10月の御献立 竹林亭

湯上りで放心ビアをいただき、お待ちかねの夕食です。

25

ところで相方が三上 博史に似てると何度か言われた。

(劣化した)三上 博史なら何となくわかる。(笑)










お造りを一口食べた相方が「ここ美味しいね」と。

伊勢海老・鯛・ひらまさ。

26

古伊万里の器が素敵。









お通し・錦秋和え:いくら・しめ鯖・数の子他。

27










秋の菊。

29











萩しんじょ。

28












秋の鈴虫いやコオロギか。

30











鰈丹波焼き:栗・舞茸・蟹身。初めていただきました。

31











白菊まんじゅう:ホタテ・百合根

32

どれもお味がぴたっとキマッテル。








蒸し物:松茸・車海老・あら。

34











佐賀牛ヒレ肉。

36










基本をきっちり押さえていて遊び心もあり、

九州の宿で素直に美味しいとの感想を聞くのは初めてかも。

器もセンスがあって、目も舌も楽しめました。

38

若いスタッフの所作も爽やかでゲストとの距離の取り方が絶妙で、

会話も楽しく、しかし緊張は忘れない。

こんな田舎(失礼)で洗練の人材に恐れ入る。







酢の物:サーモン。

35











伊勢海老味噌汁。

37










豆乳プリン。

39


 







サービスで鯛の塩釜orケーキをと訊かれ、ケーキを選びました。

(が、鯛を試したかったかもと少々後悔)

40











おはよーございます。

41











朝食は至ってふつー。

42











佐賀のお米イケマスね。

43










ご馳走様でした。

44

ず~っと訪れたかった九州宿、ここは連泊したかった。

次回は是非、5月のつつじor11月の紅葉に。



最近のニッポンのサービス業に携わる若者達は繊細な対応で、

端正な顔立ちで身のこなしがとても優雅。

押し付けがましさとは無縁で、おもてなし業界やるなーって感心する。



good luck & aloha!

御船山楽園

竹林亭の4室は専用散策路のアクセスが可能です。



露天風呂の奥の庭の先

17













木戸を抜けると、

18











ダイレクトで御船山楽園に出ます。

19












閉園時でも朝夕好きな時間に散歩出来る素敵な特権です。

20












50万平米ですって。

21












宿泊者専用の御茶屋バー。

22












5月はつつじや大藤が見事で、紅葉のライトアップは物凄い人気だとか。

23










10月は中途半端な時期で紅葉は期待していませんでしたが、

たまたまプロジェクション・マッピングの最終日でした。

24

わらわら見物客が集まり想像以上に大掛かりな催しで、

感動して3回もリピートし、思いがけず楽しい夕べを過ごしました。

相方には「宿には大きな庭があるよ」とだけ告げ予備知識ゼロだったので、

単純に驚いていました。お気に召したようで何より。(笑)


