加賀屋さんが満を持しての別邸をオープンしたと聞き、

ミョーな期待を胸に伺いました。

加賀屋は未踏ですが、JTBのプロが選ぶ宿で常にトップだったので、

長らく興味シンシンの二人です。

01











コンセプトは森のアートギャラリー?(違ってたらごめん)

02












ラウンジ。

03











高そうな真っ白いカウチがこれでもかと。

04












格調高いお着き菓子。

05











七尾湾ビュー。

06












そー言えば、エントランスに昭和天皇植樹って書いてありました。

07











格調高い茶室。

08











格調高い土産物屋。

09











大風呂チェック。

10

※常に1番乗りなので、誰も居ません。









こちらは古い物件をリノベした模様。

11











露天は新設した模様。

12

赤倉で温泉三昧した後だけに、正当な判断が出来ない。

海のそばだから塩っぽい温泉で、しっとり感が乏しい。

全体的に温度が低めで不利。我々のアレでは無い模様。










美しい朝陽を浴びての朝風呂は秀逸。

13



お山の上では絶好調だったのに、下山した途端に鼻&喉をやられてしまい、

ここでは絶不調で倒れてたワタシ、正直あまり記憶がありません。



緊張感あるスタッフ達に支えられ、一丸となってサービスの高みを目指しているのは伝わります。

ソフトもハードも完璧ですが、something missing。

ぼーっとした頭で考えたのは、宿としての「味」が見当たらないと。

最後に渡されたevaluation sheet がびっちりの項目で、わっ大変だなと。

しっかりマニュアルをこなし、ソソウの無い様に振舞い、評価を受ける。

プロが選ぶ#1の宿って、ソコなんでしょか。

皆さん一生懸命だけに、negativeな事は書けません。(書いてるけど)

実際に宿泊した人達の評価を見たら、ほぼ満点であったところを見るに、

我々のテイスト違いってことなんだろうなと。

加賀屋さんは強力なリピーター層が厚い事でも有名なので、

その方達が訪れるだけでも、安定の稼働率をキープ出来そう。



PS>ところでハワイのサービス業でびっちりevaluation sheet なんか書かせた日には、

みんなソッコー辞めてしまうのではあるまいか。いやマジで。(笑)

某有名ホテルでお辞儀の仕方を教えた翌日には、ローカルスタッフが消えたなんて実話も。

ハワイでお・も・て・な・しは無理ぽ。


good luck & aloha!