beyond expectation

日本の温泉シリーズ、
さすがに皆様、そろそろ飽きてきたでしょう?

ワタシもクリスマスの用意もせずに、
こんな事やってる場合じゃないんだよ~っと。


じゃ、だだっと石亭さん〆ます。

最初に言ってしまいますが、さすが料理自慢の宿だけあって、
マズイもんアヤシイもん手抜きなもんが皆無でした。

温度管理も完璧で、美味いのは当然ながら、
新鮮で創意工夫も旅情もセンスも感じられ、
何より「間」が素晴らしく、完走できました。(ほっ)



テーブルの用意も整ったようです。







長~いメニュー、最後まで走りきれるか。







先付け:玉手箱のよう:丁寧な仕事ぶり。



柿と鮑白和え、銀杏、蟹身椎茸包み、豚かなっぺ、海老塩等々・・・。





牡蠣フライ:広島だけにね~。かなり直球だな。(笑)







小鯵洗い。新鮮~。







穴子二味焼き。香ばし~。







ワインリストは良心的:泡はMVを。







鱧の土瓶蒸し。







おこぜのお造りにかんどー。ふぐより旨し。塩ぽんずで。







旅宿っぽいプレゼン。







牛ロースの網焼き。@もみじ皿。







ここらで20K地点通過か。








お凌ぎ:鮑蒸し。







さわらの西京漬け。心に残るうまさ。







「ここの料理も器も、この宿そのものだね」(By 相方)



素朴ながら洗練、遊び心もあり、やりすぎ感が無い。





煮物:穴子なると巻き&伊勢えび。これもとろけた~。







酢の物:紅鮭。







:emojiheartsmall: そして、名物:穴子釜炊き御飯。







さすがに、ワタシはギブ。



相方は完食なり。残ったらお握りにしてくれます。





デザートも◎。







メニュー構成&リズム感がイイ!



途中でダレルことなく、おみそれしやした~。





朝でございます。おめざです。







ご用意ございます。







細部までぬかりなく、色々書きたいことテンコ盛りなんですが、







切りないので、ここらで〆です。



お客様に楽しんでいただこうって気持ち、十分伝わりましたよ。
リーズナブルな料金設定で、よくここまで出来るなと感心。
(今見たら、わたし達の部屋って一番お安いカテなのね。お値打ち!)




噂にたがわず、素敵なお食事&Hospitalityでございました。



※ちなみにこちらは、松竹梅の松コースです。
ふつーのバージョンアップ無しプランでも、
小食な方は、十分美味堪能可能かと。




もちろん、お弁当を受け取り・・・







最後の最後まで、やられっぱなし感満載。




古稀庵~ふかほり邸~石亭

2012温泉編3宿、これにて

<完>。

:emojionsen: ニッポン温泉トリップのご参考になれば幸いです。





京都&東京食い倒れ紀行は、後ほど。

Have A Nice Trip! イイ旅を。 :emojiface_cyu2:


:emojixmastree: さて、ツリーでも出すか。(ぼそっ)

安庵@隠れ家

日本から戻って2週間経つというのに、
どーしても後600グラムが戻らないっ。

これから年末年始にかけてパーチー・シーズンだけに、
なんとか今年中に2KG落としたいところです。

&今年中に日本紀行ブログを終了したいとこです。

(温泉特集を始めたら、北米からのアクセスが急増にて、
日本へのお里帰りトリップのヘルプになれば幸いです。)


:emojionsen: :emojionsen: :emojionsen: :emojionsen: :emojionsen: :emojionsen:


さて、ちゃちゃっと続きを。


お部屋に参りましょう。



隠れ家っぽい。






安庵は以前、プライベートなラウンジ&オーナーの書斎だったそう。








メゾネットです。









1階が温泉露天(掛け流しではない)&カウチ&バスルーム&檜風呂。



※確か温泉引いてあるのは、ここを入れて2部屋のみ。





バー&スツール。








小ぶりながら総ガラス張りのせいか、広がり感じます。



古いけど、清潔にリモデルしてあります。




2階がダイニング。








屋根裏部屋ちっくなベッドルーム。







雰囲気ありますね。








宮島も見えます。







露天を見下ろして。







お着き菓子。アイス最中&わらびもち:うまーっ。








「ここ絶対に食事うまいでー」と早くも断言な相方。







泡をいただき、お食事タイム。




こちらさんは今更ワタシが言うまでもなく、
オーナー初めスタッフが素晴らしい。

ご主人(上野さん)とメールのやり取りの段階から、
「絶対行こう!」って思わせる何かがありました。

そこまでハードが充実しているわけでも無いのに、
長らく人気の理由がわかりましたわ。

よくあるお仕着せのマニュアルではなく、
優しく旅人に寄り添う、素敵なお宿。

根強いリピーターに支えられているはずです。 :emojiface_cyu2:


<続>

庭園の宿

今回の宿選びは、アクセス重視にて、
流れるような旅程となりました。


①山口:お部屋(プール)チョイス

②福岡:部屋風呂&湯質チョイス

で、最後は

③広島:お食事重視で選んだお宿です。


ず~っとず~っと訪れたかった「石亭」さん。

お食事の定評は以前から聞き及んでおりました。

オーナーはあなごメシの上野さん、期待せずにはいられません。

中国地方を代表する、あまりにも有名な老舗ですが、
どうしてもオット好みの部屋とは思えず、長らく縁がありませんでした。

が、昨年からプライベート・ラウンジ&オーナーの書斎をリモデルした、
チマタで話題の部屋が宿泊解禁と聞き、
これならOK出るかな~と馳せ参じた次第です。

こちらも食事目当てに、連泊者が多い宿で知られています。


対岸に宮島を望むラウンジ。







お庭散策。







きーんと、秋晴れ~♪








小さなラウンジがひっそり点在。







こちらでもお酒なぞ。







池の周りにぐるりと低層なお部屋が。それそれ違うインテリアだそう。








さて、 :emojisake: 利き酒に参入。








Dinnerのお酒を選べます。








:emojibeer: 湯上り生ビもサービスちう。



※ちびグラスがセルフのタダ&大が600円。
ケチなお方はチビを往復してね。
ワタシは面倒くさいので大オーダーしたら、オッサン(相方)に叱られた。(笑)





さて、そろそろお部屋に。







古いから心配してたけど、
相方いわく「俵屋に空気感が似てる」とのこと。



なんか言いたいこと、わかるわ。
前面に出てこないけれど、オーナーの息吹が感じられる。
(俵屋さんほどの洗練はありませんが)
その分、旅情も上々。

そーいえば、俵屋全ての部屋を制覇した方のブログにも、
こちらに連泊した記事ありましたわ。


ロングセラーのニッポンの名宿、納得です。




ちなみに、この部屋の予約@秋の行楽シーズン=困難!

我が家は夏に打診したところ、たまたまこの日だけキャンセルあり。

正直、この部屋でなければ、訪れていなかったと思う。


<続> :emojiface_cyu2:

Overall, good value

今年のハワイはクリスマスツリー不足にて、
サンクス・ギビングの翌日には既にSOLD OUTですって。

毎度しっかり出遅れ気味にて、ヤル気ねー状態のワタクシです。


:emojixmastree: :emojixmastree: :emojixmastree: :emojixmastree: :emojixmastree:


さて、約1かっぽーY様がお待ちかねのようですので、
さくさく~っと〆ましょう。(笑)


暖炉に火が入り、







そろそろ夕餉となりました。








お食事何処でいただきます。







お庭と反対側の半個室でした。







きりりとランソンが冷えていました。







バカラのグラスでかんぺー。







赤ワも待機ちう。







お献立。



ふぐちりコースもありましたが、あえて普通のを。

連泊する方には、鉄板もあるそうです。



さぁ、いただきましょう。







鮑クリーム和え。







前菜:蟹真薯、鳥チーズ巻き、落花生、河豚馬関造り、平太郎
とお品書きにあります。







お造り:とても新鮮でした。



鯛、鮪、ヒラマサ、烏賊、車えび、鳥貝等々・・・盛りだくさん。





てっさは別注。







おしのぎ:野菜にぎり。







豚の角煮:馬鈴薯ソース。







別注:河豚の白子。醤油&レモン塩。ぷっくりとろける~。







山海蒸し。







河豚のから揚げ。








黒毛和牛ロースト。






ここら辺りから記憶無し。



アイスクリームも食べた模様。




朝食。







朝ビなメニュー。



焼き魚(ふぐ一夜干し)&湯豆腐&煮物もありました。





ふー、ごちでした。



これと言ってパンチ(死語?)に欠けるけど、
ソツないメニューは万人受けすると思います。

温泉宿のお食事としては上々、
作り置き感はなく、丁寧に仕事してあります。

こちらのお宿チョイスはお部屋第一で、
あんまり食には期待していなかったのですが、
十分美味しくいただけました。

何より、きりっと教育されたスタッフのサーブが心に残り、
間の取り方も完璧で気持ち良く過ごせました。

ホテルライクなプロの対応を好むオットにして、
「ここなら2泊してもイイ」という感想が。

どなたかもおっしゃっていましたが、
名宿の素質十分にて、全国区で健闘可能かと。

(※ただし、街中なので旅情は乏しいかも。)

ノッテル宿独特のPositiveな「気」がスタッフ全体から感じられ、
今まさに「旬」、Overallで良いお宿だと思います。



アクセスも良いし、これからも当分、人気が続きそうな「古稀庵」さんでした。

流れるように旅する身としては、出だしは上々。


さて、お次は湯質重視で選んだ全く違うテイストの1軒です。


多分、続。 :emojiface_cyu2:

お篭り宿

それでは、お部屋に参りましょ。



カーペットの萩=山口?




回廊。







突き当たりが大浴場。



ホームメードのバニラアイス旨かったぜ(By 相方)と報告あり。




満室なのに、誰も居ない。



みんなオコモリしている模様。




露天もありました。







湯上り処。



ソフトドリンクのサービス。




おざましま~す。








8畳和室+ベッド+リビング。



69平米だけど、ラナイのお陰で、100くらいあるように感じた。





ラナイ+プール。



地下水を33度程度にしているそうな。

相方いわく、全くカルキ臭無しで、泳いでて肌が滑らかで、
めっちゃ気持ちよく、初めての経験だそうな。




Wシンク+シャワー+風呂の動線。



これは、昨年の赤倉にそっくり@石井さん。





豊富な源泉かけ流しの半露天+プール。



さらりと無色透明&無味無臭。





風呂→ラナイ→プールの動線=◎。







ベッド。石やら布やら山口産を意識しているのかな。







ネスプレッソや冷蔵庫(ソフトドリンクのみフリー)。



ビアの値段も良心的であったが、
ケチなおっさんはコンビニ(徒歩1分)に出向いてた。(笑)




TVの下にはガスの暖炉。



これも赤倉を彷彿:デザイン担当者が同じ?





食事以外、ず~っと部屋に篭ってました+オッサンは泳ぎっぱなし。



旅館というよりは、お家みたいで寛げました。

ワイアレス完備なので、さくさく~っと仕事も捗りました。


満室でも、人に遭わぬ宿です。

(※が、夏休みはガラリと全く様相が異なるそうな。
お子様天国にて、クレームも少なくないそうな。
一休の口コミにもお怒りモードのコメありましたわ。)



晩秋はひっそりと大人な客層にて、お薦めでありました。 :emojiface_cyu2:






<続>