御宿 竹林亭

何度も予約をしては取り消し、長らく御縁の無かった宿ですが、

今回は直前にもかかわらずキャンセルが出てラッキーでした。



落ち着いた、ザ・旅館のエントランス。

01












お香が焚き染められた畳廊下。

02












清らかな湯上りラウンジ。

03











リクエストした一番奥のお部屋。

04












4畳の控えの隣のベッドルーム。

05












自然光でお化粧出来るのが嬉しい。

06












和紙が柔らかい印象、京都の某宿を彷彿。

07













大きくとった窓が明るい10畳の和室。

08











観月台は50平米(トータルで128平米)高台の角部屋は広々。

09












床の間。

10














かわいい書院。

11











露天風呂。

12












皆さんのブログで拝見していたので、初めてって気がしません。

13











シンプルなシングルシンク+バスルーム。

14












湯・人・ロケーション・食・旅情、トータルでとても良い宿でした。

15

長らくリピーターに支えられているのも納得です。



<続>

美味しいニッポン・2018秋

今旅は再訪宿が多く、初宿は3軒のみ。

ご興味ある方は、ざっくりダイジェストでどうぞ~。



旅の始まりは東京・11年振りの再訪ですが、

インテリアがモダンテイストで明るい色味で広く感じます。

11












相方熱望の肉懐石。

12












蕩けるニッポン、やばし。

13











瀬戸内海を臨む宿。

15











何処かで見た事あるような鄙びた漁港にデジャブ。

14













ず~っと訪れたかった九州宿、

直前で諦めていたところ、たまたまキャンセルが出たと国際電話をいただきラッキー。

16











噂にたがわず素敵なSetting。ここは2泊したかったわ。

17











初・有馬。

32











しっとり大人山荘。

18












大阪最強!大阪弁・大好きになりました。

19











ソウルフード食べまくり。

27











吉本は3日くらい通いたい。

20











相方LOVEな大阪割烹で待ち合わせ。

21











2001年以来で17年振り!ラウンジが広々と一新。

22










修善寺も11年振りの再訪です。

23











シェフが何度か交代しテイストががらりと変りましたが、空気感は変らず。

24












相方が日本でもっとも好みの鰻屋さんに4年振りに寄り道。大満足。

25





 






旅の終わりは定宿で。

26












すし居酒屋で集合!美味で安過ぎて感動。

この盛りが2700円とは、一体全体どのような経済構造であろうか!ハワイなら$150ってとこかな。

28












あっと言う間の7泊9日。

29











〆はお馴染み店。最後の最後まで食べ狂った我々でした。

30











お誕生日7連発ありがとー。

31


もう思い残すことはございません。(うそ)


<続>

おーがにっく宿ごはん

さて、ふかほりさんの〆です。

最初に言ってしまうと、ここはコンセプトに揺らぎない、
身体優し系のメシなので、大きく評価は分かれるとこでしょう。

基本素材:オーガニック&自家農園&地産のみ。

日本全国から美味いもんを集結させる宿の、真逆ですわ。


好きな人はべた褒めで何度も長逗留するし、
そうでない人は最初から興味なしと。

ある種今風で、洗練されて新感覚と言う人あれば、
物足りないという人も居るでしょう。

我々に関して言えば、助かりました。(ホント)

だって、あなた、

9日間連続、朝から晩まで、ご馳走攻めなんですからっ。

前後びっちり会食やら宴会やら温泉やらホテルやらで、
息も絶え絶え~(笑)にて、こんな小休止も必要かと。




それでは、お夕食。







母屋でいただきます。







なかなか趣きある空間です。







小鉢:菜の花と椎茸のおろし和え







前菜:ほっき貝酢味噌、柿白和え、野菜ゼリー寄せ等々・・・



丁寧に丁寧にこさえてあります。






椀物:蟹真丈。








天然トラフグの昆布〆。








冬瓜のはと麦吉野煮。








きなこ豚杉板焼き。








スッポン。もちろん、こちらのファーム内から。



とろとろでした。






野菜色々。こちらもファームのです。








黒毛和牛青唐辛子ソース。








銀杏ごはん。








洋ナシのシャーベット。







ごっそーさん。








よろよろ庭を歩いてたら、温泉ゆで卵を勧められました。



はい、遠慮なく。





朝風呂~。



:emojiheartsmall: とろとろ~湯質はマイ・ベスト#3に入ります。






昨晩全く胃もたれしなかっただけに、食欲旺盛。



雑穀米よ。






産みたてエッグは焼いてもらいました。









ホームメードの塩豆腐、うま。



博多マダムは、わざわざ胚芽パンやら豆腐やら買いに来るんですってさ。

素材の旨みだけで勝負するのって、チャレンジャーやなぁ。(ぼそっ)

でも、今風といえば、そうだよね。

フレンチの鉄人なんかも、こーいう流れになってきてるし。

キャラがしっかり立ってるから、人気あるんでしょう。

お湯+ごはんの拘りには、中途半端感無し。5部屋のみで、ゼイタクなお宿。

オープンして数年で、既に北九州を代表する宿にランクインする勢いです。

アクセス良好だし、心身疲れ切った都会の戦士にお薦め~。

ご馳走疲れせず、癒され度150%。




お部屋に、この本がありました。



流行といえば、今まさにっ。

オーナーさんが雑穀屋さんだけに。





ホームで昼ビして、







お宿の雑穀いなりをいただき、体調も整ったことですし、




さて、これから4日間は怒涛のご馳走攻めと、あいなります~。


いざ、出陣っ! :emojiface_cyu2: