弾丸@Yokohama

相方が今回の目的を果たしたことだし、

最後の夜はホテルの真下の焼肉屋に繰り出しました。

午後9時集合とか、我々には珍しく。






懐かしのトラジ。

HNL店はあえなく閉店となりましたが、長らく贔屓にしてました。

17











トラジと言えば、ねぎばか。

18












横浜住みの妹達もさくっと駆けつけました。

19













11時閉店だから、がんがんいっとこ。

20










炙り寿司。

21











明太ポテト。

22











魚貝。

23











和牛盛り。

24










きゅうり1本丸齧り。

25










冷麺で〆。

26

慌しく、楽しかった♪













☆最後のランチ、回るお寿司はイヤと言うので、

日曜日もオープンしてる、こちらにお連れしやした。

27










横浜駅に近い「縁(えにし)」さん。

個人的には☆取ってもイイお店だと思います。

繊細でしみじみ魚旨し。※写真はNG。

28


ふー、最後の最後まで大満足の欲張り弾丸でした。

「これから日本は3泊でもイイな」とか言ってるし・・・。

でもね、なかなか充実してましたよ。

相方の野暮用に付き合い、急に決まったショートトリップでしたが、

その合間を縫って、アンダズ泊まって、温泉行って、寿司2回、鰻、焼肉食べて、

家族と会って、新橋魚金で忘年会やって、甥っ子にお年玉あげて、

泳いで走って歌って、ドラッグストアで爆買い+デパ地下3軒はしごって、すごくない?

日本人観光客が朝から晩までハワイでびっちり予定詰めてる気持ち、

すっげー理解できてた。(笑)





中身が濃い~3日間でした。短すぎて時差ぼけになる閑無し。

29

今年は初めて、3度も日本に行ってしまった。めでたし。

ALOHA!


ホテルアソシア新横浜

小田原から新幹線で一駅、16分で新横浜に到着。(近っ)

みなとみらいは土曜日でホテルが空いていませんでした。

イルミネーション目当てに、恋人達がお泊りでもするんだろか?

それともC国の方達が占めているんだろか。

で、初めての新横泊ですが、便利で気に入りました。

駅ウエだし、ビックカメラやユニクロや高島屋フードメゾンやレストラン街もあるし、

時間の無い我々にはぴったりで。






高級ビジホの枠?一応マリオット系らしい。

12












こじんまりのフロント、スタッフもてきぱき。

13











Securityもちゃんと。

14













おざましますです。

01












ぎりぎり最後の一部屋でノーチョイスでした。

02

エグゼクティブダブル 51平米ですって。











コーナーだから広く感じる。

03












みなとみらいが見えます。

08













西日なデスク周り。

06











お、Wシンク。

09











日本式な洗い場のバス。一応ビューあり。

11

出来て2年だったかな、新しくて清潔で気持ちイイです。

とりあえず快適に過ごせるように全て揃っているので、合格。











ゲストはフリードリンク&朝食付き。

16











「東京のホテルは高いから、これからは新横でイイよ」ですと。

15



そうね、次回はラーメン博物館に行ってみよか。(笑)

金谷ごはん

今回の宿は、軽井沢が3世代集結ヴィラ、

里山が絶景露天、ゆめやが離れ&食事、

鬼怒川は紅葉ロケーションで選び、

金谷の食事は全然期待していませんでした。

が、「ふつーにOKじゃん」(By 相方)とのご感想があり一安心。




ジョン金谷スタイルの夕食って?

コンセプトは、East Meets West ですってよ。

まずはラウンジで、アミューズ&食前酒をいただきました。

a50







その後は料亭風の個室に移動。

a51







前菜。

a52







これが噂の金谷エッグね。

西洋茶碗蒸し風?海胆が練りこんであるのかな?

a53






なんだろ@秋っぽいもん。(失念)

a54






しんじょ。(多分)

a55







栃木は海無し県なのに、お造りは上々。

毎朝築地から仕入れているそう。

a56







栃木牛のしゃぶ。

a57







金谷の100年カレーも有名だが、ご存知とろとろ・ビーフシチュー。

a58







チョークヒルがお似合い♪

a59







お口直しのそーべ。

a60







葉っぱの中身はサーモン。

a61







魚介のムース。(多分)

a62






〆。

a63






もれなくアニバーサリー祭り実施ちう。

a64






柿アイス。

a65






ラウンジでお茶や食後酒をいただくスタイル。

a66








シガールームも。

a77








例のたっけーショコラがテンコ盛り。

a67








うしし欲張りなアッシ。

a68






部屋に戻ると夜食が。やっぱココ旅館だ。(笑)

a69






朝よー。

a70






今日もイイ天気。

a71






お腹すいたー。

a72








よくある温泉宿の朝食。湯豆腐などもあり。

a73

金谷ブレッドの洋食の方が人気だった模様。






なっとー美味かった。(By 相方)

a74


そーいえば、あんだけ大風呂におばちゃん軍団が居たのに、

ラウンジやレストランは始終ひっそりと、家族連れや団体は一切見かけなかった。

思うに、最近のよくある経営スタイルで、(明神館とか)

一つの宿の中に従来どおりの旅館+手を加えたグレードの高い部屋が存在してるのかと。

丹下先生の品格あるリノベはパブリック部分+クラブフロアのみで、

サービスも料金も差別・区別化していると推測。




昨日何気に某宿サイトの口コミを見たところ、

最初に通された部屋が酷かったので追加料金でUPを申し出たところ、

その違いに驚いたって書いてあった。

それゆえ評価のブレが出てくるのかと。

個人的には、とても素敵な大人の宿だと思いました。

印象としては、箱根のハイアットに品を加え、ラナイ&露天を付けた感じ。

チェックインからアウトまで、都会のホテルと比較しても遜色無い対応で驚き。



鬼怒川この時期に行けてよかった。

しかし、すっかり錆びれきった温泉街で、この宿だけ浮いてた。

a75

日本の温泉地巡りしてると、廃業→廃墟で街が寂れてて哀しい。

特にリーマンショック+震災後は、何処も生き残りを賭けて大変そう。

まあだから、時代は☆のさんのような人を求めていたのだろう。

再生やさんとして好きでは無いけど、実績は素直に認めます。ハイ。





さて東京帰るべ。

a76


温泉編はこれにて〆。

来年も泊まりたい宿の泊まりたい部屋に泊まれる程度に、

「仕事してね」って抱負を伝えたツマでした。


<続>

渓谷の宿

さて、お部屋へ。

最上階のコーナールームでした。

a26

クラブフロアとのことですが、おそらくインテリアのグレードが違うのかな。






リビング+ラナイ。

a27








ジャパネスクな色味、落ち着くね。デザイン担当は丹下設計でしたか。

a28

古いホテルをリノベすると、どーしてもアラが見え隠れするのだが、

ここは隅々まで快適だし、フロアプランも無理が無い。

以前のインテリアはどんなんだったのか、興味あるわ。

様々なタイプの部屋があり、各世代に対応OKっていうのもイイね。






こっくりショコラ色の寝室。

a29







玉手箱の中身はお着き菓子。

a30







シングルシンクですが、広々と使い勝手の良い床暖房のドレッシングルーム。

a31

アメニティ&ガウンやタオルの質:パーフェクト。






極楽風呂~♪ 心なしか大浴場よりシットリ感じる。

a32







朝から気分上がる~。

a33







風呂と繋がってるラナイ。広々と開放的で、よく出来ている。

もしかして日本では珍しく長居したくなるベランダ。

積雪もあるだろうに、思い切ったデザインで気に入りました♪

a34







見飽きない、山の移ろい。

a35







美しい鬼怒川ビュー。

a36







ここは是非、この時期に。

a37

訪ねてヨカッタ。


☆でもなんつーか、あれだ。

彼の愛したショコラやら土産もんを初めとし、

全館「ジョン金谷」のコンセプトを打ち出し、なかなかビジネス上手。

御本家の日光金谷は衰退が指摘されているが、こっちは元気そう。

新生・鬼怒川金谷を見ずして亡くなったらしいが、ジョンさんの世界が継がれお喜びだろう。

<続>


鬼怒川金谷ホテル

失礼な話だが、

「寂れた温泉街にある、ぱっとしない観光ホテル」

というのが長らく我々の持っていたイメージだった。

よくあるでしょ、忘れ去られたクラッシック・ホテル。

ある年齢以上のゲストの憧憬と回顧にかろうじて支えられているものの、

しかし実際にはプライドだけ高く、終わった感満載みたいな。

イイ意味で軽く裏切られましたわ。



レクサスでのお出迎えから見送りまで、若いスタッフもぱりっとしていて、

「なにココ、ちゃんとしたホテルじゃん」と相方も一瞬驚いてた。(笑)




広々としたラウンジで、

a14







ソフトドリンクのサービス等あり。

a15







しっとり落ち着く空間。

a16







お茶をいただきました。

a17







やっぱ旅館なんだろか。

a18







夏はラナイも素敵そう。

a19







すぐ下が鬼怒川ライン下りの船着場。

a20






大風呂をチェックしてみた。

a21






その①

a22







その②

a23







その③

a24


ここもおばちゃん率高くて、結局一度のみ利用。

気のせいか部屋風呂の方が、とろりと湯質が良かった。

みんな浴衣で館内うろついてるから、旅館なんだろね。




それでは、お部屋に。

雰囲気がなんとなく京都のハイアットに似てるねと言うと、

「こっちの方が品あるし、お金かかってる」ですって。

a25


今回も全くキャラ違いの宿ばかりで「飽きなかった」(BY 相方)そう。

それを聞き安心した。

一度でもハズスと「はい終了~」って、次が無いだけに・・・。(笑)


☆周りの在住者達も秋はお里帰りで日本列島温泉三昧してる♪

ニッポンの夏&冬は過酷過ぎるし、春は鼻むずるし、梅雨はうっとうしい。

っつーことで、必然的に秋&初夏の旅になる。ベストシーズンLOVE。


<続>