dinner@Hiramatsu Atami

お待ちかねの夕食です。

18

私たちは窓際のテーブルでした。











ヒラマツシャンパンでロワイヤルが振舞われました。

19











アミューズとともに、

70










じっくりメニューに目を通す至福のとき。

20










メニューが在るので辿ってみます。

軍鶏と山芋のコンソメロワイヤルは記憶に残るテイストでした。

23











カマスとフォアグラのクレビネット。

赤味噌+半熟卵+松茸=ハーランと相性ばっちりでした。

24









相方もれなく大絶賛にて、自分史上もっとも旨いCAワインとな。

21

えっ、スクリーミング・イーグルより上?すごいね。

体調や気候、雰囲気やメンタルが大きく影響してると思うけど、

パーフェクトなソムリエ氏の仕事っぷりも◎。









☆A君ありがとー、感謝感激雨霰。

22











伊勢海老グラタン仕立て。

相方は気に入ったようですが、ちょっと私にはリッチ過ぎた。

25











太刀魚のポワレはシェリービネガーが爽やかで、ペースを戻せ調子出て来ました。

26











鞍下肉&子羊は火入れが完璧で文句無しの美味しさ。

27










チーズワゴン。

28












色々いただきました。

29










貴腐ワインで〆。

30

ひらまつ賢島は素材重視のシンプルで和に近い印象でしたが、

こちらは繊細な仕事が光るフレンチで、全く別物です。

箱根もきっとカブラナイと思うので、ハシゴもアリでしょう。









お誕生日ケーキをいただきましたが、さすがにギブ。

31

時差ぼけも手伝い、よろよろ部屋に引き上げた二人。(笑)









モンブランと供に運んでもらい、相方が明け方完食。

32












おはよーございます。

71











エシレ+ジャム。

34










なんかのスープ失念。

35










焼きたてオパン。

36











濃厚トリュフソース。

37











オーベルジュ堪能いたしました。ここは訪れた甲斐があります。

33

お迎えから見送りまで抜かり無しで、

女将さんって、やはり必要なんだなぁって初めて思いました。

着物着て食事時に現れる感じが苦手だったのですが、ここはマネージャー女史と言う感じで好感持てます。

プロフェッショナルで居て慇懃無礼ではなく寛がせ、

ゲストに寄り添うスタッフの接客が伝わって来ました。

恐るべし、ニッポンの宿。

これから益々スゴイ事になっていくのではあるまいか@日本のオモテナシ。









さあ新幹線を乗り継ぎ北上しましょう。

39

きっと晴れているはずです。

Good Luck & ALOHA!

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

珍しく相方リクエストの宿です。

ひらまつ賢島を気に入り、熱海も是非泊まりたいと向かいました。





東海道新幹線から富士山シルエット、台風一過後も東海地方はぐず曇り。

01










熱海駅にお迎えのタクシーが待っていました。

10分程度で到着で、美人な女将さんがお出迎え。

02

賢島と異なり、別荘風の木造建築が素敵です。

ウエルカムモード満載で、のっけからもってかれました。











さりげなくミロテンコ盛り。

03












晴れ女のアタシも今旅は敗北。

06












つんつるてんおっさん何思ふ。雨が止んだだけでもマシやろ。

04










例のねっとり濃厚ジュースをいただきました。

05













部屋風呂にお湯が溜まるのを少々お待ちをとの事でしたが、

07

気にしませんので~と、さっさと部屋に案内してもらいました。


最初に言ってしまいますが、何から何まで非の打ち所の無い、素晴らしい宿でした。

日本のリゾートとして誇るべきhospitality溢れる・・・あら、ちょっと誉め過ぎかしら。

兎に角とても気に入りました。

賢島も佳かったのですが、なんと言いますか、スタッフを初めとして格の違いを感じます。

ここからHiramatsu箱根まで車で45分程度なので、ハシゴするゲストも多いそうです。

ハワイからのリピーターも多いそうで、わかるわー。(笑)

友人夫妻も我々と同じ部屋を2泊予約済なので、今プログは興味シンシンのようです。

さくっとUPするから、お待ちあれ~。


<続>

松の間@ひらまつ熱海

新設棟のインテリアは賢島にそっくりでしたので、

あえて和室をチョイスしましたが、さて如何でしょう。



離れと聞いていましたが、メイン棟のすぐ真横に在ります。

09

ぐるりと2間をコーナー90度の廊下が囲みます。











30年前に造られた別荘の客間ですが、大切にメンテナンス保持されていて、

ほぼそのままの状態でリノベは不要だったそう。

08

お抱えのばあやさんが毎日掃除して守っていたそうな。












凛としていて清々しく居心地が良く、思わず建築について訊き込んでしまいました。

10

女将さんから、木下さんの「熱海の家」として有名ですよと言われ、

早速検索をかけてみたところ、木下孝一棟梁の説明がありました。

京都・数寄屋建築の巨匠だそうで、表千家や金閣寺の茶室等々・・・無知ですびませんっ。

いや本当に良い建物なんです、私みたいなのにもわかる程。

数寄屋の概念が変りました。(ホント)

なんだろね、この優しく包み込まれる感じ。

メイン棟も含め名建築だと思うが、よそよそしくない。

女将さん(と言うより支配人)いわく、「日本の家だと思ってる」とリピする海外在住ゲストが少なく無いと。ふむ。







お着き菓子をいただきました。

11













和室が苦手で今回も俵屋さんを渋った相方ですが、ここは手放しの気に入り様。

13














ベッドも寝心地◎だったそう。

14












奥が水屋+クロゼット。

15













外には露天が見えます。松の間はトータルで112平米。

16












難を言えば、掛け流しで無い点でしょうか。

17









曇天も又よろし。

12

この部屋以外に更に広い離れがもう一つ在るので、次回はそちらも試してみたいと思います。

しかし、こんな別荘をお持ちの方って何者?

旅館と言うよりは、まさにスモール&ラグジュアリーホテルです。

good luck & aloha!


夕朝食@坐漁荘

本館の個室・お食事何処でいただきました。

秋の前菜&助子みぞれ餡。

12













祝:いつまでも元気で美味しく@乾杯。

13











ワインリストに好みのドリンクが無かったので、お持込。

14

コーケージは幾らだったかな。









土瓶蒸し:松茸&合鴨。

15










造り:地魚盛り合わせ。

16











海胆旨し。

17












伊勢海老生姜焼き。

18












金目鯛煮つけ。

21










和牛炭火焼き。

22










桜海老釜飯。

20









赤出汁&香のもの。

19











水菓子。

23

サーブの間も良く、丁寧な仕上がりで旅館のご飯としては上々の部類。(※お肉以外)

全体的に尖がったとこが無いので、お年を召した方にもイイ感じ。

老舗だけにスタッフさん達が卒なくコナレテマス。









無銭自販:デザートはお好きなだけ。(笑)

24












おはよ~雨脚強し。奥がお風呂。

25










干物が旨し。

26










台湾資本のリゾート傘下と聞き、大型バスが乗り付ける宿のイメージでしたが、

想像してたのと違い、しっとりと快適で驚きました。

メールのやり取りも素早く細かく、ビジネスとしてヤル気満々本気度が伝わります。

隅から隅までぬかりなく、このブログ内の伊豆&箱根の宿ではベストかも。

27

ヤバイ、新幹線が止まってしまう。

のんびりすると言う母&妹を残し、一路大阪に向かった二人でした。

※この日の夜、東海道新幹線は4時間トンネル内(関が原付近)で往生した模様。

ぎりぎりセーフでありました。

10月なのに雨ばっか降って、ヘンなニッポン!もう行かないよ。(うそ)

<続>


ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘

以前から一度は泊まりたかったお宿。

01











数年前にオーナーが代わりリニューアルしましたが、メイン棟は昔のままだと思います。

02

立派なお庭が有名です。









今回は母&妹を誘ったので、露天付きビラを2部屋隣同士で。

03












ラナイ込みで100平米くらいかな。

04

プール付の部屋もありますが、温水では無いと聞き断念。











さすがに新しく快適で相方も気に入った模様。

05











室内冷蔵庫はフリードリンクですが、シャンパンも各部屋1本ずつ冷えていました。

フルーツやオツマミやお菓子等々、至れり尽くせりです。

06











あいにくの雨ですが、しっとり緑が素敵。

07

10月の週末でしたが台風が迫っているので、キャンセル続出?

総勢で3~4組程度の宿泊客でした。めっさ空いてたよ。(笑)

翌日は我々が発った後に電車が止まったみたいで、ぎりぎりセーフ。









お祝いの乾杯♪ 来年も皆で何処かに行けます様に。

08














夜のライティング雰囲気◎。

10












設計は石井さんかな?とても使い勝手の宜しい、すっきりしたフロアプランです。

11

スライディング・ドアが端から端まで開閉するのがオープンで気持ちイイ。












むふふ極楽。時差ぼけ解消には温泉が一番です。

09

good luck & ALOHA!


<続>