竹泉荘 Mt. Zao Onsen Resort & Spa

さて、 :emojionsen: みちのく温泉行脚編も最終回です。

宮城県はご存知、遠刈田温泉にまいりましょう。
白石蔵王からお迎えありで、40分あまりでご到着~。

こちらも国立公園内の2万坪の敷地にて、
沿道から建物が見えません。

竹林に囲まれたランドスケープはお散歩も楽しく、
敷地内の滝も素敵に :emojispark: ゴージャスなSettingです。






破綻した老舗旅館を
(香港拠点のスコタイ等をを傘下に持つ)外資が買取、
日本初の外資系温泉宿ってことでしたよね。



この夏オープン仕立てほやほや~。



さて、おざましま~す。
緊張感漂うスタッフがずらりと点在。(びしっ)







そう、ここはアジアのホテルってことね。







お茶を出された時点で、 :emojiface_settledown: めっちゃご機嫌の相方さん。(シンプル~)



ここ来る前に「 :emojifinger_one: 絶対アナタ気に入ると思うよ」と予言したものの、
ここまでど真ん中とは。(苦笑)


廊下の先は、







ごーんっ。








写真だとぎらついたイメージだったけど、
実際はとても静謐で落ち着いている。






ライブラリー。32部屋でこのパブリックはご立派。
まあ温泉宿というよりは、5☆外資リゾートに温泉ありますみたいな?



ジャパネスク全開だから、
香港やシンガポールのデザイナーかなと予想しましたが、ハズレでした。




階段の先はスパ、







そして、そして・・・







相方狂喜のフィットネス=「 :emojiheartsmall: ここなら1週間居たい」発言も。
ここまで最新のもんを揃えてる温泉宿は皆無だそうな。
そりゃそーでしょー。



温泉で食っちゃ寝するのがギルティなんですってさ。(なんでやー)




お部屋です。
お値段も手ごろだして、一番人気のタイプだそうな。
下から2番目くらいのランクじゃないかしら。
(他宿と比較するに、平日は良心的な料金設定だと思います)







おめでとーワタシ。ここでもあそこでも、お気遣い恐縮です。







木漏れ日&快適温泉♪







泉質湯質LOVE~!







狭く見えるけど、







小川が流れているので、実際は奥行きあります。







そう広くないSQ FTだけど、うまいこと4つ割りのフロアプラン。







和室~ベッドルーム~リビング。








和室の奥がベッド。








静かで笹のささやきだけ、落ち着くわ~。







リビングの後ろがバスルーム。







充実のアメ二ティ。








檜の内風呂も、もちろん温泉。







ドリンクも当然、コンプリ。








女子風呂いきま~す。








「今回の旅でもっともタオルの質が良かった」そうな。







長~い内風呂。







というか、Spaだわね。







ここんちの露天はすごいわー。






栗の木が茂るウッドデッキには、温度の違う湯船が3箇所。
真下は川が流れ、うーん、やるなぁ。



※男子風呂は別にどうってことない、ふつーの岩風呂だったそうな。
女子優先◎~♪



貸し切り風呂は、どーってことないのよ。
しかし、ガイジンには人気ゆえ、混んでいるのよ。
よって、大風呂はいつも誰も居ないのよ。ラッキー!?



ここは連泊する外国人が多いそうな。
まさに、そのような造りですもんね。
我々がチェックインの際も、アメリカ&イギリス&香港から・・・と
大きなスーツケースをご持参でしたから。
スタッフも皆さん語学堪能でお若いし。


さてDinnerのお時間です。
きりっとスタッフがお待ちかねでした。






半個室はたっぷりゆったりの大きさにて、
お隣さんの声は聞こえません。







やっぱり、ステーキの方が人気なのかな?







お誕生日の食前酒、美味なり。







ワインを預けていたのですが、ドンぴしゃりの温度管理で嬉しく。



:emojiwine: こーゆー場所で飲むChappelletうまー。さすがに96PT。




ゴマ豆腐に魚そうめん(だったかな?)







お造りは本鮪や烏賊なぞ。







焼きモンのアペ・・・色々出たけど、記憶に薄い。







米沢ぎうの朴葉焼き、身体に悪そうなトロケル旨さっ。







理解に苦しむお味なお椀、赤出汁+ご飯は美味しいけど、
デザートのアイスもあっさりとしたもん。



うーん、なんか足りないのよ。
:emojibulb: あーわかった、魚貝の焼きモンとかあれば、
もっと充実しているのではないでしょか。

これじゃ若い人には物足りないだろうなぁ。(ぼそっ)
オープン仕立てってことで、これから改善されるのかにゃー?
それとも、追加料金を払えってことなのかにゃー?
鉄板ステーキコースにするべきだったかにゃー?


で、爽やかな朝~。






朝はうって代わって、たっぷり。
たっぷり過ぎて、オカズが余ってしまったくらいです。(ホント)



夜 < 朝の方が断然イイ!



隅々まで教育が行き届いた繊細な外資宿、
うちの相方さんは大絶賛なわけですが、好みは人それぞれってことで。
(かなり偏ったテイストのオトコですので、あしからず)



ちなみにオットがお気に入りで再訪希望の宿といえば、
シャングリラ東京、ここ、星のや@軽井沢&京都、がらく(漢字忘れた)
それから、山荘ムラタだそうな。(かなりわかりやすいテイストでしょ?)


最近のみちのく、ちょっとスゴイわ。
おかげで、この後の熱海箱根がすっかりかすんでしまい、
めっちゃ不評でありました。(涙) :emojiface_tear:

さくさく~っと東北3連発いきましたが、ご参考になりましたでしょうか?


さすがにここらでちょっと休憩です。ハイ。


アロハ。 :emojiface_cyu2: :emojigoood:


http://www.mtzaoresort.com/

HOTELLI Aalto

:emojipaa: ども!
岩手から→福島県です。







目指すは、裏磐梯!







:emojialeaf: 紅葉時はこの道も大渋滞になるそうな。あ、ここだわ。







おざましま~す。








ここがロビーなのかしら?







思いのほか、ひっそり&こじんまりと。部屋数少ないもんね。







北欧の椅子たち・・・







埼玉の某市の保養所だったのを、
郡山のコンストラクション・カンパニーが買い取って、
芸大の建築家の先生が3人でリモデルしたんでしたか。







てっきりデザイナーの名前からと思ったけれど、
アアルト=波っていう意味なんですってさ。







:emojiwine: ウェルカム・ドリンクっていうか、ここはオール・ドリンク・フリーです♪







母体は郡山でオサレなインテリア・ショップも経営してるそうな。








ふー、又もや、遠くに来たわね。







まだオープンして1年足らずでしたか。磐梯朝日国立公園内です。







ほんじゃ、お宿の真ん前を散策しましょ。







酸性だから、オソロシク透き通った沼。







丁度一周、散策コースになっています。







森の入り口から、レストランを見たとこ。







:emojionsen: こちらが大きなお風呂@沼の真ん前。







一応半露天ですが、部屋風呂が充実しているから、入るチャンスなし。







お風呂上りには、濃いミルク&飲むヨーグルト&サイダーなぞ。







離れです。








階段を上り、








たたきの先がお部屋&水や。








囲炉裏、








そして、チェア。落ち着くわ~。 :emojiface_settledown:



窓の外は、ポンドビュー。





ここんちの本はインテリア&建築関係のみ。







すがすがしい白木の囲炉裏の上には・・・







ウェルカム・フルーツ&塩辛やお新香のオツマミセット。(笑)
ホームメイドのクッキー&パウンドケーキもありました。







:emojibeer: もちろん、お部屋のドリンクもフリーです♪







阪神戦をくいいるように見入る、おやっさん。かんぺー。








うー硫黄の香り~、温泉好きにはたまりませんわ。








たっぷりの湯船で最高の湯質ざますっ。







静かなベッドルーム。








さすがに高原では紅葉が始まってました。







さて、お福分けの時間です。
会津は福島&山形&新潟にまたがる土地だけに、
美味しいもんが集まりやすいそうな。







呑んべーFoodね。(^^)








(何食べたか忘れたけど)全部、美味しくいただきました。








松茸のスープ、こっくりと、うまー。







山だけに、既に暖炉。
赤白それぞれ4種類くらいあり、日本酒もイケタそうな。







フォアグラのパイ包み、







いさきのポワレ~、







福島牛?







〆はホタテのジュノバ。美味。
そーいえば、イタリアンのお店もなさっているそうな。







この辺りから記憶飛んでるし。呑みすぎやー。







:emojipunch: 朝一で五色沼トレッキングへGO!(宿からすぐです)







わ、なんか、やる気感じるわ。







ちょっとー、置いていかないでー。(汗)







磐梯山が美しいわ、でも、ワタシ、ここで引き返します。
さよなら~。(根性無しのツマ)



「キミ途中で帰って正解だったでー」(By オット)
意外にハードだった?





さて、お腹もすいたことですし。







爽やかな朝のテーブルに。







おっ、朝シャンいっちゃおう。







ニッポンのヨーグルト、バカうまっ。







いただきま~す。







フレンチトーストなぞをアテに。(笑)







色々ありましたが、つみれ汁&塩辛にハマってしまいましたわ。







食後のコーヒーはお外で。




清々しい白木のインテリア&北欧の家具たち、
女子好みってことで、100%カップルオンリーの宿でした。
ホテルでも旅館でも山小屋でもないし、
しいて言えば、どなたかの別荘のような。

ひっそりと高原に佇む、静かな小さなお宿です。

んじゃ、又もや東北を移動ってことで。




旅は当分続きますです・・・。 :emojiface_cyu2: :emojigoood:


http://www.hotelliaalto.com/

うみんちゅ@やまんちゅ      山人

2年ぶりのニッポンだけに、
旅の第一目的は、 :emojionsen: おえ~ってくらい温泉に浸かることでした。

:emojifinger_one: で、例の如く相方からの要望は、

①ベッド(布団敷きNG)
②カウチ&チェア(タタミのみNG)
③寝食分離(部屋出しNG)
④古い宿NG
⑤過去に行った宿NG
そして、飽きないアレンジをってことでした。

が、めぼしい旅館には、ほとんど宿泊済みの我々だけに、
チョイスが難しいのなんのって。 :emojisweat:
おまけに初日は10月の土曜日ってことで、
:emojimark_full: ここしか(それも最後の一部屋)空いていませんでした。

よって、そこまで思い入れの無かった、1軒目です。
消極的な理由で選んだ宿だけど、どうかな~?

んじゃ、みちのく3連発行きまっせ~。



:emojishinkansen: トンネルを抜け、







ダムを超え、







鉄橋を渡り・・・







やっと辿り着きましたよ。
ワタシ達、結構日本のイナカ行ってるけど、ここはすごいなぁ。
秋田と岩手の県境ですってさ。



駅に温泉?いや、温泉に駅?





いきなり、おざましま~す。







こじんまりのラウンジ。







こちらがフロントね。







CDの貸し出し&2階がお土産やさん。







川沿いにお部屋が点在。






最後の一部屋だけに、ノーチョイスでした。
ここらで採れる杉の香りがぷーん。
まだオープンして1年足らずですもんね。



テーブルの上にはお誕生日のスパークリングが。




たたみベッド。(いちお合格?)







ベッドからラナイ。








(写真では見えないけど)リバーサイドです。



しーんとして、せせらぎの音しか聞こえません。





ラナイの先が温泉。もちろん、かけ流し。







3人くらい入れそうな大きさのお風呂は、
全て開ければ半露天ちっくに。



冬は2M雪が積もるそうなぁ~。




:emojiwine: んじゃ、しゅわっと、お疲れ~。







川沿いの貸し切り風呂にGO!







おざましま~す。







5人家族でもゆったりサイズね。







ふー、めっちゃ静かやなぁ。







さて、お食事です。







カップル多しだわ。
この辺りでこんな感じの宿、あんまり無いもんね。






いきなり、焼き枝豆。
ここら辺が産地なんでしょう。
初めていただきましたが、イケマスね。







地産地消ちっくなアペ盛り。今風といえばそう?



牡蠣は三陸から。松茸のてんぷら+POKE?



身体に良さげな山っぽいもんが、どっさり。







絵本のようなメニュー。




山人って「やまんちゅ」のことなんですって。



ワインを飲んでいたら、
シェフからチーズ盛りの差し入れが。



ドライレーズンもフィグもうまー。
こんな山奥で墨巻きチーズに出会うとはっ。やるなぁ。



そこの川で獲れた岩魚のお刺身は、ガーリック醤油で。






そこの山で採れたきのこ汁、じんわりうまー。







岩手角牛のローストビーフ。
さっぱりめで今人気なんですって。(サシが無くて健康的?)







メインまで辿り着くかしら。ふー。







岩手和牛のステーキ、美味しいけど、相方にほぼ献上。







おいおい、すっぽん雑炊きちゃいましたよー。







あわわわ・・・最後にキノコピッザまで。
写真撮るの忘れたけど、デザートのアイス&キャロットケーキもあったのよ。



皆様お夜食でお持ち帰り。
(うちのオットだけ食べてた~)

:emojizzz: :emojizzz: :emojizzz: :emojizzz: :emojizzz: :emojizzz:


:emojisun: おはよー。
朝もすごいよ。(笑)






豆腐あり、漬けモンあり、温泉卵あり、




おひたしあり、ウインナあり、ヨーグルトにスムージーまであり、




美味しい温野菜あり、







極めつけ、焼きたてのパン・ド・カンパーニュありっ。
皆さんお土産に包んでもらってたわ。(笑)




この辺りのあらゆる全てのもん、ご用意いたしました~みたいな?

ごっそー様でした。



山を走ろうとしたところ、「今年は特に熊が多いから」と止められ、
軒下エクセサイズに励むオトコ約1名なり。



でも意外に体重は増えていませんでした。
考えてみれば、キノコとか野菜が多かったのよね。

今どきの繊細さや洗練さとは遠い場所にあるけれど、
素朴に一生懸命っていうのが伝わる気持ちのイイ宿でした。
オープン仕立てだけど人気あるのわかるわ~。

スタッフの男子いわく、もっと山深い場所に住んでいるそうな。
どのくらい田舎なの?と訊くと、
「一番近いコンビ二まで車で50分 :emojiface_gesso: 」ですって。


ニッポンのカントリーサイド、面白いね。




旅はまだまだ続きます・・・。 :emojiface_cyu2: :emojigoood:



http://www.yamado.co.jp/index.html

Shangri-La Hotel Tokyo

さてお後がつかえておりますので、
トーキョーのホテルからさくさく~っとまいりましょ。

過去に、マンダリン→ペニンシュラ→リッツと泊まりましたので、
これは誰がどう考えても、今年はシャングリラってことで。



喧騒のトーキョーステーションをくぐり抜け、








あ、ここね。田舎もんには、わかりずらいわー。




 



ほれ、シャングリラぽいじゃんっ。(By 相方)








こじんまりのエントランスは好みです。








エレベーターもステアケイスも眩しすぎるわっ。(笑)








フロントも、金色がまばゆく光るわっ。








ここから先が宿泊者用プライベート。







エレベーターホールも、ぴかっ。








静寂漂うクラブラウンジでチェックイン。








お茶の時間の終わりかけでした。








アイス・ティーうまっ。








あーなんだか、落ち着くわぁ。








さてお部屋にまいりましょ。おざましま~す。








実際のSQ FTより広く感じるわ。








窓際からベッド~バスルームを見たとこ。








「なんかエルメスちっくだね」(By 相方)
た、確かに・・・ブチックの内装を彷彿。








窓際のロング・カウチ~下は東京駅。








なかなか使い勝手の良いデスク回り。







ワイドなシングル・シンク。




充実のアメニティはストッキングの替えまであり。





バスタブをベッドから見たとこ。
ニッポン式にざざ~っと流せるタイプね。







お茶のご用意なぞ。







カクテル・タイム@ホライゾン。







シャンパンを1杯、いや2杯ばかり。



いつも時間の無い我々・・・もったいな~い。
この日も会食の予定ありにて、30分のみエンジョイ。
男性スタッフのお話が興味深くて、ついつい長居してしまいましたわ。



少数精鋭といったチョイスは、
リッツと比較すると、ちょっと寂しく感じる人もいるでしょね。





こじんまりと静かな大人ラウンジは気に入りましたが、
がっつりココで食べたい輩には、不向きかもね?
(それがイイ雰囲気を醸し出しております)



夜の分、朝はたっぷりいきましょー。




ぱりっとリネンが気持ちイイ。




シリアルやフルーツなぞ。







ここは紅茶でしょう。(きっぱり)
すいか&メロンジュースも、うまー。







おパンやらスモークサーモンやら生ハムやら。








ここんちはメニューから好きなもんを好きなだけ、
各自オーダーのシステム♪

ワタシは和定食。ひりょうずとか美味でしたよ。







相方さんは、中華粥。さすがにじわりと旨い。






それから、ロブスターのエッグ・ベネディクト。
ハッシュドブラウンじゃなくて、イングリッシュ・マフィンなら、尚よろし。







あ、こじんまりとフィットネスも。







20Mプールは相方専用。




シャングリラ→チャイニーズっぽいと勝手に想像しておりましたが、
一部のエントランス部分のぎらぎらっだけで、
浮わついたとこの無い、Cozy感漂うホテルでした。

金曜日だというのにひっそりとしており、人に会わないホテルです。

「過去に泊まった東京のホテルでベスト!スタッフが最高!」と、
オットはえらい気に入りようです。
確かにスタッフの感じが他の外資系とちょっと違うかも。

成田発着の旅人には、この立地は確かにベストでしょうね~。

個人的にフロアプランはペニンシュラの方が好みですが、
素敵なスタッフ&落ち着くラウンジで、今回はシャングリラの圧勝かなぁ。

さて、お次はどちらに泊まりましょうか。
東京のホテル・スティ、益々楽しみです。


続・・・。

美味しいニッポン! 2010

ただいま~。

2年ぶりの日本、堪能いたしました。

今回は節操なく、行きました。(笑)
アレコレ、記憶が吹っ飛ぶくらい、遊びました。

んじゃ、とりあえず駆け足ダイジェストで、どぞ。 :emojisweat:



:emojiairplane: 行ってきま~す。名前変われど、以前と変わらず。
タダだけに、文句言えませんがね。 :emojiface_thinks:








:emojibye: ハワイよ、しばしのさよなら~。









:emojimood: いきなり都会っ。
今まで訪れた日本のホテルで :emojifinger_one: ベストですと。ホンマでっか?









:emojiwine: ハワイの田舎もん、多いに呑みます。









:emojibirthday: おめでとーワタシ。










それにしても呑んべー揃いの我が一族。 :emojiface_poker:









:emojishinkansen: 鉄子さん、野を超え山を越え・・・









:emojionsen: 熊さん多出没の山深いほっとすぷりんぐすー。








山シャンいっときます。









すっげー遠くまで来たなぁ。ふー。 :emojiface_settledown: やっぱ日本はかんとりーさいどやでー。








鉄橋を超え、何処までも・・・。








きーんと高原の沼。








ここ、ずっと訪れたかったのよね。









この部屋に泊まりたかったのよね。









国立公園の真ん中で、ポンド・フロントのお部屋。








:emojimountain: 山は既に暖炉が。








5☆外資リゾート :emojispark: は、金太郎飴のごとく、









何処を切っても相方好みで大絶賛。
今まで訪れた宿(80軒あまり?)の中で :emojifinger_one: ベストですと。まじっすか。









敷地内に滝ありーのでゴージャスなSetting。








噂のばぶるちっくなお宿も行きました。 :emojiface_glad2:







秋ですなぁ。








っつーか、隈センセイ、やりすぎ。 :emojiface_coldsweat:








:emojiheartsmall: ニッポンのお弁当。鯛ちらしLOVE~!








川をくだり、相方リクエストのお宿へ。








:emojiface_heart: めっちゃ素敵じゃんっ。









朝の渓谷をお散歩。鹿と猿に遭いました。








紅葉の頃は、さぞかし混むことでしょ。








:emojiknife: あ、温泉オーベルジュも行ったわ。








:emojipresent: こんだけ祝えば、思い残すことないやろー」(By 相方)




はい、たっぷりエンジョイいたしました。

今回は、ホテル1軒、温泉付きの宿5軒、温泉なしの宿1軒。

:emojichoki: 今回のキミのセレクション、すごかったなぁ。
全然飽きなかったぜっ!」とお褒めの言葉が。合格。

詳細レポはぼちぼち、後ほど。


んっじゃ、又。 :emojiface_cyu2: :emojigoood: