坐忘林

石狩湾を横目に、鉄子の旅は続く。

01










小樽からドンコで1時間余り、

02











くっちゃん到着。

03











宿のエントランス。

04











アンヌプリ。

11












フロント&ロビーヘ。

09











暖炉。この日の最高気温は27度でした。

13











カウチ。

16












コンクリート、黒石タイル、スティール、錆び鉄、古材+ラスティックなエッセンスを一振り、

中山さんお得意のマッシブでソリッド、マスキュリンな仕上がり。

14

マテリアル&光の存在感が真骨頂。










フォーカルポイントが一々決まってる。

15











ラウンジ。

21








ライブラリー。

19











ロビー棟のラナイへ。

12










きーんと雪解けの水面が美しい沼と川。

22












想像以上のスケール感と環境。

06

水、山、林、草原・・・あまりにも整いすぎて、荒野を切り開いたとは思えず。











羊蹄山ビュー。

07











水墨画に見える館内の写真は英国人プロデューサーによるもの。

17













アートギャラリーのように、ひっそり静か。

スロープ使いは「群来」他を彷彿。

北海道を代表する建築家ですから、知らず知らずのうちに幾つかの作品に触れてました。

18


某アートディレクター氏によれば、「西のアマネム、北の坐忘林」だそうで、

開業1年余りで早くも海外にも知るところとなり、外人ゲストが多い模様。

ニセコ周辺は特にオーストラリア人が好むエリアで外資のコンドも林立しているが、

リッツカールトン及びパークハイアットのレジデンスも建設予定で2020年開業を目指す。

先の話だが、2030年には北海道新幹線も全線開通で、

倶知安駅にも停まるとなれば、なんかスゴイ事になりそうな予感する。

もしその頃生きてたら、変り様を見てみたいもんです。




それでは、お部屋に。

a legal heir

昨日の相続ネタと余りにもタイムリーにリンクしていて、

ちょいと面白いので、あげておきます。

今日ポストを覗くと、カナダの消印の封筒があり、

ロンドンの法律事務所の弁護士を名乗る人物からの手紙であった。



53


曰く、ロンドンで亡くなった人物が居て、

相続人を探していて、

彼の名前(苗字)がオットと同じであると。

で、既に我々のバックグランドは調査済みであり、

なんらかの縁戚関係が在るのではないかと。

あなたには遺産を受け取る資格があるのではなかろうか~

きっとお役に立てますよ~と言うアプローチで、

“eight million six hundred thousand GBP”

おいおい、10億円でっせ。






これさ絶対、新手のフラウド(詐欺)だよね。

弁護士を名乗る人に手数料支払い、ドロンパだよね。

そもそもオットのsurnameって、非常にありふれてるし、

アメリカ国内でも何百人って存在すると思うよ。

で、そんだけ資産家なら、遺言無いとおかしーじゃん。

って言いつつ、

思わず「ちょっとイギリスに親戚のオッサンとか居ないの?」って確認しちゃった。(笑)





でもさ、よく聞く話でしょ。

アメリカって引越しも多くて、最期は独りで亡くなるなんて普通だし、

親戚との交流も長らく途絶えて、死後に必死になって血縁者を探しまくるって話。

で、昨日のネタのように、一滴も血の繋がってない人物に遺産が流れるケースもあると。

ハワイ州の場合は確か死後5年経過して誰も名乗り出ず、血縁者が見つからなければ、

州や市に財産や預金を凍結されて、最終的には没収されるんだったかな。

なもんで、カハラやヌアヌの邸宅なんか、しょっちゅう競売かけられてる。

詳しい数は忘れたけど、結構な件数と額であった。





やっぱアレだ、遺言したためておくか~って、今更現実味が沸いてくる。

相方なんか「死んだ後の事なんか知ったこっちゃない、全額遣い切って死ぬ」

墓も戒名も葬式も無用って口癖だけど、そう上手く行かないのが人生。

周りを見れば相続で仲違いしたなんて話ゴロゴロしてるじゃん。

転ばぬ先の杖とは、よく言ったもんだ。

よし、明日まで弁護士はカナダに滞在してるらしいから、

いっちょ電話してみるか。(笑)





詐欺って言えばさ、最近めっさしつこい電話がかかって来るの。

UHのschool of architecture のオフィスを名乗る人物から、

おそらく寄付目的だと思うが、なんかハッキリしないんだよね。

面倒だから相方が出た時に「もう離婚して日本帰ったから」って言ってもらった。

あ、でも、もしや本当に寄付目的かも知れない。

だって、嘗ての新校舎は全て寄付で建てたもんだもん。

成功者はバンバン寄付したがるのがアメリカだけど、うちに電話して来るのはお門違いよ。

うちらは全額日本へお持ち帰りする予定なんでっ。

そんじゃ、ぐんないっ。


good Luck & ALOHA!





Who Will Inherit Prince’s Millions

メモリアルデーウイークエンドです。

ハワイの戦没者追悼記念日はパンチボウルに数万のレイが飾られ、

アラモアナビーチで精霊流しが行われ、近辺は大渋滞となる。

ダイアモンドヘッドの墓地も南国の花々が美しく華やかで、日本とはかなり異なる。

で、お墓って言えば、アレですよアレっ。

やっぱ遺言ですよ~って頭を過ぎる。






プリンスが急逝し900億円近い遺産を残したらしいが、

彼は奥さんも子供も居ない。そして、遺言も無い。

で、実妹&異母兄弟達が相続人になるわけだが、

他にもぞろぞろと「半分血のつながった兄弟」と名乗る人物がワラワラ沸いて来た。

その数なんと、700人!OMG!

面白すぎない?

