Yakitori Hachibei Downtown Hawaii

やっと行けました。

53

午後6時オープンと言うのが、我々にとっては厳しい。

なんせ午後7時半には寝てしまう二人(午前3時起き)ですので、

この日は昼寝して備えました。(笑)








オサレな店内。

54











活気ある~アメリカ人も焼き鳥好きですもんね。

67










友人が予約を取ってくれました。まはろ。

55











あて:浅漬けっていうかピクルス。

57











焼き鳥。じんわりシンプルに旨し。丁寧に日本の職人さんが焼いてます。

58










ししとう+ブルーチーズ。

59











美さらだ+マンゴーソース。

60












スナギモ。

63











カンパチ・カルパッチョ。

64












ツクネ。

66












とろ~り・クリームチーズ豆腐。

61











チキン・レバパテ:やばいっ、ワインが進んじゃうよ。

62











紫蘇巻き。

68











出汁巻き。何を頼んでもハズレ無し。

69











手羽~。ハワイの地鶏って、こんなに旨かったのかと開眼。えっ遅い?

70

他にも色々頼みましたが、パーフェクトです。











お味がピタリとキマッテル。

71










〆はヌードル:濃厚チキンスープ。

72










胡麻プリン。

73











ふーご馳走さんでした。大満足です。

74












ダウンタウンもすっかり様変わりで、グルメストリートとなりました。

56

たまには遠征するのも楽しいね♪

美味しいハワイ、まだまだ続きます。

Good Luck & ALOHA!

        


Bar 35

ホテル・ストリートを歩く無防備なオッサン。昔は怖くて近寄れない場所だったけど、変ったね。

41












待ち合わせまで時間あるので、ちょいと1杯。

42











午後4時からオープン。

52

ダウンタウンで働く人達は、午後5時10分には呑んでる。

レストランも午後5時30分過ぎにはいっぱいになる。

ハワイにブラック企業は存在しない。残業も無い。っていうか、させてもらえない。

少しでも残ったら、翌日その分早く帰される。

お役所人間はバケーションばっか取って、なかなか仕事が進まない。

誰も補佐に回らず、「3週間の休暇中でボスが居ないからわからない」とかって平気で言う。

バケーションを取る為に仕事をしているので、文句あっかって感じ。

過労死とかって聞いた事ない。ウツになる以前に辞めちゃう。





だから、熊谷組がハワイ島のリゾート開発をした時は、驚愕であった。

「こんなに早く仕上げるなんて神業じゃ!」ってニュースで大騒ぎになり、

やっぱ日本人はすげーわ。そこまでやるかー突貫みたいな。

「納期を守る」と言う発想がそもそも無いから、けせらせら~ってなもんで、

ハワイで起業しようと乗り込んで来た日本人は神経をやられて帰国したりする。

ある程度イイカゲンでだらしない人の方が、意外と成功したりする。

日本のような宅配システムなんか絶対無理で、時間指定なんてクレイジー。

「午前7時から午後5時の間にお届けします」って、結局来ない場合が多々ある。

あれ、話がおかしな方向に行きそうなんで〆。












ハワイぽくない感じ。

46











まだ静かです。

44











猫+オッサン=シュール。(笑)

45











225種類のビアがあるんだって。

47












外席もあるんだって。

48











アヤシイ席もあるんだって。

49











ピッザが有名なんだって。

50

ピッザ+ワイン1本=$25なんだって。(安っ)











食後も友人を誘い来てしまいました。

75

今日は送迎頼んであるから、呑んじゃうよ。

Good Luck & Aloha!


☆アメリカでブラックって言えば、自営じゃないかな。
とーちゃん・かーちゃん・じーさん・ばーさん・にーちゃん・ねーちゃん集結して、
寝ないで働く移民には適いませんわ。
あ、それから撮影業界もブラックだよ。特に日本の撮影隊は無茶するからシンドイよ。ローカルスタッフに訴えられた会社もあるし、日本人スタッフしか雇わないとユニオンから叱られるし、とほほだよ。
石原裕次郎氏も自作映画でアメリカ人スタッフが8時間以上働かないから、やたら時間とお金かかり、億の借金こさえたって書かれてたけど。シンドイよー。日本人はやっぱ働きもんだよね。$$$度外視でやりきるもん。

Ocean Front Junior Suite @ フォーシーズンズ コオリナ

打って変わって、静かなお部屋に移動です。丁度カメ湾の上辺り。

13











鳥のさえずり&波音のみ。

19









ラナイも2倍に。

20










ジュニアスイートは約100平米。

17










天井が高ければ尚よろし。

25











デスク回り。

24











奥がエントランス。

18










冷蔵庫はからっぽ。アイスボックスはお持込。(笑)

14










クロゼットは広々。

15









細長いバスルーム、ウォシュレット完備。

16











ベージュを基調にグリーンが挿し色・落ち着く色身。

27











寝心地グッド(By相方)。

26










マカハサイド。

21










サンセットは正面に。

22










とりあえず、メデタシ。

23

48時間エンジョイしました。










おまけ:アテ。歩いて5分のところにABCがあるよ。

FSは何でもお高いからせーぶまにーだよ。(笑)

28


☆独り言:この部屋は正規価格で泊まる人居るのだろうか。

FSのサイトで見たら、朝食付きでタックス込みで1泊$1800であった。

ひえーっ、さすがの強気。マリオット時代を知ってる人は腰を抜かすのではあるまいか。

ちなみにアッシが興味あった1階のパシフィック・スイート(130平米)は、

なんと1泊$6800(+TAX)ですってよ!

既に予約いっぱいですってよ! FSブランド力、すっげー半端無い。




29


Good Luck & ALOHA!
        

Ocean Front Room @ Four Seasons Ko Olina

ハワイ住民は地元でステイケーションするのが好きなので、

ワイキキから10分の場所に住んでいる人でさえ、ホテルに泊まります。

プレミアムフライデー(笑)に関係無く、さくっと気分転換に部屋を取ります。

ホテル側としても飲食で$$を落としてくれるから、イイお客様でしょう。

特にそこまで繁忙期で無ければ、お得なカマアイナ・パッケージが在りますので、

気軽に利用出来るのがローカル特典です。





さて、オーシャンフロントのお部屋。

01













コンパクトにまとまってます。

03













約60平米。すっきり上手にリノベ済み。

02












入り口にバスルーム。

05













タブは昔のままかな。

04












ラグーンビューは朝陽がキレイ。(なはず)

06











コンプリの泡、ありがとさんです。

08










早速いただきます。

09











が、隣のアウラニでディズニーのショーが始まり、マイク音と歓声が響き渡り落ち着きません。

12










ここで2泊はちょっと・・・みたいな。やっぱ狭いし、すびませんっ。

10













で、他のお部屋を見せてもらう事にしました。

11


今回はバジェット泊で、あえて小さな部屋を取ったのですが、

ごめんなさいませ~、いつものクセが出てしまった。

でも、結婚記念日だしイイよね。(言い訳)

<続>

        


4 Islands 5 FS Resorts

現在ハワイの4島に5軒のフォーシーズンズが存在し、

その中で大人プール(18歳以上)があるのは、



①ハワイ島のフアラライ

50

おなじみ、人気#1リゾート。プールサイドで電話するのNGで、もっとも厳しい。








②マウイ島のワイレア

49

唯一の島ビュー。











③もっとも新しいオアフ島のコオリナ

51

開業1年にて、ぴっかぴっかで気持ちイイ。









ラナイ島のコエレは違うよね。(多分)

53

ここで他のゲストが泳いでるの見たことないわ。だって涼しい高原なんですもん。(ものずき)










ラナイ島のマネレはリノベ後は行ってませんが、現在はオサレになってると思います。

54











1999年ですって。懐かしすぎる。(笑)

01

久々にラナイ島行って確かめよ~。


後はカウアイ島に開業したら、パーフェクトだね。



Good Luck & ALOHA!