、

日本で電車通勤している人達は軽く1時間いくでしょう。

イギリスのケンブリッジだったかな、大学の研究所のレポだけど、

SNSが子供達に及ぼす心理的悪影響について興味深い内容だった。

いわく、もっともnegativeな心理状態にさせるSNSはインスタグラムですって。


****



他人のインスタを見て落ち込み動揺しイラつき不安になり攻撃的になり、

妄想・嫉妬に苦しめられ最悪うつ状態から抜け出せずと。

若い人達には便利だけど大変な時代かも知れないね。

過去には有名人とか芸能人の暮らし振りを遠くから見物するのがせいぜいだったけど、

現在はそこらの一般人のリア充っぷりを見せ付けられ、劣等感や嫉妬を駆り立てる。

哀しいかな、人間は他人と比べ自分の位置を確認する生き物だけに、

そりゃー嫌いな人のインスタさえ毎日じっくり拝見してしまうと。


***


「嫌いな人のブログやSNSを見にいくのを止められません」って、

イイ年した大人もシリアスに相談するくらいだから、子供は無理でしょう。

嫌いを持続する為には常に嫌いな情報の更新が必要で、

現在進行形で嫌いな相手が少しでも不幸になっていないか確認せずにはいられぬと。

しかし実際はハッピーな情景盛り沢山で更に落ち込み嫌悪倍増でエンドレス。

誰か止めて~って世界はヤバイ。

****




スマホ1周年♪(祝)

75



インスタ・ツイッター・フェイスブック・ユーチューブ色々あるが、

私はSNSやらないから、なんか理解出来ない世界だ。

って言うか、ブログがSNSじゃないってこと最近知ったばかりで、

スマホも拒否してたけど、相方に無理矢理持たせられて1年ばかり。

自慢じゃないけど、ワタシほど誰とも繋がらない人間は珍しい。

でも結構生きていけるし、友人も居るし、集客も出来てるし、化石だけどOK。(笑)
 

good luck & aloha!

missing children

ワイキキのホテルの部屋に残された子供が大泣きし騒ぎになり、

買い物から戻った母親が逮捕された事件があったが、

日本人にしてみれば、大袈裟だなぁと言うのが本音だろう。



が、処変ればナンとやら、ギャン泣きを放置しない国の対応は厳しい。

幼い子供が一人で居れば即警察を呼ぶし逮捕もある。(12歳以下の留守番はNG)

学校や習い事の送迎は必須だし、子供達だけで遊ばせないし、単独お使いも不可。

この国の子供達は守られているなぁと感じるが、それだけ緊迫しているのだろう。



******




アメリカの行方不明者数の多さは異常で長年の社会問題だが、

40秒に一人が行方不明になっている。

18歳未満の行方不明者は年間80万人とも90万人とも言われ、

毎日ざっくり2200人強が消えている。

(そのうち20万人は親族間による子供の奪い合いらしいが)



******


アメリカは謎の失踪事件も多い。

中でも国立公園内で行方不明になるケースが年間1600件に上る。

キャンプ中に瞬間的に忽然と消え、警察犬の鼻も利かないのが特徴だと捜査官が語る。







人気のイエローストーン国立公園・ミステリーな事件が続く。

91[1]

みんな何処に消えた?

http://www.missingkids.com/footer/media/keyfacts