中には隠し子とかも含まれているのだろうか。

「実はあんたのとーちゃんはプリンスだよ」って、

かーちゃんから聞かされて育ったとか、ありそーじゃん?

これから延々DNA鑑定が行われるとしたら、

中には遺伝子ヒットなんて事も無きしもあらず。







プリンスもこんなに早く死ぬなんて思わなかったのか、

資産家で遺言無しとか、かなり珍しい。

訴訟大国アメリカの場合は特に富裕でなくとも、

遺言+リビング・トラスト、いわゆる生前信託の制度を利用する。

これがあれば、ややこしいプロベイトを回避し相続手続きを進められる。

そこらの家庭でも毎年元旦に内容を見直したりする。






思うに、アメリカって結婚再婚離婚再婚を繰り返し、

実子と養子が交ざり、系譜がワケわかんなくなってるでしょ。

だから余計に遺言に神経質になるんじゃないのかね。

実際1滴も血の繋がって無い子が全財産相続なんて多々あるし、

それによって血なまぐさい事件にも発展するでしょ。





日本では相続税は相続した人にかかる。当然だ。

が、アメリカの場合は遺産税を払う人が被相続人だ。

しかし、既に亡くなっているから、税金を払いたくても、本人は税金を払うことができない。

で、個人の人格を代理する遺産財団が税金を払う。

わかるようなわからないような仕組みだ。

以前はアメリカの制度を利用して相続税逃れなんて輩も多かったらしいが、

現在は国際間の連係プレイで、かな~り厳しくなった模様。






一度も会った事の無い親戚から遺産が転がりこんで来た、なんて話もしょっちゅう聞く。

ほらどこのファミリーでも一人や二人は居るでしょ、

一度も結婚したことの無い資産家のオジサンやオバサン。

その人達が亡くなれば、親が既に他界してると通常は兄弟姉妹が相続するわけだが、

兄弟が既に亡くなっている場合は、その子供達、つまりは姪や甥が引き継ぐ。

が、彼らが再婚相手の連れ子だったりすると、はっきり言って赤の他人だ。

で、なんかよくわからんがラッキー♪みたいな話は珍しくない。



ふと今思ったのだが、私らの年代で富裕な人が多いのは、

やはり親からの相続(生前贈与含む)に因るものが大きいのではあるまいか~?

いわゆるバブル世代って、なんか余裕ある(ように見える)のは、そんな年回りなんだろう。

ワタシなんか百億円単位で相続した日にゃ、トチ狂ってしまうだろうが、

意外にもみんな淡々と静かに暮らしてる。えらいなー。


a05[1]



お墓って言えば、日本人の大好物であるが、

アメリカ人で一度も祖先のお墓参りした事ないって、驚く事ではないらしい。

あ、ハワイはアジア系移民が多いから、例外ですよ。

頻繁に墓参りするから、島中の墓地は美しい芝生と花々で彩られてる。

明日もきっと花屋が大繁盛となることでしょう。



☆アメリカの夏はメモリアルデーに始まり、レイバーデーに終わる。

これから延々3ヶ月、バカンスが続きます!

good luck & ALOHA!






竹泉荘でお食事

食前酒を呑み過ぎたので、

42












お食事処に向かいました。

43











ステーキコーナー。

44










バー。

45










宴会部長の妹が用意したワインが鎮座。

46











先付け&小鉢:青豆豆腐やホッキ貝。

47











あわびの肝素麺。

49











お造り、とてもイイですね。

51












焼き物八寸:鱒の南蛮焼き、海老真丈の鹿の子揚げ、

鴨チーズ、手まり寿司、仙台牛のミートパイ・・・

これで3人前+2人前=食べ応えあり。

52











CAワインに合います。

48












メインは仙台牛の鉄板焼き。

53












とろけます。

54


この後はご飯や赤出汁、香の物が続きました。

オープン当事の記憶としては、「夕食が貧弱」という印象でしたが、

今回は全く別物になっておりました。







ふー、ご馳走様でした。

55











お夜食のクロワッサン&デニッシュ=さっぱり美味だったそうです。

56











おはよーさん。

57










時差ぼけで午前1時起床、お腹すいた~。

58










こりゃ又、朝からご馳走。

59










2杯メシでもオカズ残りました。(笑)

60










ここの食事、体育会系の若者でも満足するレベル。

61












お迎えからお見送りまで、本当にパーフェクトでした。

隅々まで手を抜かず、すごい頑張ってると思います。

64













仙台駅でずんだアイス食べて、解散するはずが、

63











みんなで青函トンネルを抜けることに。

62


仙台から2時間半で函館に到着です。

Panorama View Suite

叔母の古希祝いで、竹泉荘のスイートを2部屋押さえました。

こちらは私達が泊まったパノラマビュー。

大きな露天付きの1階のプレジデンシャルも素敵そうですが、

最上階の明るい部屋をチョイスしました。

おざましますです。

23











フロアプラン:117平米+ラウンジ+ラナイ。

24











ベッドルーム~リビング。

28











寝心地合格。

38











だ~っと横長ウインドウ。

33











続きの和室。

36











相撲に夢中な人。

37











デスク周り。

35













ドリンクは全てコンプリ。パイパーのハーフ泡+GODIVAも。

25











トイレは3箇所。(笑)

26











新緑眩しい部屋風呂、下には川が流れます。

27











これがウワサの雲海ラウンジね。

29











又の名を呑み部屋。

31











なんの為に作ったのかしら?我々は思い切り活用したけど。

39












あいにくの曇り空。

30










うっすら蔵王連山。

40











庭園ビューで乾杯♪ 叔母様、長生きしてね。

41


妹達の部屋(サイプレススイート)の写真、撮り忘れますた。


<続>