The Ritz Carlton Osaka

クラブフロアはラウンジから階段で繋がっていて便利でした。

41













ジュニアスイート。10月の週末はほぼ満室で、ノーチョイス。

42











バスルームは変化無し(多分)。

43












70平米弱のコーナールーム。

44







 



以前は花柄のチェアがあった記憶が。

若干シンプルにリノベした模様。

45











チョコレート美味。

46











ベッド高し。

47











窓際にデスク。

48












北側の窓から見える山と川、原先生の空中庭園、懐かしいです。

49


リッツは少々不便なロケーションなので、次回は何処に泊まりましょうか。

W Osakaが心斎橋に開業するって言う話はどうなりました?

吉本に近いホテルにしてよ。(By相方)


good luck & Aloha!

ザ・リッツカールトン大阪

最近の大阪はICとセントレジス、コンラッドに泊まったので、久々にリッツに再訪です。

NY同時多発テロ直後に宿泊した記憶があるので、なんと17年振りです。

28

当時は東京を差し置き、何故に大阪に初リッツと話題になりましたね。

現在は大阪・東京・京都・沖縄に続き、九州や日光や北海道でしたか?楽しみです。

(ハワイのリッツはリッツに在らず、別モンかと・・・以下自粛。)









相方に至っては宿泊記憶が喪失。

29











フロント。

30











早朝なので無人ですが、普段は人が溢れてます。

31













軽やかなモダンスタイルが主流の時代に、重厚ヨーロピアンは意外に新鮮。

32











エレベーターホールも仄暗くエレガント。

33













打って変わって明るいラウンジ階。

34











最近リノベされたそうな。グレーのグラデーション・シンプルで柔らかい色味が今っぽい。

35

アプリコット色のチェアとドレイパリーが引き締め役。








チェックインはアフタヌーンティタイム。

36










とりあえず乾杯。(スパークリングは甘すぎ)

37











1日5回のプレゼンテーションだそうで、

38











イブニングと朝食を試しましたが、あまりフードには力を入れてない模様で見劣り。

39












美男美女の洗練スタッフは健在で、

ICやコンラッドのカジュアル路線とは一線を画し、格違いとプライドを実感。

そー言えば他と違い、こちらは微かな関西弁もスタッフから聞くことは無く。

40

が、プールやフィットネスは古くて貧弱、食指動かず写真撮る気になりませんでした。

そちらはリノベ未定なのでしょうか。

 

ながほり

ダメ元で電話したところ、カウンター2時間のみOKと言う事でラッキーに滑り込み。

あまりにも有名な(高級)居酒屋ですが、一人で辿り着く自信無しのロケーション。

16












旧友と乾杯♪。

17












突き出し:葡萄ごまだれ&こんにゃく。

18











渡り蟹:ほぼワタシが独占。処理が本当に上手。

19










毛蟹。

20









チーズ春巻き。

21









刺し盛り。

22











日本酒中心ですがワインも在ります。

23










蕪&柿のサラダ。

24










ロースト牛。

25












山椒の利いた野菜のあんかけ。食べるのと喋るのに忙しく写真は以上。

26

ここは何をオーダーしてもハズレ無し。

御主人のセンスが光る居心地の良いお店、他にも食べたいメニューがずらり。

鋭いけど、尖がってない雰囲気が寛げて素敵。

次回は是非じっくりと。










早めのお開きだったので、ラウンジに間に合いました。

27

大阪は美味しく楽しい。行く度にどんどん好きになる。

若い頃は何故か避けていた・・・すびませんっ。


good luck & aloha!


大阪LOVE

相方切望のコチラ~。

01











開演まで時間あるのでほろほろ~。

02

「日本ちゃうやん。東南アジアみたいやなぁ」(by相方)ですと。








じっと立ち止まる人。

03










テキトーに昼呑み。

04










あて:蛍烏賊。

05










2度漬けお断り。

06










ねぎ焼き。

07









もう一軒いこ。

08









おこのみ。

09









牡蠣焼き。

10









たたきはもひとつやな。

11










たこ焼きもいっとこ。

12










最後の最後までソウルフードにご満悦。

13










この日は大者揃いで大入りSOLD OUT。

14











やっぱライブは違うわ。マジでカンドーしたッ。

TVで観るより皆さん迫力と毒があり活き活きしてる。

全国放送だと、東京風に加減した喋りなのかも知れないね。

15

観客の反応が面白く芸人との距離感が絶妙で興味深い。

引き付けて寄り添ったかと思うと突き放す、落として拾い上げて更に突き飛ばす。

幾つか周りの笑いについて行けない場面あり、自分はまだまだ初心者だと実感。

次回は3日くらい通いたい。


PS>30年前に初めて吉本新喜劇を見て、相方がお腹抱えて笑ってる意味がわからなかった。全然面白いと思わなかった。あほやなーおもろないのがおもろいんやでーって言われた。今ならちょっとわかる。大阪弁奥深し。


Good Luck & Aloha!




 

有馬山叢 御所別墅

初・有馬温泉です。

初・関西の温泉です。(多分)

こんなに関西弁の飛び交ってる温泉街は初めてです。

01

「なんやろー落ち着くわ~」(By相方)だそうです。












喧騒を離れたロケーション。外国人の別荘地跡と何処かで読んだ記憶が。

02













第一希望の宿は満室で、第2希望のこちらも最後の一部屋でした。有馬は人気あるのね。

03












山荘風のラウンジ。

04












お茶をいただき、

05











お部屋に行く途中。

06












お風呂を覗いてみました。

07












おお。

08


初めての金泉です。