おーがにっく宿ごはん

さて、ふかほりさんの〆です。

最初に言ってしまうと、ここはコンセプトに揺らぎない、
身体優し系のメシなので、大きく評価は分かれるとこでしょう。

基本素材:オーガニック&自家農園&地産のみ。

日本全国から美味いもんを集結させる宿の、真逆ですわ。


好きな人はべた褒めで何度も長逗留するし、
そうでない人は最初から興味なしと。

ある種今風で、洗練されて新感覚と言う人あれば、
物足りないという人も居るでしょう。

我々に関して言えば、助かりました。(ホント)

だって、あなた、

9日間連続、朝から晩まで、ご馳走攻めなんですからっ。

前後びっちり会食やら宴会やら温泉やらホテルやらで、
息も絶え絶え~(笑)にて、こんな小休止も必要かと。




それでは、お夕食。







母屋でいただきます。







なかなか趣きある空間です。







小鉢:菜の花と椎茸のおろし和え







前菜:ほっき貝酢味噌、柿白和え、野菜ゼリー寄せ等々・・・



丁寧に丁寧にこさえてあります。






椀物:蟹真丈。








天然トラフグの昆布〆。








冬瓜のはと麦吉野煮。








きなこ豚杉板焼き。








スッポン。もちろん、こちらのファーム内から。



とろとろでした。






野菜色々。こちらもファームのです。








黒毛和牛青唐辛子ソース。








銀杏ごはん。








洋ナシのシャーベット。







ごっそーさん。








よろよろ庭を歩いてたら、温泉ゆで卵を勧められました。



はい、遠慮なく。





朝風呂~。



:emojiheartsmall: とろとろ~湯質はマイ・ベスト#3に入ります。






昨晩全く胃もたれしなかっただけに、食欲旺盛。



雑穀米よ。






産みたてエッグは焼いてもらいました。









ホームメードの塩豆腐、うま。



博多マダムは、わざわざ胚芽パンやら豆腐やら買いに来るんですってさ。

素材の旨みだけで勝負するのって、チャレンジャーやなぁ。(ぼそっ)

でも、今風といえば、そうだよね。

フレンチの鉄人なんかも、こーいう流れになってきてるし。

キャラがしっかり立ってるから、人気あるんでしょう。

お湯+ごはんの拘りには、中途半端感無し。5部屋のみで、ゼイタクなお宿。

オープンして数年で、既に北九州を代表する宿にランクインする勢いです。

アクセス良好だし、心身疲れ切った都会の戦士にお薦め~。

ご馳走疲れせず、癒され度150%。




お部屋に、この本がありました。



流行といえば、今まさにっ。

オーナーさんが雑穀屋さんだけに。





ホームで昼ビして、







お宿の雑穀いなりをいただき、体調も整ったことですし、




さて、これから4日間は怒涛のご馳走攻めと、あいなります~。


いざ、出陣っ! :emojiface_cyu2:

温泉生活

:emojisun: おはよーっ。今日も快晴@ホノルル!



今年も残り一ヶ月となりました。師走ですよ、師走!(焦)



:emojionsen: :emojionsen: :emojionsen: :emojionsen: :emojionsen:


さて、ふかほり邸のお部屋に。ワイルドな小道を抜けて。



ぽつんぽつんと、5部屋点在しています。
週末だというのに、こちらも人に遭わぬ宿でした。




玄関前。







おざましますです。マッサージチェアがお出迎え。(笑)







自然素材を意識した素朴なインテリア:5部屋異なります。



こちらはあっさりと、白木&漆喰。






おこたに中るの、何年ぶりだろー。



二人して、ミョーにハマッテしまいましたわ。 :emojiface_glad2: :emojibeer:





奥がベッドルーム。








落ち着きます。







デッキ+庭。







チェイス(寝椅子)もありました。







Wシンク。







:emojionsen: そして、待望のお風呂。もちろん、源泉かけ流し~♪



たっぷりとゼイタク過ぎる~。田園温泉おそるべし!





露天も4人で十分な広さ。とろとろと、ず~っと浸かっていたい。




:emojiheartsmall: ここんちの湯は、化粧水を通り越して、乳液レベルのぬるぬる~。
もちろん、お肌もすべすべ&しっとり初体験。

あまりのぬるぬる具合に、足元要注意!(滑ります)




マッタリ寛ぎすぎる宿、連泊するの、わかるわー。



どこか懐かしく、身体も心も癒されます。



オーガニックなお食事に続。 :emojiface_cyu2:

田園の旧家

さて、お次はうって変わって、素朴な癒し系宿に参りましょ。

九州新幹線のおかげで、新山口から久留米まで1時間余り。



ローカル線に乗り換えました。




ご到着~。

ずっと訪れたかった「ふかほり邸」さんです。



道中スタッフから仕入れたインフォによれば、
ふかほりさんって、この辺りでは有名な旧家で、
広大な代々の土地を持て余していたそうな。

で、オーガニックな食品会社を経営している方に託され、
4000坪に5部屋のお宿をスタートされたそうな。

田園温泉、まあ何とも優雅な庄屋さんですわ。


おざましま~す。









180年前の母屋をリモデルしたそう。








御飯炊くのね。







カウチに通され、







オーガニックなまんじゅうを。







ふらふらっと徘徊ちう。

森カフェ?







森ベーカリー?







試食させていただいたのですが、








いちじく田舎パン、うまーっ。



これにチーズ&ハム&ワインで完璧でしょう。(ルームサービスあり)





散策ちう。







地産なオーガニック・ファーム。



野菜やら鶏やら山羊やらスッポンやら豆腐やら・・・。





ついでに大風呂チェック。







こじんまり。







部屋風呂が充実してたから、使用せず。



:emojionsen: ここんちの温泉は、とろとろ~ぬるぬる~乳液のようです。 :emojiheartsmall:


のどかな田園地帯の旧家には、
癒しを求めて連泊するお客様が多いそうな。

:emojishinkansen: 博多から久留米はなんと新幹線で18分!

まだまだ知らないお宿がありそうですね・・・。


お部屋に続。 :emojiface_cyu2:

鹿児島ごはん@石原荘

たっぷりお湯に浸かったことですし、そろそろお腹もすいてきました。






石蔵のお客さんは基本・部屋だしとのことですが、
食事処を好む相方ゆえ、あえてリクエストしました。







おざましますです。







グラス・ブリキ・木材・鉄と、異なるマテリアルで仕切ってあり、
それぞれ違うしつらいです。








一番奥の川沿いの堀こたつを用意してくださいました。



ま、おひとつ、竹酒なぞ。





お献立。



丁寧につくってある、身体に優しい郷土料理でした。






アペ盛り。







柿の白和え~かますの焼き目鮨等々。







これなんだろう?湯葉かな。失念。







ワタシは持参のCAワイン(お持込料1500円なり)+
相方は焼酎を。薩摩切子のグラス、かわいい。






地鶏蕎麦・自然薯寄せ。これ、好き。






本日の鮮魚はジュレで。






アマダイの葛仕立て。







鹿児島黒牛の鉄板焼き。
「これなら、黒豚を食いたかった」(By 相方)だそうです。







グレープフルーツと短冊野菜&ちびたお赤飯。







地鶏つくねときのこ鍋・・・さすがに苦しくなってまいりました。



この後、おうどん&赤出汁&ご飯等々。




デザートはお部屋でいただきました。
かぼちゃプリン、うまー。






チーズケーキは翌朝に。(満)






一夜明けて、






ほう、こんなに川の真横だったんだぁ。(驚)






朝になると食欲回復しているのが、不思議だわ。(笑)







ここんちの器は素敵。欲しいもんばっかりです。







ほっこり蕪も、






温泉湯豆腐も、







釜炊きご飯も美味しくいただきました。



が、しかーし、薩摩揚げが出てこないのは何故?!
石原荘といえば、朝っぱらから新鮮ぷりぷりなお揚げを、
各自じゅーじゅー炙りながら、はふはふっていうのが有名なはず。

そーいえば何処かで読んだ記憶が蘇りましたわ。
九州を旅すると、これでもかーと薩摩揚げが出て飽きるので、
うちはお出しするの止めました、みたいな記事。
ここの女将さんだったかな。うーん、残念。


気を取り直して、ごっそーさんでした。






とろとろ~っと、ずっと居たくなるお宿でした。



新しいのに、走りすぎていず、居心地良いお部屋。
気が利くのに、押し付けがましくない、さりげないサービス。
野趣に富んでいるけれど、繊細なセンスも感じる。

ホスピタリティ、湯質、しつらい、旅情も上々。

全てが程よくバランス良く、上質の宿かと思います。




ほっこりと温かみのある、静かな川沿いの宿。
長年リピーターに支えられ、連泊する方が多いというのも納得。



コンラッド東京~サンカラ屋久島~石原荘で旅の前半は終了です。





:emojialeaf: 後半は紅葉@高原でしょか。




have a nice trip! イイ旅を。 :emojiface_cyu2:

もう一度泊まりたい宿

サンクス・ギビングにブラック・フライデーとくれば、
もう今年も終わりですね。

なんとか、無事にトシを越せそうです。ふー。

***

今回の日本はホテルも含めると、6箇所訪れたのですが、
こちらが唯一100%自分のチョイスにて、思い入れたっぷり。

ず~っと行きたかった、妙見石原荘さん。

屋久島にしぶしぶ(内緒)付き合ったのも、
帰りに鹿児島に寄れる!と思ったから。

サンカラのスタッフいわく、
「石原荘さんに寄られるお客様、とても多いですよ~」とのこと。

いかにもって感じ。(笑)
宿好き(ウルサイ?)な人達が、セットにしそうな旅程ですもん。


鹿児島空港には、宿が手配してくれた車が待っていました。
20分ほどで、ご到着~♪






きりっと澄んだ空気。うーんイイ感じ。






フロント&お土産もセンスあるわ。







ウェルカム・ドリンク。






川向こうには、有名な雅叙苑さん。
こちらと梯子する方も多いそうな。






数年前に新設された、石蔵の棟。







おじゃましますです。







そう広くありませんが、すっきりとまとまってます。






走りすぎてなくて、落ち着くインテリア。
使い勝手も◎。







テーブルの上には、ちびなお稲荷さん。




黒糖ナッツやホームメイドのクッキーが。
ちなみに冷蔵庫の中身はフリーでした♪




後ろ奥がベッドルーム。







ぐっすり眠れました。







ダブルシンクの向こうがラナイ@川沿い。







寝椅子とかけ流し露天。







二人で丁度ぴったりの大きさ。



ここんちは炭酸のようなお湯で有名です。
しゅわしゅわ~っと、ラムネみたい。
(ばぶの50倍の効果なんですって!)



それでは、探検ちう。







階段を下りると、







ごーごーと川沿いにある足湯。迫力。






涼みちう。







緑の回廊を抜けると、






立派な涼み所。






こちらが大浴場。







そして、有名な露天風呂。早くも相方約1名様。






ここ、すごいねー。






ほんと、来て良かったねー。






こちらは混浴。



ちなみに石蔵のお客さんのチェックインは早めで、
更に「お好きな時間にいらしてください」とのことで、
何処も二人貸切状態でありました。




緑を抜けて、






何処行くのかな~。






こちらが最近出来た、貸切風呂ね。






めちゃくちゃ素敵なSettingで、リラックス~。



こんだけ豊かな川沿いのロケーションを持っているって・・・!


普通はマガジンに載っているプロの写真が良すぎて、
実際に見ると落胆するもんですが、ここは違いました。
実物の方が数段上々。

ず~っと昔から訪れたかった石原荘さん、
老舗なのに常に手を加えているようで、新鮮です。
長らく人気なの、わかるわ~。



野趣溢れ&旅情たっぷり。

お食事編に続。