ハワイアン航空100万人利用

ハワイアン・エアラインの7月の乗客数は昨年比3.1%UPで、

1,008,132人。座席利用率は86.2%。

https://newsroom.hawaiianairlines.com/releases/hawaiian-airlines-reports-july-2016-traffic-statistics





ネイバー間だけで1日に160便飛んでるんだってー。

HAWN-02251_RouteMapWeb-NbrIsland.indd

+メインランドや日本他に、毎日200便運航してるんだってー。

小さなローカルエアだけど、頑張ってるね。





☆ハワイの島へ・ハワイの翼で。

合言葉は、

58



夏は特にガンガンです!

飛びます・飛びます・飛ばせます。

個人的には、あのシートで日本に行くのはアレだけど・・・。(内緒)





☆ハワイの夏は、まだまだ続きます。

60

みんな、ハワイに遊びに来てね~。じゃんじゃん外貨落としていってね~。(笑)



good luck & ALOHA!

GO Hawaii

ハワイ観光業は上半期の訪問者数が過去最高を記録し、

州の税金収益が最高記録だそうで、

このまま行くと、5年連続のアゲアゲ記録になりそうです。





そうよね~個人的に振り返ってみても、なんか納得するわ。

2007年までばぼー状態が続き、2008~2010夏季くらいまでイマイチで、

2011年夏季くらいから、いけいけどんどん盛り返してきたもんね@ハワイ観光業。

ってことは、今年~来年がピークで、その後・・・(以下自粛)。





さて今年の6月は特に記録的なツーリスト増数でしたが、

日本からは全体の14.6%で、

最多が米西海岸から45.3%、米東海岸からは23.3%となっています。

日本からは毎日平均23便で、約5000人の安定した渡航者ですから、

アメリカ本土からは一体何便飛んで来るのでしょうか?

推して知るべしです。



http://www.staradvertiser.com/business/business-breaking/hawaii-visitor-arrivals-spending-on-record-pace-in-first-half-of-2016/





インターアイランドは、バス並みにじゃんじゃん飛んでいます。

35













日本人は、やっぱオアフ島でしょう。

33











これから2週間はエアもホテルもレストランも何処もかしこも、キャンセル待ち状態が続きます。

カメ君も出ずっぱり!

32

まさに猫手状態!お仕事したい人いらっさいませ~。(笑)




どちら様もイイ旅を。



Good Luck & ALOHA!

hotel occupancy rate

観光の島においては、

空港到着者数と稼働率が連日ニュースネタで登場します。

さてアメリカ人が夏休みに入る6月ですが、

今月中旬の稼働率が出ています。

ハワイ州全体のホテル稼働率は82.8%で、

オアフ島は88.8%(昨年比2.9%下落)だとか。

90%行かなかったのは意外な感じですが、

後半~7月にかけては92%くらいを目指すのではないかな。

数年前の夏季に95%って記憶ありますが、さすがにヤバイよね。

ほぼ空室が無く、若者達はビーチでにわかホームレス状態でした。





さてインバウンド熱覚めやらぬニッポンの稼働率が気になり、

ちょいと検索をかけてみました。

2016年2月の稼働率は、調査開始以来2月として過去最高で、

特に大阪のホテルは9割超えを記録だそうで、

やっぱ大阪はガイジンに人気ありますね~。

京都に泊まり切れないツーリストが、比較的安価な大阪に流れて来たのでしょうか。

ちなみに全国の宿泊先として、リゾートホテル(57.5%)や旅館(36.9%)も、

過去最高の稼働率をキープしたそうな。







日本の旅館を泊まり歩いて感じたのは、

英語がちょっとでも通じると、海外ツーリストばかりだったりします。

昨年訪ねた伊勢志摩の有名宿は、

年間を通じ高い稼働率を誇るだけあり常にSOLD状態ですが、

帰りのシャトルバスは、なんと我々以外は全員が白人ゲストでした。

23

「あそこ英語通じるよー」みたいなノリで広まるのでしょうか?

☆のさんとこみたいに最初からバイリンガルのスタッフを揃えたり、

欧米のトラベルマガジンに載ると、一瞬で集客出来る気もする。

北海道の坐忘林もオーストラリア在住の英国人だけあり、

シンガポールや香港のゲストが目に付きましたもの。






ところで旅館の稼働率37%って、実際のとこはどうなの?

一見低水準だが、ホテルとは様相が異なるのだろうか。

数字だけ見ると、やって行けそうも無い感じするが、

地方の旅館では繁忙期以外のスタッフは、オンコールが可能なのだろうか。

ハワイのホテルの場合、80%切ると危険水域だと聞いた事あります。

スタッフの保障もあるし、がんがん営業かけて売り尽くしが鉄則です。

リーマンショック後なんて、タダ同然でも宿泊して欲しいと必死で、

通常1泊$800→$50なんて激安でしたもん。

NYテロ後はFS Hualalaiも$250で出ていて、思わず飛びついたワタシです。





アンダーズ・マウイなんか、軽く95%はイッテルと思うよ~。

常にキャパ超え。いや、まじで。

22


それでは世界中のトラベル・インダストリーにかかわる皆様、

実り多きサマーでありますよう。

秋のバカンスが待ってますよ~。

ご自愛くださいませ~。


☆ワタクシの好きな言葉:

「★SOLD OUT 完売です★」(笑)

good luck & ALOHA!

find your next DESTINATION

19年前に二人で25日間の旅に出ました。

自由気ままな学生時代のロングトリップと異なり、

結婚してからの、もっとも長い旅です。

相方は既に現ビジネスをスタートしていましたが、休みました。

と言うか、今ほど年間を通じて繁忙では無かったので、

閑そうで気候の良さそうな5月を選びました。





確かビジネスクラスの世界一周チケットが$3500くらいで、

ファーストは$5000くらいだっと記憶します。

まだまだ世の中が平和でエアの搭乗チェックもアマイ時代で、

当時のアラウンドザワールド(廃止)で、NW~KLM~EK~SQ~CXを乗り継ぎました。

現在のようなEチケットではなかったので、

分厚いチケットを1枚ずつ千切ってはチェックインしました。




経路は、ホノルル~ミネアポリス~アムステルダム~

イタリア(フィレンツェ~コモ~ミラノ~ベニス)~

スペイン(バルセロナ)~エジプト~ドバイ~モルジブ~

シンガポール~ホンコン~ニッポンで一丁上がりだったかな。


72


自分的にはなかなか快適な旅でしたが、相方は途中で旅疲れしたようで、

「10日間くらいを2回に分けて行くほうが好き」と言い出しました。

行く先々で「外食に飽きた、キミの料理が食べたい」と言い、夫婦喧嘩に発展しました。

後半は家が心配になり1日も早くホノルルに戻りたい様子で、

日本滞在を1泊で切り上げさっさと帰国しました。




その後は二人で優雅な長旅をする気になれず、10日をメドに出掛けます。

さすがにヨーロッパは2週間居ましたが、

カリブもアジアもフィジーやタヒチ、10日程度のスケジュールです。

昨年は3泊の日本でも楽しめたと自信をつけたようで、

これからどんどん短縮になる予感も。




よく聞く話ですが、仕事人間でゆっくり旅した事の無い夫婦で、

「定年を迎えたら世界一周の船旅に出る」と言い出す夫に対し、

カンベンしてよーって逃げる妻が多いと。

なんか、わかるわ~。

普段から旅慣れしてない二人の長旅って、

下手したら熟年離婚になる可能性も。ご用心。





そーいう意味では、ホノルルは楽勝で人気あるのも頷けます。

旦那はゴルフ、奥さんはショッピング。

地元の友人や日本から訪れる家族や知人に会ったり、

途中ショートトリップでネイバーやラスベガスに飛んだり、

なんなら用事を済ませに一旦日本に帰国するのも簡単。

外食はなんでも揃ってるし、飽きたらコンドで自炊も可能。

日本語の通じる医療関係者も多く、なにかと安心。

てきとーに好きなように、暮らすように旅をする。

MAX観光VISA3ヶ月間なんて、あっと言う間でしょう。


っつーことで、富裕層向け高級コンドホテルが飛ぶように売れるわけで、

益々アラフィーやアラカンのロングステイが増えることでしょう。


good luck & ALOHA!


☆世界一周は是非、体力気力のある、お若いうちにお薦めします!

時間とお金はナンとかなります。(多分)

終旅

昨年から今年にかけて、長いこと見続けていた、

多くの旅ブログが中止・休止・閉鎖になり寂しい限りです。

個人的に深い交流は無かったけれど、こっそり覗き見させてもらい、

時には旅のヒントをいただき、インスパイアされたり、楽しみだったのになぁ。

でも、どなたかが書かれてたけど、それって一種幸せな事なのかも。

何故なら行きたい場所に行き尽くし、泊まり尽くしてしまった結果だと。

子育てや介護等の家庭の事情で行けなくなったり、

すっかり宿や旅に興味を失ったブロガーも居るけど、

基本は「もう一生分泊まりました」と、

やり切った感が伝わってきます。

プロのトラベルライターで無い限り、キャパって知れてますし飽きも訪れます。






うん、わかりますよー。

ぶっちゃけ、うちらも一昨年くらいからかな、

泊まりたい宿を見つけるのが難しくなり、

リピートを好まぬタチなのにリピーターになってますもん。

まあ我が家の場合は母が未亡人になってからは、

ジャパントリップは親孝行の一環って感じですかね。

それが無ければすっかり卒業して、休止状態に入っているでしょう。

お次の再開は、老後のお楽しみに。

60~70代のリタイアした方達が精力的に旅するの、わかるな~。

今しかないでしょってことで。





旅は後戻りできません。

行きたいうちに行きたい場所に行っておいた方が宜しいですよ~。

そのうち行けなくなったり、行ける状況でも行きたいと思わなくなるから。

行きたい時が行き時です。お金も時間もなんとかなります。(きっぱり)


それではどちら様も、イイ旅を。

Have A Nice Trip!


☆最近は不特定多数対象のブログより、

プライベートな内輪公開のインスタに移行する人が増えてますね。

個人的な記録として残すのが目的ならば、その方がお気楽かな。

自分も相方がビジネスを〆る時が来たら、ブログを閉めます。

その後はやはり、個人的な家族備忘録になるでしょう。







☆最後になりましたが、九州の一日も早い復旧を心から祈り期待します。

01


湯良し、しつらい良し、食良し、サービス良しと、

名旅館が軒を連ねる九州温泉郷は、日本のお宝です。

ワタシに出来ることは何かなと考えたら、やはり実際に訪れ泊まり、

じゃんじゃん散財し、ばんばん写真撮って、わー行ってみたいなって、

一人でも多くの旅人が増えることでしょうか。









☆黒川も湯布院も新緑の美しい季節です。

02

九州にとって観光業は主力産業ですから、

嘗ての勢いを取り戻す日が早々に訪れますよう。


Good Luck & ALOHA!