The Price of Paradise

「ハワイの物価がこんな事になったのは一体いつから?」と、

日本在住の妹に真顔で訊かれたので、マジで考えてみた。

ここ20年間でアメリカの物価は2倍になったと言われるが、

(故に高齢者の破産が劇増した)

我々の肌感覚では30年弱でハワイの物価は3倍になった。

妹達がしょっちゅう遊びに来ていた10~20代にかけては、

ホノルルの物価について話題になる事はなかった。

それどころか、スーパーでカートいっぱい買い物しても$100程度で、

「安いね~日本なら倍するよ」って彼女達が感動してたのを憶えてる。




****



引越しの際に古い家計簿を見つけたら、新婚当時は今より外食三昧でも、

食費が月$1000程度であった。

リーマンショック後は倍になり、現在は家計簿の存在も忘れるほど。

これを諦念と呼ぶのか?(笑)シリアスに言うと、

我々はある時を境に戦うのを止め、無駄な抵抗はしない道を選んだ。

何故なら、ストレス貯めて心身壊れ島を去った輩を少なからず知っているので。



****


私が移住した頃は中間層は年収$5万程度で家族を養えたと記憶するが、

現在は4人世帯では9万6,400ドル(約1,060万円)以下は低所得層と政府認定だ。

(ちなみに一人世帯では年収6万7,500ドル (約745万円)以下が低所得層)

NYでは年収$500K(5千万円)でもミドルクラスと言われているが、

果たしてアメリカのミドルクラスは本当に喪失してしまったのだろうか。


****


ホームレスの劇増とともに、ホノルルの治安も悪化し気が抜けないのは事実。

55



さてニッポンの物価に驚くようになったのは、いつからでしょう。

清潔で新鮮、サービス満点で旨くて、しかも安い。

日本のバカンスから戻った住民達が、

「ハワイで外食するのアホらしくなる」って口癖であるが、

先日見かけた某ブロガー氏の記事には思わずウケテしまった。

ハワイで生まれ育ったお子さんが、

「日本には美味しい物と超美味しい物しかないね」って言ったそうな。

相方は首が折れるほど頷いていた。ザブトン10枚進呈。

もしや日本が異常なのだろうか?


グッドラック&アロハ!

how much do you need to retire?

NHK衛星ニュースを眺めていたら、

金融庁による老後資金2000万円うんぬんについて国会でやりあっていた。

が、正直な感想は「えっ、自己負担そんなんで95歳まで生きられるの?」

こりゃ引退を待たずに、さっさと日本を目指す輩が劇増するわけだ。いやマジで。

$200Kかぁ、ハワイで3年暮らせる自信無いわ。

なんせ2人世帯で年収7万7,150ドル (約850万円)以下は低所得層認定だもん。



*****



アメリカで必要な老後資金は、

ざっくり$2.5Mとも$3M(3億円)とも言われ、

医療費だけで最低$280K(ざっくり3000万円)必要とのこと。

しかし実際には国民の3分の一は老後資金が無い状態で、

特にここ20年間においては、65歳以上の破産者は42%を占める。

凄まじいインフレ、医療費高騰、ローン返済の重圧に耐え切れず、

ソーシャル・セキュリティも減額で悲惨なリポートが続く。


33


アメリカは既に景気減退期突入にてリセッションは目前。

車ローン滞納者が増え貸し倒れ率は過去最高で、電気代も支払えぬ層が急増中。

格差社会は凄まじく社会保障は当てにならず、未来は闇の中。

+誰かさんは爆走ちう。オソロシー。


good luck & aloha!



memorial day weekend

アメリカは3連休です。

いつもはこの時期に日本に行っている我々ですが、はずして正解でした。

ところでトランプさんご一行は何故にこのホテルをお選びに?と、若干不思議。

帝国かペニンシュラと、勝手に予想しておりましたが。



2012年に宿泊したけど、イマイチ印象薄く、再訪してみようかな。

312[1]


居酒屋でポテト出されてたけど、召し上がったのでしょうか。

トランプ夫妻はアルコールを一切飲まないから、

フロリダの別荘でワインLOVEな昭江夫人の飲みっぷりがアメリカのニュースでも話題になったことありました。

メモリアルデーの休日を利用してビジネス目的で、

ドカンと何か売りに行ったと想像しますが、アベチャン大丈夫?

どうぞほどほどに~。

さあ本格的な夏が始まります。


good luck & aloha!

森瑤子の帽子

東京駅の書店で購入し、

温泉に浸かりながら旅のお供で読み終えました。

とても良い本です。

島崎さんの丹念な取材力とプロフェッショナルな構成力、

距離感と偏りなく公正な視点、この種の本としては予想外に読後感に救われます。

特に五木寛之氏の言葉が心に残り、インタビュアーとしても秀逸。


37



個人的には長年の謎が解け、す~っとした部分がありました。

森さんにとって、恐らくどなたか憧れの対象や目指す人物像が身近に在り、

彼女のライフスタイルや言動に多大な影響を授けた女性が居たはずと想像していたので、

「彼女が居なければ【情事】は生まれてなかった」との周囲の証言に頷いた次第。




平成が終わる時期に出版するタイミングも宜しく、

没後26年と言うのが微妙に生々しく興味深く、

森さんのファンでなくとも十分楽しめる、良書です。






PS>たまたま帰りに相方が成田で購入した文春の対談がタイムリー。

阿川さんも指摘されてるように、よくある時系列の構成で無いところが素晴らしい。

38

島崎さん、イイわー。

「安井かずみがいた時代」も良かったけど、今回の森さんの方が引き込まれる。

森さんの没後出された本はどれも哀しく切なかったから、やっと報われた感がある。

しかしアレですな、好きでも嫌いでも無い人物を、ここまで掘り下げるって、やっぱプロだわ。


good luck & aloha!


☆おまけ:過去ブログ・お閑な人はどぞ。
http://blog.locomohawaii.com/pis/archives/9426

2014年か~時の経つのは早いもんです。
http://blog.locomohawaii.com/pis/archives/9486

WAIEA owners sue over construction defects

カカアコ・ウルトラ・ラグジュアリー・コンドの訴訟問題。

昨日のニュースから。
 

https://www.hawaiinewsnow.com/2019/05/21/owners-one-hawaiis-most-exclusive-condos-sue-over-construction-defects/


以前から指摘されてた騒音&窓の問題ですが、

危険で夜眠れないレベルってどんな?

ニュースでも触れてたけど、ハワイ不動産はばぶって、

短期間に焦ってコンドを量産したから、手抜き工事もありえると。

オーナーは価値が下落するのを危惧しているそうだけど、

現時点で売り物件23件で、これから増えるのでしょうか。

ワタシなら、さっさと売り逃げしちゃうけど。

訴訟の行方、非常に興味深く見守ります。




PS>某コンドについて某不動産エージェントが言ってましたわ。

「工期が短すぎるから私は勧めない」って。

弁護士も指摘してますが、これから更に、その種の訴訟は増えると予想します。(独り言)


グッドラック&アロハ!