竹泉荘でお食事

食前酒を呑み過ぎたので、

42












お食事処に向かいました。

43











ステーキコーナー。

44










バー。

45










宴会部長の妹が用意したワインが鎮座。

46











先付け&小鉢:青豆豆腐やホッキ貝。

47











あわびの肝素麺。

49











お造り、とてもイイですね。

51












焼き物八寸:鱒の南蛮焼き、海老真丈の鹿の子揚げ、

鴨チーズ、手まり寿司、仙台牛のミートパイ・・・

これで3人前+2人前=食べ応えあり。

52











CAワインに合います。

48












メインは仙台牛の鉄板焼き。

53












とろけます。

54


この後はご飯や赤出汁、香の物が続きました。

オープン当事の記憶としては、「夕食が貧弱」という印象でしたが、

今回は全く別物になっておりました。







ふー、ご馳走様でした。

55











お夜食のクロワッサン&デニッシュ=さっぱり美味だったそうです。

56











おはよーさん。

57










時差ぼけで午前1時起床、お腹すいた~。

58










こりゃ又、朝からご馳走。

59










2杯メシでもオカズ残りました。(笑)

60










ここの食事、体育会系の若者でも満足するレベル。

61












お迎えからお見送りまで、本当にパーフェクトでした。

隅々まで手を抜かず、すごい頑張ってると思います。

64













仙台駅でずんだアイス食べて、解散するはずが、

63











みんなで青函トンネルを抜けることに。

62


仙台から2時間半で函館に到着です。

Panorama View Suite

叔母の古希祝いで、竹泉荘のスイートを2部屋押さえました。

こちらは私達が泊まったパノラマビュー。

大きな露天付きの1階のプレジデンシャルも素敵そうですが、

最上階の明るい部屋をチョイスしました。

おざましますです。

23











フロアプラン:117平米+ラウンジ+ラナイ。

24











ベッドルーム~リビング。

28











寝心地合格。

38











だ~っと横長ウインドウ。

33











続きの和室。

36











相撲に夢中な人。

37











デスク周り。

35













ドリンクは全てコンプリ。パイパーのハーフ泡+GODIVAも。

25











トイレは3箇所。(笑)

26











新緑眩しい部屋風呂、下には川が流れます。

27











これがウワサの雲海ラウンジね。

29











又の名を呑み部屋。

31











なんの為に作ったのかしら?我々は思い切り活用したけど。

39












あいにくの曇り空。

30










うっすら蔵王連山。

40











庭園ビューで乾杯♪ 叔母様、長生きしてね。

41


妹達の部屋(サイプレススイート)の写真、撮り忘れますた。


<続>

Chikusenso Mt.Zao Onsen Resort & Spa

6年ぶりの再訪ですが、

19












驚くほど変ってませんでした。

15











まるで時が止まったみたいに、何処もかしこも新ぴか。

18












震災後しばらく休業に入り、その後少しずつ復活。

20

2010年に開業し、ほどなく震災があり、ものすごく大変な時期を経験したと思う。

ここに限らず東北の宿は、よくぞ逞しく再開したものです。










竹泉荘と言えば、鐘。

17













ウェルカムお茶をいただきました。

21













ドリンクフリーのラウンジ、一時はワインも振舞われたような。

14












奥に見えるのが食事何処。

22














しっとり落ち着いた静謐な大人のお宿健在。

13












フロントの場所は変ったみたい。

16


それでは、お部屋に。


竹泉荘・再訪

6年ぶりの蔵王国定公園、

ホテルのアプローチ~2万坪のお庭、

嘗てのロイヤルファミリー御用達(だそうです)。

01

今旅で、あいにく唯一の曇り空でした。










敷地内には川あり、

02











竹林あり、

03












滝ありと。

04










竹泉荘と言えば、何は無くとも女子風呂~♪

08












にしても、こんなに男女差のある宿って珍しい。(笑)

12

「普通は入れ替えあるやろー」(BY オット)









終日貸切状態でファミリーメンバーご満悦。

05











温度が異なる湯船色々。

10











うーん、極楽じゃ。

06











仙台(秋保)でG7経済会議が控えているから混んでるのかと思いきや、

逆に全く人が居ず、ちょっと心配になっちゃった。

11

そー言えば、伊勢志摩も閑過ぎでやってらんないって、

宿のおやじさんがTVで嘆いていました。

実は我々もAMANEMU行こうかと一瞬思ったけど、止めましたもん。

だってオバマさん宿泊予定って聞いた日には、考えちゃうよ。

で、今回は北へ北へと逃げたワケ。

まるでハワイのAPEC首脳会議と同じで、観光業従事者に同情しちゃう。

当時2011年秋、我々は閑なの見越してヴァカンスに逃げたけど、

ワイキキは閑古鳥鳴いてたんだよね~。(遠い目)






フィットネス健在で相方も満足。

こじんまりだけど、マシーンがイイって。

09



全館貸切って、もしや初めてかも。(嬉)


<続>


☆ちなみにこちらが6年前のブログ:
http://blog.locomohawaii.com/pis/archives/1277

2010年って言えばアレだ、我々が人生でもっともイケテナイ時代だわね。

いや温泉連泊してるから、ちょっとマシになった頃かな。

そー言えば、伊勢志摩サミットでアベちゃんも言ってたね。

今は経済危機前の状態にそっくりって。

ワタシもずっと書いてるけど、2018年頃にガツンと来るよ、

メガトン級のエコノミック・クライシス。

だってさ、下がったもんは必ず上がるし、上がったもんは必ず下がる。

小学生でもわかる経済バイオリズムじゃん。山高ければ谷深し、そして長い。

2011年以後の米バブルは、無理やりデッチ揚げたようなもんだから、

実体経済伴わず、そりゃーヤバイにきまっとる。

現在が2006年だとしたら、ハワイの不動産も昨年~今夏がピークで1年くらいだらっと続くと予想する。

が、既にばぼーの尻尾だと判断し、賢く抜け目ない投資家達はじゃんじゃん物件手放してる。

(そして次の危機を待ち底値で買い戻しに入る懲りない面々・・・時代は回る回る)

ってことで、まったり温泉なんか浸かるの、これが最後かも知れんね。

いや、マジで。こえーっ。

っつか次の経済危機が来たら、うちらはリタイアするだろうから、

おそらく温泉浸かりっぱなしちゃう?

<続>


☆おまけ:機内で真剣に見入ってしまった。おもしろすぐる。→ http://www.moneyshort.jp/
サブプライムによりアメリカの600万人が失職し800万人が家を失った。
今でも50人に一人はフードスタンプで生き、トランプ支持は衰える気配が無い。

ごはん@角館山荘・侘桜

そろそろ夕食の時間。

30









お品書きずらり。

分とく山の野崎氏が監修と言うことですが。

31









茗荷豆腐。

32










びっちり前菜9種。

33









お造り。

35









焼き物:鰆の葉桜焼き。

36









煮物:柏蒸し。

37








煮あなご&湯葉豆腐の餡かけ。

38

葉っぱ調理が続き少々アレ?









この後「強肴:蒸アワビ&肝」を食べた事になっているのだが、

全く記憶に無いし写真もなし。(ヨッパだった?)

34








ちりめんじゃこ山椒ご飯。

39








黒ゴマぷりん。

40


地元の食材を洗練の技でって触れ込みでしたが・・・

あれ、これでオシマイ?って感じで、盛り上がりの無い構成でした。

ちょっと期待し過ぎたかなぁ。

丁寧だし美味しいけど、うーん、わからん。

でも他の人の写真を見ると良さげで絶賛も少なくないから、

おそらく、たまたまアカン日だったのかもね。

料理長が腹痛とか。(笑)









おはよーさん@すててこ・おっさんで失礼。

41









熊注意の山の中をジョグったら、朝飯ですよ。

42

旅先でも毎日体重計乗る人(相方) VS 絶対に乗らない人(アッシ)。

ダイエットは異国では治外法権ですから~。








お食事処でいただきました。

43








豆乳スムージーうまー。

44










湯葉うまー。

45









こりゃ、

46








朝ビでしょ。

47








夕食より < 朝食の方が良かった。

48









トータルで良い宿だと思いました。

50

夕食&湯質は、正直そこまで好みではありませんでしたが、

お出迎えからお見送りまで、一貫してスタッフの質にムラが無く、

こんな場所でここまでやるのってスゴイなぁと、シンプルに感心しました。







この町によく似合っていて、古くて新しい、こじんまりの宿はオーナーの思い入れたっぷり。

49

このレベルの宿が日本全国津々浦々ごろごろ存在するのが、

ニッポン観光産業の底力かと。



久々の東北、初めての青森&秋田は思い出いっぱい。

出だしは上々、旅はまだまだ続きます。