秋旅日本2018

〆は定宿で:13visits目(らしいです)。

BMWのちゃりを借りようとしてる人。

38












顔馴染みのスタッフ達、やっぱ落ち着くわ~。

39

相方いわく「ホテルって感じしないんだよね」だって。わかる、緊張感ゼロ。

つーと言えばかーで全てお任せ。淀み無く連携プレー、ちょっとしたトラブルも動じない。安心安全心の拠り所。











ラウンジでアイスティを飲むと、帰って来たなと。

40











日本でもっともリピしたレストラン。

41











日本のホテルの朝食でもっとも好き。

42











若干メニュー構成変化あり。

43











今回はふつーのお部屋。

44












直前予約でスイート泊まれるような料金、割高感あり。

45

気候の良い10月はガイジンツーリストに人気で東京のホテルは何処も強気プライス!









いつも同じ頃に日本をリピしてる。

46











ニッポン満喫しました。ぎりぎりに決まり思うように宿が取れなかったけど、やっぱり行って良かった!

47

さて女子達にお土産を買って、ホノルルに帰りましょう。






2018年秋旅は、

☆マンダリン・オリエンタル東京

☆汀邸 遠音近音

☆御宿 竹林亭

☆有馬山叢 御所別墅

☆ザ・リッツカールトン大阪

☆arcana izu

☆シャングリ・ラホテル東京


以上7軒、どれも心に残るお宿でした。



それでは、どちら様もイイ旅を!


Good Luck & Aloha!

manten-sushi

最後になって「やっぱり行きたい」と言い出したので、例のコスパ店へGO!



丸の内リーマンにはさまれ、オッサン浮いてるよー。

15










おつ~今旅も一筋の交通機関の乱れも無く天候に恵まれ、夫婦喧嘩する事も無く楽しかったね。

16











いつものオマカセをいただきました。

1718
1920
2122
2324
2526
2728
2930
3132
3334
3536

相変わらず安い・早い・美味い。ふ~御馳走さんでした。








帰途便は半断食で飲まず食わずなので、もう思い残す事はございません。

37

Good Luck & Aloha!

寿司居酒屋 番屋 銀座

旅すごろくは振り出しの東京に戻りました。

01













本日の呑み会は6名様。

02











2700円の盛りにカンドーするハワイの2名。ちなみにハワイのスシバーで中トロ1切れ$20以上するよ。

03

日本に行くと経済構造が頭を過ぎる。

ニッポンが安すぎるのか and/or ハワイが高すぎるのか。一体どーなっているのかと。

こんな値段でやっていけるのかと余計なお世話ですね。

しかしチップの無い国は素晴らしい。

ロクなサービス提供せず「20%なんて当然」じゃんみたいな・・・ハワイ下げは以下自粛。







アンキモ+もずく。

04












烏賊ミソ。

05










なんかの白子。

06










ゼイタク巻き!

07











卵焼き。

08











アナゴ。

09










海老から。

10










すしは各自アラカルト。

12












貝3種。

13











テキトーに選んだ店だけど、ここはアタリ!

ロケーション良し・安い美味い早い活気ある店で、帰る頃には満員御礼。

11










ユニクロはお約束。

14


それでは次回は半年後に。


Good Luck & Aloha!

USHIGORO S GINZA

西麻布店に行こうと思っていたら銀座店もオープンしたそうで、

我々にとってはアクセス良好です。




UAの機内食は○ろまずで一切食べず、お腹ぺこぺこでした。

01












☆Kコース:完走出来るでしょうか。

すっぽんと牛のコンソメ。

02













旬野菜6種。

03












小丼。

04











とくとく

05












きれいなお姉さんに注いでもらうと、いつものキャボも美味し。

06












牛炙り握り・ゆっけ・刺身。

07










シャトーブリアン。

08











牛ヒレカツ。

09











ごりごり。

10










トリュフのっけ。

11












黒たん厚切り。

12










文句なしの焼き上がり。

13









口直し。

14









ふかひれステーキ。

15











シャトーブリアン。

16










みるふぃーゆ。

17












ざぶとん。

18












すきやき。

19










丁寧にじっくり。

20











完璧です。

21










ハワイの田舎もん2名、speechless。ここはスタッフ女子達を招待しないとね!

22

昨年3月に連れて行った銀座こばうの焼肉写真を、

未だに見てるって涙ぐましい事を言ってるハワイ女子、きっとカンドーするでしょう。










土鍋ごはん。

23










トリュフ攻め。

24










サーブも間も素晴らしく、以上13品、軽やかに完走しました。

26

若いスタッフは隙の無い振る舞いで、本当に良く教育されている。

意地悪なおばちゃんが粗探ししても何も見つからない。完敗。







初日からハイエンド肉で飛ばしちゃったね。

25









半年毎に訪れる東京は人・情報・マニーが集結し、オリンピックに向かい躁状態だけど、

一体全体何処に行ってしまうの~って空恐ろしい感じ。

27



「キミはトーキョーに住まない方がイイよ」と釘を刺すくせに、

「最初の2年は好きなもん食べよう」とノリノリの相方。

びょーきand/or破産するのではあるまいか。(笑)

まあ30年あまり田舎な島で粗食暮らしでベロが退化したから、仕方あるまい。

正直なところ、地産地消はお腹いっぱい。美味しいもんを食べたい。

life is too short to eat…(以下自粛)

マンダリン・オリエンタル東京

好天候の10~11月の日本は外人ツーリストにつとに人気で、

何処のホテルも繁忙を向かえ、直前だけに我々の定宿も満室でした。

で、たまたま空いていたマンダリンに11年振りの再訪です。






1階のエントランス。

01














ロビー。

02














懐かしいラウンジ。

03












遠い記憶ではアジアっぽい雰囲気だと思い込んでいたのですが、

04











こんなに日本的だったのかと再確認。

05













相方いわく「旅館みたい」と。

06














なんとなくわかる。全体的に「和」を意識。

07












ほの暗い宿泊者用エレベーター。

08















コーナージュニア・スイートにアップグレードしてくれたよう。

09













90平米ですが、以前より広く感じます。

10












柔らかいグレーのグラデーションに紫~藤色を挿し色に、黒のアイアンで締めて。

11












TVが新しくてイイねと、皇居ジョグから戻った相方いわく。

12

バンブーのフロアはリノベで新しくしたのでしょうか。










コーナーウインドウ2箇所のベッドルーム。

13












西日が眩しいシルバーのヴァニティ。重なるドレーパリーの透け感が繊細。

14











Wシンク。

15













バスルームは基本変らず。(だと思う)

16















朝食@Keshiki.

17












和も充実。

18












小ぶりな蟹+アヴォガドのベネディクト。

19












時が経過しイイ感じに発酵し、浮ついた所が皆無な成熟のホテル、

特にスタッフの淀みない安定感が素晴らしい。

2007年に宿泊した時、ああ日本にもこんな素敵なホテルが出来たのかと思い、

その後は次々と開業した東京のホテルを泊まり歩きましたが、やはり目指す所が違いますね。

20


のっけから最上レベルのおもてなしに唸る二人、恐るべしニッポン。

旅はまだまだ続きます。