ハワイのコンドを購入しバケレンに出して稼ぐと言うのは、

長年続く古典的な不動産・資産活用方法で、

今更違法とか言われても~って困惑が聞こえてくる。

いや、ワタシも一時はやろうとしてたと白状しよう。

日本とハワイを行ったり来たりで、留守の間は短期レントに出す。

当然パーミットは持たず、コンドのルールも無視。

観光の島だし、だってみんなやってるんだも~んって、

法案決定の今となっては通用せず、ギリでやばかったぜ。(笑)


03



しかしさ、読めば読むほど、ハワイにしては珍しく厳しい法案です。

今までのノラリクラリ適当なcityの姿勢とは打って変わり、マジで驚き。


https://www.hawaiinewsnow.com/2019/06/25/caldwell-signs-bill-regulating-vacation-rental-industry-oahu/



ざっくり言うと、現時点で違法バケレンオーナーが生きる道は2つ。

●30日以上 或いは 半年以上のレントに変更する

●売り払う (諦めて撤退 or パーミット付き再購入)

以上であってますか?(又は自分の別荘として保持するは問題無し)

と言う事は、やはり在庫豊富になり、需要供給バランス崩れ、

バイヤーにとってはイイ時代が来ると予想します。

不正バケレンは8000とも言われ、そのうち何%が売却するのかは不明だが、

単純にコンドを購入したい層には朗報ではあるまいか?



ハワイに☆の数ほど存在する不動産エージェントですが、

ブログを漁ってもネタにしてる人が希少にて、

今こそ専門家の意見を訊きたいところです。ハイ。


PS>違法無許可バケレンの予約状況カレンダーを見るに、既に数ヶ月先まで埋まっているが、

どうするんだろう?シカトでとっ捕まるまで強硬姿勢を貫くのだろうか?

めっさ気になる興味シンシン。

good luck!