別邸 朧月夜

多くの宿ブロガーがリピしてる人気旅館、この日も最後の一部屋を予約。(前後は満室)

12

大型が多いから道後の宿選びはちょっと難しい。











喧騒の温泉街を遮断するような落ち着いたアプローチ&何層も重なるエントランス、練れてる導入。

13

ここはwalk-inの人は入って来ないわ。









早目に着いたので待たせていただき。

14











山田屋さんのお菓子とお薄をいただき。

15











「ぴしっと雰囲気も対応も高級旅館のそれだね」(By相方)

16

デザイナー・ファーストから→お客様ファーストの宿へ。(笑)












生ビも振舞われ、至れり尽くせり。

17









部屋数に対して余裕のパブリック。こちらも満室だと伺っていましたが、ひっそり人に会わない宿でした。

20

なんだろこの空気感、何処かを思い出す。

うーん、そうそう山口の宿。ここも石井さんの設計なのかな、おそらく。










街中と思えぬ静けさ。

18












一番乗りで大風呂チェック。

19

ここは母娘でリピしてる人達多いのわかるわ。

程よい緊張感は伝わるけどトンガって無いし、便利な観光地でビルに囲まれているのに落ち着きますもの。


<続>

別邸 朧月夜 部屋

ビルに囲まれビューの望めない立地なので、あえて1階をリクエスト。

26

この宿は上階より<グラウンドフロアの方が料金少々高い。(多分)









よくある和洋室@64平米。

23












和室。

24

冷蔵庫にはコンプリ・ドリンクやゼリー@サービス満点。

しかし、部屋の写真がほとんど無い。

なんかANDOの後だけに、気合入ってなかったみたいワタシ。(笑)











小さなカウチ。

25











二人でも余裕サイズの露天。全室温泉露天付って、道後で唯一のはず。(多分)

22

シャワールームやWシンクの写真無し。





ちろちろ木漏れ日、湯上り1杯いただきます。

21

温泉街の中心地で便利だけど景色が無い分、ソフトでカバーしててヤル気感じます。

この地は冬でも雪とは無縁だそうで、年間を通し稼働率めっさ高そう。

トータルで「イイ感じ」のお宿です。

日本でもっとも元気な温泉街、地方にありがちな破綻した廃墟とか見かけませんでした。


別邸 朧月夜 食事

お夕食は食事処で。

前菜:もずく、的穴子等。

27











薄墨豆腐。

28











素麺は愛媛名産。

29










お造り:鯛・車えび・初カツオ等。

30











鯛しゃぶ。

31









伊予牛しゃぶ。

32









八寸:鯛が重なります。

33










海老すり身アーモンド揚げ。

34











ひゅうがめし。

35









マンゴープリン。

36











正直なところ、食事の記憶が飛んでいるのですわ。

お運びの若いおねーさん達がやけに真剣だったのは覚えてるけど。

37

食材が重なったのがナンですが、ふつーに美味しい旅館ご飯かと。

ただし値段に見合ってるかと訊かれれば不明。










夜の徘徊:こんな時間でも人いっぱい。ホント珍しい温泉街だ。

38










宮崎監督がインスパイアされたと言う、ゆばーばのアレ。

39












チケットをいただいたので朝一トライしたけど、人多すぎでギブ。朝6時から大盛況!

40

ホント、この温泉地は景気良さそう。








至ってふつーの旅館の朝食かと。可もなく不可もなく。

41










ジャコ天、一生分いただきました。

42

鯛も1年分いただきました。

もう思い残すことはありません。(笑)