夕朝食@瀧波

食事前に蕎麦打ちの実演がありました。

20












山形地産テンコ盛りのメニュー。

22












ライティングが上手。

23













菊祭り。<もってのほか>って知ってる?

24












秋の?失念。湯葉旨し。

25












蕎麦打ちのおじさんがソムリエに変身。

27












コーケージフィーは2000円だったかな。

26

ここ数年のベリンジャー・レゼルブの出来は安定&秀逸。まろやか・木目細やかでウェルバランス。












冷汁。

28












蕪。

29











焚き合わせ。

30











茸?

31










米沢牛。

32











つや姫新米。

33











芋煮汁。

34









デザートはぎぶ。

35

この後は蕎麦が振舞われましたが、遠慮しました。

偶然だと思いますが、カウンターに隣り合わせた他2組が、

うちと同じく夫婦+母親の組み合わせで、お互い笑ってしまった。

何となくそんな宿なんですわ。

静かに二人切りで食べたい人には、個室をお薦めいたします。







おはよー。

36











朝すとれっち@本日は快晴なり。

37











Yチェアの白木が清らか。

38











朝一でいただく我々。

39

朝の雲海ツアーをパスしたのですが、とってもキレイだったと聞き、少々後悔。












熱々の出し巻き&干物等々。

40











おまけ:花笠音頭を真剣に踊る相方、16番まであるよ。(笑)

21

スタッフさん達がゲストをもてなそうと頑張ってる感が伝わり過ぎて、

いけず~なnegativeコメントが書けません。

いや、こんだけ時間&$$$かけての大リノベーション&リニューアルですから、

若きオーナーの気合を感じます。

季節変動にめげず安定の稼働率に達しますよう、健闘を祈ります。




サンクスギビングまでに終われそうな気がして来た。

メデタシ。


good luck & aloha!




Kura 01 grand suite @ Takinami

本当に蔵だったのですね。

09












シリーズオブ和室をリノベした模様。正面奥が茶室。

10











3部屋ぶち抜き@トータルで104平米。

11










ベッドルームから。

12











かわいい茶室もありました。

13










エクストラベッドを入れていただき。

14











自然光が清々しいWシンク+シャワー。

15












コンコンと湧き出る蔵王石のお風呂。

16












デスク&水や、シンプルで使い勝手の良いフロアプラン。

17











3名でも快適でした。里山さんと異なり、素っ気なく無いし落ち着きます。

19











お風呂上りの1杯はたまりませんわ。

18

サンクスギビングまでに完了したいので、さくっといきます。


<続>

山形座 瀧波

坐漁荘もHiramatsu熱海も素敵な宿でしたが、泉質に少々不満が残り、

やはり東北にも寄りたくなりました。

JRグリーン乗り放題のレールパスも余っているし、行ける処まで行ってみましょう。

山形と言えば久々に名月荘辺りを候補に挙げたのですが、

初めての宿がイイと言うので、今夏リニューアルの古くて新しい宿へ。

赤湯駅から5分と言うアクセスの良さもポイントです。

(街中過ぎて相方は少々不満気でしたが、さくっと移動出来て楽でした。)







天気図を見たら、唯一東北のみド・ピーカン。老舗の大型旅館風の正面玄関。

01













おじゃましますです。

02












ずらりスワンチェアがお出迎え。

03












「昔の田舎のおじいちゃんちに似てるね」と母が呟く。なんか懐かしい感じする。

04













がっしりビームが艶やかな広間、移築された建物でしょうか。

05













やはり里山さんを彷彿。

06











小ぶりながら、つるすべ湯に満足。赤湯温泉は開湯920年(!)

07











蔵のようなほの暗い廊下。

08


さてお部屋へ。


<続>

竹泉荘でお食事

食前酒を呑み過ぎたので、

42












お食事処に向かいました。

43











ステーキコーナー。

44










バー。

45










宴会部長の妹が用意したワインが鎮座。

46











先付け&小鉢:青豆豆腐やホッキ貝。

47











あわびの肝素麺。

49











お造り、とてもイイですね。

51












焼き物八寸:鱒の南蛮焼き、海老真丈の鹿の子揚げ、

鴨チーズ、手まり寿司、仙台牛のミートパイ・・・

これで3人前+2人前=食べ応えあり。

52











CAワインに合います。

48












メインは仙台牛の鉄板焼き。

53












とろけます。

54


この後はご飯や赤出汁、香の物が続きました。

オープン当事の記憶としては、「夕食が貧弱」という印象でしたが、

今回は全く別物になっておりました。







ふー、ご馳走様でした。

55











お夜食のクロワッサン&デニッシュ=さっぱり美味だったそうです。

56











おはよーさん。

57










時差ぼけで午前1時起床、お腹すいた~。

58










こりゃ又、朝からご馳走。

59










2杯メシでもオカズ残りました。(笑)

60










ここの食事、体育会系の若者でも満足するレベル。

61












お迎えからお見送りまで、本当にパーフェクトでした。

隅々まで手を抜かず、すごい頑張ってると思います。

64













仙台駅でずんだアイス食べて、解散するはずが、

63











みんなで青函トンネルを抜けることに。

62


仙台から2時間半で函館に到着です。

Panorama View Suite

叔母の古希祝いで、竹泉荘のスイートを2部屋押さえました。

こちらは私達が泊まったパノラマビュー。

大きな露天付きの1階のプレジデンシャルも素敵そうですが、

最上階の明るい部屋をチョイスしました。

おざましますです。

23











フロアプラン:117平米+ラウンジ+ラナイ。

24











ベッドルーム~リビング。

28











寝心地合格。

38











だ~っと横長ウインドウ。

33











続きの和室。

36











相撲に夢中な人。

37











デスク周り。

35













ドリンクは全てコンプリ。パイパーのハーフ泡+GODIVAも。

25











トイレは3箇所。(笑)

26











新緑眩しい部屋風呂、下には川が流れます。

27











これがウワサの雲海ラウンジね。

29











又の名を呑み部屋。

31











なんの為に作ったのかしら?我々は思い切り活用したけど。

39












あいにくの曇り空。

30










うっすら蔵王連山。

40











庭園ビューで乾杯♪ 叔母様、長生きしてね。

41


妹達の部屋(サイプレススイート)の写真、撮り忘れますた。


<続>