ARCANA IZU-3

お待ちかねの夕食です。

2年前に就任したという新料理長、さてどんな芸風いや作風でしょう。

22













今回は1段高いブース席をリクエスト。

23











すっきりアルカナ・シャンパンから。

24












おお、のっけから大プレゼン。

25











料理長作の一枚木にタパスが見え隠れ。

26











天城軍鶏・ずがに・本えび・椎茸・あまご、伊豆半島は食材が豊か。

27











卵・セロリ・キャビア、お口の中で硬軟ランデブー。

28


 









個人的にバターに柑橘は不要かと。(蜜柑は伊豆の特産でしたね)

29











海老・南瓜・コシヒカリのムース。

30












コンソメ。

31












きのこ・鰻・フォアグラ。

32












Caymusのレゼルブに負けぬ濃い目のテイストで相性よろし。

33











これなんだろ(失念)サービスのチーズ?(忘却)

34













金目鯛・わさび・蕪。

35











メイン:伊豆鹿・牛蒡・トンカ豆。

36











相方は伊豆牛・ビーツ・梨。

37













柿・焼酎ソルべ。

38












栗・へーゼルナッツ。

39












紅茶。

40












プチフールは全て相方の胃の中へ。

41

地物・旅情豊かなプレゼンも楽しく、

大胆で繊細なお味は押し付けがましく無く爽やかで、料理長の思いが伝わる。

プロフェッショナルなスタッフ達に支えられ素敵な時間を過ごせました。

開業時はあまり好みで無いとの感想だった相方も、今回は手放しの褒めようで、

わざわざ足を運ぶ価値があると言うものです。







おはよーさんです。

42











本日も快晴。

43











朝はカウンター席で。

44











リバームースの上で野菜たちのパレード。

45












おぱん。

46











袋の中身はしゃかしゃかドレッシング。

47












オムレツ。

48












相方はポーチド。

49












テイストはすっかり変りましたが、空気感はそのまま。ここにしか無い時間と味。

50













進化するオーベルジュ、色褪せぬ最上級のおもてなし。

51

日本を旅すると、よくこんな田舎(失礼)に洗練のプロ人材がと驚く。

ゲストを寛がせ慇懃無礼にならず、それでいて緊張も忘れない。

スタッフ一丸となって高みを目指している姿勢に恐れ入る。

ニッポンのサービス業の底力を感じ入る。



また数年後を楽しみに。


Good Luck & Aloha!

ARCANA IZU-2

ザ・スイート:86平米

川に面してリビング~ダイニング~ベッドルームと細長い配置。

10













デスク周り+暖炉。

11











コンドみたい。

12










キチネットからのダイニング。

13











お着き菓子。

14











ベッドルームからの

15












露天風呂。

18











Wシンク+ウォッシュレット着いてました。(開業時は無かった記憶)

16













バスルームからの温泉。

17











今から11月下旬は紅葉を向かえ繁忙MAXな頃でしょうか。

19











TV無いからゴウゴウ響く川音が心地よい。

20












11年振りで老朽化してたらイヤだなぁと心配していましたが、杞憂でした。

メンテナンスが完璧で時の経過を感じさせません。

21


極楽・極楽♪

<続>



 

ARCANA IZU

たまたま1部屋だけ空いていた「あさば」の撫子に宿泊予定でしたが、

食事に変化をつけたいとの要望で、久々にこちらに。

ブログを辿ると2007年10月に行った記録あり、11年振りの再訪。

01














湯ヶ島ってこんなに修善寺から遠かったかしら。

02

シンプルなファサード、今見ても見劣りせず。










懐かしい薪。

03











ところで湯ヶ島と言えば出逢い橋。(だそうで)

04












橋で出会った二人は結ばれる?ナイナイ。

08










無理矢理LOVEパワースポットになっている。(笑)

05












間違って他の部屋に入ろうとするオッサン。大丈夫?

06












こちらも最後の一部屋でした。

07


さあどんな感じでしょう。

<続>


 

うなぎ 桜家

相方が日本でもっとも好みだと言う鰻屋さん、4年振りの再訪。

01

↑新しく建ったコンドを見てすかさず「あれ幾らくらいなのかなー」と。ウナギ目当ての移住希望。(笑)










宿から予約を入れてもらったので5分待ちでした。

川沿いにずらりと長蛇はいつものことですが、平日なので警備のオジサンも穏やか。

02











1階のテーブルをリクエスト。(上階の畳は落ち着かず)

03










ビアのアテ:骨。

04












うまき・うざく、うまーっ。

05

ハワイで出てくるゴムのような鰻を思うと哀しくなる。ウナギに在らず。










半身の白焼き:清らかなお味。

06












相方はうな重3枚。

07











香ばしくてふわっ。(だそうです)

08











大満足・めでたし。

09












三島ってイイ処だよなー。(と必ず口にする)

富士の名水、鰻、温泉地も近くて最高だと思わない?

そうだねー新幹線通ってるし物価安そうだし、富士の雪解けの水路が本当に澄んでるし、

緑はあるし、道路広いし、晴天多く、人口密度低そうだし、人がのんびりしてる。

10

駅から1分の場所だけに、温泉の前後に便利です。

さあ腹ごしらえもしたし、修善寺に向かいましょう。




美味しいニッポン・2018秋

今旅は再訪宿が多く、初宿は3軒のみ。

ご興味ある方は、ざっくりダイジェストでどうぞ~。



旅の始まりは東京・11年振りの再訪ですが、

インテリアがモダンテイストで明るい色味で広く感じます。

11












相方熱望の肉懐石。

12












蕩けるニッポン、やばし。

13











瀬戸内海を臨む宿。

15











何処かで見た事あるような鄙びた漁港にデジャブ。

14













ず~っと訪れたかった九州宿、

直前で諦めていたところ、たまたまキャンセルが出たと国際電話をいただきラッキー。

16











噂にたがわず素敵なSetting。ここは2泊したかったわ。

17











初・有馬。

32











しっとり大人山荘。

18












大阪最強!大阪弁・大好きになりました。

19











ソウルフード食べまくり。

27











吉本は3日くらい通いたい。

20











相方LOVEな大阪割烹で待ち合わせ。

21











2001年以来で17年振り!ラウンジが広々と一新。

22










修善寺も11年振りの再訪です。

23











シェフが何度か交代しテイストががらりと変りましたが、空気感は変らず。

24












相方が日本でもっとも好みの鰻屋さんに4年振りに寄り道。大満足。

25





 






旅の終わりは定宿で。

26












すし居酒屋で集合!美味で安過ぎて感動。

この盛りが2700円とは、一体全体どのような経済構造であろうか!ハワイなら$150ってとこかな。

28












あっと言う間の7泊9日。

29











〆はお馴染み店。最後の最後まで食べ狂った我々でした。

30











お誕生日7連発ありがとー。

31


もう思い残すことはございません。(うそ)


<続>