トーキョー・スイート@パークハイアット東京

通常の100平米のスイートを予約していたのですが、

未だ嘗て無い、スーパーアップグレードでした。

こんな広い部屋に泊まるのは、日本においては初めてです。

13

トーキョースイート220平米、お値段は1泊70万円だそうで、

+TAX+13%サービス料=90万円というところでしょうか。

まあ我々が正規料金で泊まることは、一生無いでしょう。









広すぎて上手くレンズに収まりません。

14

グレーを基調にきりっと黒で引き締め、90年代ぽいと言えばそうですが、家具もへたってないしエレガント。










広すぎてチャイムが鳴っても聴こえず。

15











広々としたエントランスの先にはキッチン。

16











Party用でしょうか。

17











キッチンの扉の先はダイニングの導線。

18












ベッドルーム。

19

グリーンの大理石にカーペット、フロント付近もそうでしたがテーマカラーは緑のようです。








ふつーはここだけで事足ります。

20










4人で入れそうな温泉ちっくな大風呂は湯の出が最速。

21

トイレは2箇所+サウナもありました。












ハイアットメンバーでもリピーターでも無いのに、至れり尽くせりでコワイ。(笑)

22











ジョン・モーフォード氏が最上の東京ステイを目指して細部まで拘ったそうですが、

1000冊在ると言う蔵書もやはり建築デザイン関係が多かったです。

24











世界でもっとも好きな都会です。年とる毎にどんどん好きになります。

23


さてキリ無いので、ここらで〆。

2017年秋旅は、

☆ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

☆ABBA RESORTS IZU 坐漁荘

☆コンラッド大阪

☆フォーシーズンズホテル京都

☆THE HIRAMATSU HOTEL & RESORTS 熱海

☆山形座 瀧波 赤湯温泉

☆パークハイアット東京


どれも心に残る滞在でした。

それでは、どちら様もイイ旅を! 

長々とお付き合いいただき、まはろー。

サンクスギビング・ホリデーの始まりです。

Happy Thanks Giving Day!

今年はスタッフ女子達とスキー慰安旅行に母の傘寿祝いも出来たし、

もう思い残すことはございません。

Good Luck & ALOHA!

パークハイアット東京

新宿にもハイアットにも無縁で泊まりそびれ、

なんと開業から23年も経過してしまいました。

恥ずかしながら、足を踏み入れた事もございません。

25

パークハイアット開業が1994年で都庁竣工が1990年ですから、

丹下先生も終盤の華やかな作品群@副都心ですね。











皆さんのブログで100万回見ていたので、初めてって気がしません。

26












正直第一印象は、一昔前のホテルみたいだなと。

ここは何処?ってくらい、ガイジンツーリストしか居ませんでした。

27

しかし、このホテルのスタッフは、ちょっとお目にかかれぬレベルで感心しました。

(UGしてもらったから言うのではありませんが)

フロントにコンシェルジュにレストラン、

何から何までパーフェクトで素早く、プロのプライドがひしひし伝わります。










有名なSpaのお風呂を覗いてみましたが、会員の常連さんらしきゲストで混雑模様でした。

28











おはよーさんです。

30












朝食をいただきましたが、こちらも日本人ゲストが見当たらず、

思い切りカジュアルな格好の外人ゲストで占められていました。

29










ここのスモークサーモンはねっとり具合が好みでベスト@東京ホテル。

32











湯豆腐も美味しかった。

33











ブース席は落ち着きます。

31

ある程度時間が経過し、イイ感じに発酵しています。

「帝国に通じるものがあるね。」(BY相方)言いたい事よくわかります。

総じてとても良いホテルです。

(新宿という立地で無ければリピ確実なんですが。)


good luck & ALOHA!


長春館

友人夫妻と新宿3丁目の焼肉屋で待ち合わせ@30年振りの新宿歩き。

02












伊勢丹の地下を覗いたら、思わずイート・インに引き込まれ。

03












河豚寿司で一杯。

04











何とか辿り着きました。

05










お先~おつかれ。

06










小学生の頃から通っていると言う彼女にオマカセ。

07










ミノがお薦めなんだって。

08

食ブログを見たら「一人焼肉の聖地」老舗って書いてあった。












フィレが柔らか。

09










色々食べたけど、激辛カルビがダントツ旨し。

10










今時珍しい炭火もくもくで凄い活気。

11

すっかりご馳走様でした。










2次会はお部屋で。(エレベーターで乗り合わせた外人は臭っと驚いたはず)

01

彼らはず~っと昔ハワイで学生やっていて、今は息子君がUHに入り、

そろそろハワイに戻りたいそうな。

帰国時にハワイカイの家を売ってしまったけど、今なら3倍に高騰してるはずと不動産ネタで盛り上がる。

でも息子君が大リーガー目指して奮闘中だけに、ゴージャス物件も夢じゃなくてよ。

投資してると思えば宜しくてよ。








途中からYねーさんも参加。

12

ワタシのブログについて「お金の匂いがしない」と盛り上がってた。

それ、あかんやん。(笑)



good luck & ALOHA!

デザイナーズ・スイート@ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクション

EXクラブラウンジでチェックイン。

26












ウェルカムな泡。

27

3時に行ったら40分待ちと言われたので、それはちょっと~と抗い、

結果15分で入室可能になりました。予定詰まってるから助かりました。











それでは、お部屋に。

28












「本当に100平米?」BY訝しがる相方。

29












一応、コーナールームなんですが。

30











やたらに椅子が多いから狭く感じるのかも。

34

ベッドが高い位置にあって天井が低い。デザイナーはどなた?










デイベッドとか、

32











デスクとか。

33

スイートならベッドルームとリビングを区切るフロアプランの方が好みなので、

今回はちょっとハズシタかな。










広々バスルーム&ミストサウナ。

35

なんだろ、このデザインの昭和感と言うかイマドキメズラシイアカヌケナサ。










クラブラウンジの朝食は今ひとつ惹かれなかったので、

01












レストランにて。

37










和定食は30分待ちと言われたので、一旦戻りラウンジで待機しました。

38

全体的に時間の概念がゆるくハワイアンタイムっぽい。(笑)

他にも思うところはあるけど、いけず~なので書きません。

が、一流ホテルを目指すのなら、もうちっとシャキッとせねば。

「ラグジュアリーコレクション」を名乗るには、グレード感が乏しい。(書いてるけど)

割引きプライスで半額程度でしたが、このプライスレンジだと東京では、

リッツカールトン、マンダリン、シャングリラ、パークハイアット、ペニンシュラ等のスイートに泊まれるでしょ。






新しいプールは気持ちイイね。

36


なんかアタシ、今回はテンション低いね。

このホテルを褒めている方達も多くお見受けしますので、

たまたま相性良くなかったみたいで、すびませんっ。


☆PS>このホテルに宿泊してもっとも素晴らしかったのは、

「叶 匠壽庵」にオープン一番に行けたことです。「あも」は絶品LOVEです!

good luck & aloha!


ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

エレベーターを降りると正面にスカイギャラリー。

18













友人いわく「マンダリンぽいね」。さていかがでしょう。

19











夜は混雑していたので、朝撮りました。

20











吹き抜けのスカイロビー。

21











青いネオンが竹のよう。

22











ロビー。

23











奥がフロント。

24












さてチェックイン。

25


プリンスに泊まると言ったら、友人から開口一番、

「日系は珍しいですね、大丈夫ですか」って心配されました。

まあ、ネタとして一度は泊まりたいと思ってはいたものの、

昨年はアホみたいなプライスだったので、落ち着くのを待っていたのですわ。

開業時にGM氏がTVのインタビューで、

「うちは稼働率を気にしないし値段も下げない」との発言があり、

ふーん、強気じゃんと興味シンシンでありました。

が、先に結論を言ってしまうと、「???」と首を捻る出来事が少なくとも3度あり、

この価格帯で東京で勝負するには緊張感が乏しいってのが、正直な感想です。

箱は一流でも中身は・・・良くも悪くも、プリンスなのでした。

私は個人的に東京のホテルが大好きで従事しているスタッフにも常に感心&感謝しますが、

ここは伝わって来るものが無かった。

プリンスファンの方、すびませんっ。


<続>