GW旅行人気都市ランキング

ゴールデン・ウイーク始まりましたね。

4月26日~5月6日に成田空港からの出国旅客数は、

昨年比3.2%増の75万2700人だそうで、

アジアやグアム・ハワイなどのリゾート地の人気が高いとか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130423-00000018-rps-bus_all


今年って3日間空くから、そこまで良い並びではないよね?

ってことで、中距離が人気なんでしょか。




はい、こちらGW人気都市ランキング。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130423-00000302-dime-int

アジア勢に負けてるじゃん、6位オアフ島@ハワイ。




んじゃ、せっせと旅費でも稼ぐとするかっ。




どちら様もイイ旅を。


have a nice trip! ALOHA :emojiface_cyu2:

Lucky We Live Aloha State

おとといのNBCで見ましたが、

★ハワイがこの度、全米でもっともストレスフリーな州であることが明らかに。

最新の世論調査の結果、住民の32.1%が日常生活でストレスを感じるってことは、

残りの7割はhappy-go-luckyで生きられるってことだわね。


http://www.kitv.com/news/hawaii/Hawaii-remains-state-with-the-least-stress/-/8905354/19867114/-/pp4fmk/-/index.html



はい、お次いっとこ。

★調査した結果、ハワイが幸福度番付け#1の州に。

自分がしゃーわせやなぁと感じ、環境や経済他を総合的に判断したリサーチ結果だそう。


1. Hawaii

2. Colorado

3. Minnesota

4. Utah

5. Vermont



以前のハワイって、環境等は評価されたけど、経済イマイチじゃんって感じだった。

「ハワイはお金遣う場所であって、稼ぐ場所では無い」なんて言われてたよね。

でも、ここんとこ、経済は悪く無いから(というか、メインランドが悪すぎ)、

トータルでは楽勝で抜きに出たんだと思う。

実際のところ、ここ10年でビジネスシーンは大きく変わり、

働きもんが急増したのは事実。周りを見ても一目瞭然、年収も上昇。

しっかり仕事し、しっかり休暇を取り、

1日の中でもONとOFFのメリハリ生活を心がけている人が多い。


Read more: http://www.nydailynews.com/life-style/hawaii-happiest-state-west-virginia-unhappiest-article-1.1280936#ixzz2RUY5ZS5l




こちらもどうぞ。

★ハワイがもっとも健康的な州に選ばれたそうな。

まあね、ハワイの人達って、

うちのオットみたいな健康志向が100万人!みたいな状態ですから。(笑)

http://healthland.time.com/2013/02/28/aloha-to-the-healthiest-state-hawaii-ranks-highest-in-well-being/



ところで、もっとも不幸を感じる州及び、もっともストレスを感じる州に、

ウエスト・ヴァージニアが堂々#1って、一体どんな所なんだろか。





この気候と風土と自然は、何事にも変えがたいのは事実。



多くの住民が「自分は幸せだ」と思っているのなら、きっとイイ気が流れてるはず。

「ハワイに感謝している」という言葉は、自然と住民から出てくる。



これだけは言える。

ハワイでアカンよーなら、全米の何処行ってもアカンやろと。通用せーへんでっ。

だって、まじで、毎日気持ち良く楽しいでしょ?

これをストレスと言ったら、バチ中りまっせ。

NYCのラット・レースのような人生って、全く想像つかない。

これからも、Happy Go Luckyで行こうっ。


世界の幸福番長目指そうぜっ!(鼻息っ)んじゃ又。 :emojiface_cyu2:

