Real Story

2004年初版のカイマナヒラの家。

アマゾンの書評を読むと、良く出来たファンタジーとの感想がありましたが、

これは紛れも無く実際にあったお話で、登場人物も場所も出来事も実在します。

65

違うのは名前くらいで、その昔ハワイの撮影業界のCoordinatorをしていた人達なら、

誰でも知っている実話です。(80年代半ば~90年代の出来事でしょうか)

しかし、現実の物語は終わりません。

その後の人々のストーリーの方がドラマチックいやドラスティックで、

まさにTruth is stranger than fiction を地でいく人生展開です。




破天荒で魅力的な先輩達を遠くから眺め、地味な我々は静かに生きてまいりましたが、

面白い大人がいっぱい居た頃の話は懐かしく切ない。

にしても、登場人物も含め全て詳細を知っている小説って、他に在りません。

そう言う意味では、個人的に稀有な本です。

舞台となったオーシャンフロントの古い屋敷は、その後取り壊され、

3軒の高級新築物件として売り出され、現在はその面影はありません。

登場した人々もネイバーに渡ったり、日本に帰国したり、亡くなったりしました。







夏樹さんと言えば、2000年初版のハワイイ紀行。

私はこれ以上のハワイ本を未だ知りません。

66

既に2冊ともブックオフに進呈しましたが・・・。


旅はまだまだ続きます。


good luck & aloha!





where are we going

のんびりとしたネイバーの朝。

64











アラモアナもカカアコも垢抜けず素朴で、可愛かった頃。(笑)

63

素敵な1週間を。