Best Cities to Live, Work and Play

ハワイのカカアコ開発事業におけるマスタープランを見ても、

住居・レストラン・スーパー・銀行・オフィスに学校、全て徒歩圏に在り、

利便性・自立性・流動的ライフスタイルに重きを置いているのが明らかに判る。

世代の違う人々によって構成されるcommunityの行方は興味深い。





米国不動産カウンセラー協会の分析は毎年勉強になる。

(以下個人的に気になる部分を要約)いわく、

7400万人のベビーブーム世代を上回る7540万人のミレニアル世代が、

何処に住み、何処で働き、何処で遊ぶのか、

それらの選択が不動産市場に及ぼすインパクトは大きい。

若い頃は流動的で体験的なライフスタイルを好んだミレニアル達も、

管理職の年頃になり、結婚し家庭を持ち質の良い学校と環境を求め郊外に不動産を購入する。

対して1946年~1964年生まれのベビーブーマー達はリタイア期を向かえ、

メンテナンスが難儀な郊外の広い家を売り払い、ダウンサイジングし、

長期に渡り自立可能な生活環境の構築を目指し、

若者が好むような利便性の高い都会風エリアで集合住宅を求める。




意外な予測であるが、

ベビーブームとミレニアルは最終的には同様の道を辿ると言われているそうだ。

が、そこには10年の違いがある。

ベビーブーマーが結婚し不動産を購入したのが20代だったのに対し、

ミレニアルは10年遅れの30代での購入となるからだ。(そうです)


☆参考:賢い人による素晴らしい訳→ soken.xymax.co.jp/2017/07/14/1707-cre_top10/







にしても、ハワイのシニアは元気だね。

04

周りを見渡しても、50代後半になると家屋と荷物のダウンサイジングに励み、

より快適なライフスタイルの構築を目指し注意深く住環境を選んでいるのがわかる。

体験型を好む彼らは未だ活動的で、仕事も遊びも住まいも下りる気配無く、

まだまだエンジョイする気満々で枯れそうに無い。(笑)

みんな流動的で軽やかなガチな旅人~うらやまし。

Good Luck & Aloha!




※↓ここにも書いてあるけど、これからの不動産インパクトでもっとも甚大なのは、自然災害ではなかろうか。

https://www.cre.org/external-affairs/2018-19-top-ten-issues-affecting-real-estate/

老後は子供の世話になる気ゼロのアメリカ人にとって、最大の資産である不動産価値が自然の驚異に曝され暴落するのは耐えられない・・・と言う事で、安穏な土地を求め移動する、いや、既にしている。
まあアメリカ人が一生に引越しするのが7回とか10回とか言われているけど、確かにみんな引越し好きだよね~って言うか、狩猟民族と農耕の違いだろうか?結婚して一度も引越し経験の無い我々はもろ農耕民族ですが。(笑)

how long $1M will last in retirement

おはよー。

01

今朝のニュース見た人いる?

引退時に$1ミリオン(約1億1千万円)のキャッシュが有るとして、

さてアメリカで何年間生きられるでしょうか?ってネタで、

最長26年がミシシッピに対し、最短12年がハワイでした。

NYやCAが14年だったかな。

ワタシはここでも書いて来たけど、

ハワイに1億円持って来ても10年住めれば御の字だと確信する。

経済観念乏しい我々みたいなのは、まあ8年が良いとこじゃないかな。

だからみんな仕事を辞めない。止められない。死ぬまで働く人も居る。

日本人はリタイアの時期が来れば、さくっと日本に帰国する。

世界一の国民健康保険はプレシャスだし、物価の安さと食事の美味さは感謝感激雨霰。

難は過酷な気候と言う事で、夏&冬逃れてハワイに滞在する先輩方も少なくない。








我が家はもう少し頑張ってもらいましょうかね~、老体にムチ打ち。(笑)

03











かなり古いお家は相方好み。私はもっと奥まったロケーションが好きだけど、御縁があればですね。

02

大橋巨泉氏いわく、引退時に必要なのは、

①$1M現金 ②夫婦名義の不動産 ③長期的投資

以上3点だそうです。ハイ。

彼も病に倒れた際には、さっさと日本に帰国してましたが、

ニッポンの医療制度は神レベル!


どちら様も素敵な1日を。

グッドラック&アロハ!

カカアコ開発見直し案

と言うニュースを見たのは、5月下旬のことでした。

が、ホント?意外にちゃっかり持ち直すんじゃないの?って半信半疑だった。

だって、建築界の巨匠リチャード・マイヤー最後の作品ですよ!

好調なアメリカ経済も手伝い、不動産屋がガンガン売りさばいていると思ってた。

が、しかし、蓋を開けると3年間で成約は28ユニットのみだそうで、

そりゃープロジェクトは頓挫&見直しも、むべなるかな。

まあ、値段高過ぎってのもあるし、2018年には既に施行してないと遅いし、

既に全額返金されたそうですが、サイトも閉鎖されてる模様。








憧れのリチャード・マイヤー、ハワイにも素敵なモダン建築が聳え立つ(はずだった)。

82











This is it!

83



ワタシのホノルル暮らしの最後の野望はね、ここに住む事だったの。

買えないから勿論レントだけど、頑張って1~2年だけ、

ハワイを去る前の夢だったの。

白の魔術師、さぞかしインスタ蝿することでしょう。(笑)




good luck & aloha!

what kind of car should you buy?

ご存知、kapiolani と ward の交差点付近にはカーディーラーが軒を連ねます。

端からFerrari,Jaguar,Audi,Mercedez通りをはさんでBMW、ちょっと行くとLexusがある激戦区。

67

ディラーのお兄さんいわく、この辺りはハイエンドのコンド林立にて、

富裕層の日本人がふらふらーっと訪れて、これください~って、さくっと乗って帰るそうよ。

(日本と違い車輌なんちゃらとは不要だし、その場でお持ち帰りは当たり前)





ワタシは全く車関係に興味無くて、人生で5番目くらいに、どーでもイイ分野。

よって、いつも相方が選んだ車を何も考えずに乗ってきた。

ここんとこ連続7台Mだったから、久々にBに白羽の矢が。

76

またまた昔話になっちゃうけど、その昔30年ほど前に移住して来た頃は、

よくもまーこんなボロ車走ってるよなー@ホノルルって呆れた覚えがあるが、

今現在では朽ち果てた車を見かけるのは稀有で、ぴっかぴっかの車オンリー@City。

ホームレスでも立派な車を所有しているのが不思議~。








ハワイ暮らしでツマ個人車はこれで9台目かな~。

後何年ホノルルに住むのか不明だけど、これが最後の車になるはず。(多分)おっさん物色ちう。

丁度2日前にメインラドから届いたばかりなんだって。(ハワイは田舎の島だけにタイミングが大事)

68


ワタシの夢はね~電車とバスと徒歩だけで静かにひっそりと生きること。

リタイア後は駅前マンションに住むのだ。デパ地下三昧するのだ。(笑)


good luck & aloha!

LOVE DONUT

カロリー高過ぎ・値段高過ぎ・店多過ぎで、

日本では大量閉店したらしいが、アメリカでは不動の人気です。

57










みんな朝から大量にいちゃうもんねーっ。

58











え、ワタシ?正直に言うと1年に1個も消化できずに、すびませんっ。

59













今日も晴れるよー。

60


なんだかどーでもイイ系のネタを書いてみたくて。(笑)


グッドラック&アロハ。