ARCANA IZU-2

ザ・スイート:86平米

川に面してリビング~ダイニング~ベッドルームと細長い配置。

10













デスク周り+暖炉。

11











コンドみたい。

12










キチネットからのダイニング。

13











お着き菓子。

14











ベッドルームからの

15












露天風呂。

18











Wシンク+ウォッシュレット着いてました。(開業時は無かった記憶)

16













バスルームからの温泉。

17











今から11月下旬は紅葉を向かえ繁忙MAXな頃でしょうか。

19











TV無いからゴウゴウ響く川音が心地よい。

20












11年振りで老朽化してたらイヤだなぁと心配していましたが、杞憂でした。

メンテナンスが完璧で時の経過を感じさせません。

21


極楽・極楽♪

<続>



 

ARCANA IZU

たまたま1部屋だけ空いていた「あさば」の撫子に宿泊予定でしたが、

食事に変化をつけたいとの要望で、久々にこちらに。

ブログを辿ると2007年10月に行った記録あり、11年振りの再訪。

01














湯ヶ島ってこんなに修善寺から遠かったかしら。

02

シンプルなファサード、今見ても見劣りせず。










懐かしい薪。

03











ところで湯ヶ島と言えば出逢い橋。(だそうで)

04












橋で出会った二人は結ばれる?ナイナイ。

08










無理矢理LOVEパワースポットになっている。(笑)

05












間違って他の部屋に入ろうとするオッサン。大丈夫?

06












こちらも最後の一部屋でした。

07


さあどんな感じでしょう。

<続>


 

うなぎ 桜家

相方が日本でもっとも好みだと言う鰻屋さん、4年振りの再訪。

01

↑新しく建ったコンドを見てすかさず「あれ幾らくらいなのかなー」と。ウナギ目当ての移住希望。(笑)










宿から予約を入れてもらったので5分待ちでした。

川沿いにずらりと長蛇はいつものことですが、平日なので警備のオジサンも穏やか。

02











1階のテーブルをリクエスト。(上階の畳は落ち着かず)

03










ビアのアテ:骨。

04












うまき・うざく、うまーっ。

05

ハワイで出てくるゴムのような鰻を思うと哀しくなる。ウナギに在らず。










半身の白焼き:清らかなお味。

06












相方はうな重3枚。

07











香ばしくてふわっ。(だそうです)

08











大満足・めでたし。

09












三島ってイイ処だよなー。(と必ず口にする)

富士の名水、鰻、温泉地も近くて最高だと思わない?

そうだねー新幹線通ってるし物価安そうだし、富士の雪解けの水路が本当に澄んでるし、

緑はあるし、道路広いし、晴天多く、人口密度低そうだし、人がのんびりしてる。

10

駅から1分の場所だけに、温泉の前後に便利です。

さあ腹ごしらえもしたし、修善寺に向かいましょう。




The Ritz Carlton Osaka

クラブフロアはラウンジから階段で繋がっていて便利でした。

41













ジュニアスイート。10月の週末はほぼ満室で、ノーチョイス。

42











バスルームは変化無し(多分)。

43












70平米弱のコーナールーム。

44







 



以前は花柄のチェアがあった記憶が。

若干シンプルにリノベした模様。

45











チョコレート美味。

46











ベッド高し。

47











窓際にデスク。

48












北側の窓から見える山と川、原先生の空中庭園、懐かしいです。

49


リッツは少々不便なロケーションなので、次回は何処に泊まりましょうか。

W Osakaが心斎橋に開業するって言う話はどうなりました?

吉本に近いホテルにしてよ。(By相方)


good luck & Aloha!

ザ・リッツカールトン大阪

最近の大阪はICとセントレジス、コンラッドに泊まったので、久々にリッツに再訪です。

NY同時多発テロ直後に宿泊した記憶があるので、なんと17年振りです。

28

当時は東京を差し置き、何故に大阪に初リッツと話題になりましたね。

現在は大阪・東京・京都・沖縄に続き、九州や日光や北海道でしたか?楽しみです。

(ハワイのリッツはリッツに在らず、別モンかと・・・以下自粛。)









相方に至っては宿泊記憶が喪失。

29











フロント。

30











早朝なので無人ですが、普段は人が溢れてます。

31













軽やかなモダンスタイルが主流の時代に、重厚ヨーロピアンは意外に新鮮。

32











エレベーターホールも仄暗くエレガント。

33













打って変わって明るいラウンジ階。

34











最近リノベされたそうな。グレーのグラデーション・シンプルで柔らかい色味が今っぽい。

35

アプリコット色のチェアとドレイパリーが引き締め役。








チェックインはアフタヌーンティタイム。

36










とりあえず乾杯。(スパークリングは甘すぎ)

37











1日5回のプレゼンテーションだそうで、

38











イブニングと朝食を試しましたが、あまりフードには力を入れてない模様で見劣り。

39












美男美女の洗練スタッフは健在で、

ICやコンラッドのカジュアル路線とは一線を画し、格違いとプライドを実感。

そー言えば他と違い、こちらは微かな関西弁もスタッフから聞くことは無く。

40

が、プールやフィットネスは古くて貧弱、食指動かず写真撮る気になりませんでした。

そちらはリノベ未定なのでしょうか。