旅のヒストリー

先日のこと、夏の靴と洋服を求めて、SCを半日彷徨ったところ、

枯れに枯れている物欲に、我ながら驚くばかりなりっ。

欲しいもんが皆無で、ちょっとコワくなっちゃった。

で、「この物欲の無さは異常だよねっ!?」と嘆くと、

「いやキミの場合、旅行とワインがあるでしょ」ですってさ。



旅かぁ~、そっち方面も最近はアヤシイんだわ。

2007年頃から、飛行機に乗るのがシンドくて、フットワーク重し。



ちょっと年上のオバサマの話なんですが、

「50歳でリタイアしたら行ったり来たりの生活」をプランしていて、

早々にハワイと日本に住まいをセットしていたんだけど、

長時間フライトが苦痛で、ファースト・クラスでも乗る気がしなくて、

結局日本の家を処分しちゃったそうな。



わかるわ~。

ワタシはもともと飛行機嫌いだし、時差もキツイし、

9時間フライトって、年々地獄かも・・・。

(Fなら我慢出来るけど、Cだと忍耐、Eなら乗る勇気ない。)






久々にご本家サイトの「旅のヒストリー」のページを見たところ、

2005年辺りまで毎月のように、異常に旅に出てるし、

そういう最後のお年頃だったのでしょうか?

人生で一番仕事をした時期にて、相方いわく「死ぬほど働いた」そうな。

確かに「ぶっ倒れなければイイけど・・・」と常に案じていました。

で、やっぱストレス解消の逃避も必要だったのよね。


:emojiairplane: :emojiairplane: :emojiairplane: :emojiairplane: :emojiairplane: :emojiairplane: :emojiairplane:


遡ればもっとも旅していたのは20代前半の新婚当時でした。

二人ともなんもしてなかった(ぷー?)ので、

それこそ思い立ったら吉日、さくっと飛んでいましたわ。

さすがに2年で飽きて、いきなりワタシは働き出し、

何故か相方は急に学校に戻り、そのうちワタシもUHに戻り、

二人とも仕事しない時期が長く、当時はどうやって暮らしていたのやら。

若さってスゴイね、お気楽でコワイもん無しじゃん。

っていうか、ただのアホだったのかも知れんが。

旅のヒストリーって、人生のヒストリーでもあるんだよね。



PS>若者よ、体力&気力があるうちに、旅に出るがよい。

ただし、私らみたいにな大人にならぬよう@旅暮らし&その日暮らし。

Wherever you go there you are
んじゃ又。 :emojiface_cyu2:


:emojionsen: やっぱ湯煙紀行でしょ!;ニッポンのサービスLOVE!




※先日の記事で「日本のような年金制度はない」と書きましたが、
「退職金制度」の誤りです。すみません、訂正します。
アメリカにはSS(2042年に財源枯渇?)があります。日本でも需給可能。失礼をば~。

i need zinc

昨日は久々に二人でオープンハウスを覗いて来ました。

ハッキリ言って、かなり強気なセラーズ・マーケットでゲンナリ。

んで、相方が急に「 :emojiface_sad: アカン、元気が出ない。ZINCが足りない」と言い出し、

→やべっ、肉食わせねば~っとGO! :emojisweat:

(おっさん、そりゃ走りすぎやで~)駅伝出るんですってさ。


:emojirunner: :emojirunner: :emojirunner: :emojirunner: :emojirunner: :emojirunner:



はい、お疲れさんでした~。








ナムル盛。







キム盛。








厚切りタン。








ふつーのタン?







ハラミ。








上カルビ。








焼きしゃぶ。







じゅーじゅー。








サービスのワインのアテ。








ありがとさん。



全体的に値段が安くなっていた気がします。

が、曜日によって若干肉質にムラあり?





PS>御近所さん、既にエスクロー入り♪




今週も張り切ってまいりましょー。

んじゃ又。 :emojiface_cyu2:

ミドルクラスの証

前回ネタの、「アメリカのミドル・クラス」について検索してみたところ、

在米日本人のブログが数多くヒットしました。

皆さん、なかなかリアルな見解をお持ちのようで興味深いのですが、

中でも「アッパーミドルの年収25万ドルでも生活は安泰では無い」と言う意見が多く、

やはり、人気の都市部(つまりは物価高)に住むのはキツイとのこと。

同じインカムなら、田舎の方が暮らしが楽だからと、さくっと移動する人も。



日本的に考えると、単純に「どーして、そんなにお金がかかるの?」と。

上を見たらキリ無いけど、2500万円稼いだら、贅沢しなけりゃ楽勝でしょ。

ふつーに暮らして、ふつーに家購入して、子供二人大学まで出して、貯金も出来るでしょ。

わかりますよ奥さん、ワタシもず~っと不思議でしたもん。

どーして、ウチってぼんびーなのっ?と。 :emojiface_koma:

家計簿診断してもらおうかと思ったくらいよ。(笑)




:emojifinger_one: さて、こんなのありましたよ。

ミドルクラスの6つの証ですってさ。

http://www.investopedia.com/articles/pf/10/middle-class.asp



●Home Ownership

家屋の所持はアメリカン・ドリームの象徴であり、社会的信用も得られると。

しかし、「レジデンシャル・セグレゲーション」と呼ばれる経済格差による住み分けは激しく、

どのような人々が、どのような地域に住んでいるのかを重視する傾向があり、

人々はより良いCommunityを求める為、不動産価格の上昇は食い止められず。

経済危機が起こるとローンが払えず、これで破産するミドルクラスは少なく無い。

「アメリカでは環境はお金で買う」と言うのは、本当過ぎる事実だけに例外は見当たらず。

※村上春樹さんも書かれていたけれど、インテリと呼ばれる人達でも、
「ここからアッチは行ってはダメだよ」とかって普通に会話する。ハワイでも勿論、よく聞く。
人種差別的な発言はNGなのでしないけれど、地理的差別は根深く存在する。
だからみんな、住む場所に異常に拘る。特に子供の学区に神経質になる。安い地域には理由がある。



●Automobile Ownership

車が無いと生きていけぬ場所ゆえ、所持するのは当然かと。

保険やガス代のことを考えると、まあ、ちょっと頭痛し。



●A College Education for the Kids

アメリカの大学の授業料の高さは半端ないので、

子供の為に費用を捻出するのは至難の技にて、学生ローン問題が深刻化に。

私学は言うに及ばず、州立でもお安くない。

日本の慶応の医学部の授業料と比較していた親御さんが居たけれど、

あまりの安さに仰天したなんて話も。(マジ)

+ハワイは意地でも公立校に通わせたく無い親が多く、幼稚園からお受験に走り、

高校卒業時までに経済的に燃え尽きる場合も多い。



●Retirement Security

日本で言う「退職金制度」が無いので、身銭を切って積み立てしなければならぬ。

カツカツな暮らしゆえ、十分な老後の蓄えが難しい。



●Health Care Coverage

アメリカの医療費のバカ高さはご存知でありましょう。

ですから、様々な掛け捨て保険を用意する必要ありと。

まあ、これは、我々のような零細自営においては、ぶっ倒れそうな事実。

ちなみに、昨年のHMSAへの支払い額は二人で$23,500でした。

4年間で1000万円です。きゃーっ。

どこぞの国のように「国民健康保険」なんて夢のような制度は無く、

高度の医療を受けたければ自力で稼げ!という弱肉強食な世界だ。



●Family Vacation

子供達は1年に3ヶ月も休みがあるし、

ファミリーでバカンスに出かけるっていうのは、親の義務(?)でもあり。

ミドルクラスで居るのも、こりゃ大変だわね。ハードル高すぎっ。









在米奥様方が口を揃えておっしゃるのは、

医療費、教育費、保険、自動車費用、光熱費のバカ高さ。

+ハワイはこれに異常な不動産価格が重くのしかかる。

年収20万ドルでも余裕なんて無理ぽ。決してないない。 :emojibye:

だからアメリカ人は投資に夢中になる→格差社会は更に広がる→中流は消える。

なんか、びんぼーくさい話ばっかで、ごめんなさいね。


PS>ホノルルは13世帯に1の割合でミリオネアが存在するから、

アッパーなリッチ層な奥様の話も聞きたいわ~。

んじゃ又。 :emojiface_cyu2: